スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとかやっています。

ご無沙汰しまくっております。
コメントへの返信も遅くなってしまって、本当にごめんなさい。

なんとか、仕事を続けております。
一応、また契約延長しました。

最近は、父もデイサービスでなんとか落ち着いているようです。
ときどき、落ち着きなくなることはあるようですが、スタッフさんたちの上手な誘導でやりすごしているようです。
少なくとも、怒ることはなくなったようで、ホッとしています。
家でも、比較的落ち着いていますし。

ただ、ちょっと覇気がなくなりました。
怒らないかわりに、以前だったらすごいおしゃべりしていたのが、さっぱりなくなりました。
こちらが言ったことには反応しますし、冗談を言えば笑います。
でも、自分から冗談をいったりすることは、めっきり減ってしまいました。
絵も、もうほとんど描きません。

やはり、アリセプトをやめて、認知症が進んだのでしょうか。

でも、あいかわらず、着替えや洗顔、食事やトイレなどは、自分で出来ています。
まぁ、ちょっとあやしい部分もありますが、だいたい出来ているの範疇です。
なので、介護度は1のままです。
介護度上がっちゃうと、サービスは増えますが、基本料金が高くなるので、ありがたくはありますが。

あとは、歩行や椅子からの立ち上がりなどが、すこーーし以前よりおぼつかなくなってきました。
まぁ、まだ自力でできる範囲ですが、もっとしゃきしゃきしていたのが、すっかりおじいさんです。
歩くのは、めちゃめちゃ遅くなりました。
疲れやすくもなっているようです。
去年の夏、モモが具合悪くなってから、犬の散歩に行かなくなって、それが響いているのでしょう。
デイで、もう少し運動系のことを取り入れてもらうようお願いしょうかと思います。

父についてはそんな感じです。

母は、やはり物忘れは増えています。
まぁ、まだ、フォローのきく範囲内かな・・・とは思いますが。
ただ、私に頼ることは減ったといいますか。
やはり、「自分がしっかりせねば」という気持ちがあるんでしょうか。

この先、できなくなることも増えて
仕事をやめることもあるかもしれません。
その前に、ヘルパーさんかな・・・・とも思いますが。

職場では、特に父のことはあまり話さないのですが、
けっこう「家族の通院に付き添うので」という理由で午前休をとったりする人は多いです。
なんか、大変な思いをしてるのは自分だけじゃないんだな、と思うと、心強かったりします。
単にそれだけですけど。

また、次は間があいてしまうと思いますが、ときどきは覚書きとしても書きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

最近、体調が悪いです。
下痢をしたり、血便が出たり、胃が痛いし、生理は不順だし、めまいはするし。

ささいなことでイライラするし、涙が出るし。
将来に対する不安は大きいし。

ストレス度合いがハンパないです。

ささいなことで、母にきつく当たってしまったりもします。

よくないです。

で、考えました。

在宅で仕事をしているのがよくないのかな、と。
1日中、家にいますし、最近では、なにごとも父母優先で自分の時間も少なくなっています。

で。

派遣で、外に働きに出てみようかな、と。

派遣会社に登録はしてあるのですが、常駐の仕事と介護の両立は難しいと考えてしまい、常駐のお話はお断りしてきたんです。
でも、こんなご時世ですので、外注の仕事って少ないんです。

ですので、以前に比べて仕事も激減しています。
そのこと自体も、将来に対する不安を大きくして、ストレス度合いが大きくなっているのかなと。

私が、外に働きに出てしまったら、母の負担はかなり大きくなるでしょう。

しかも、母自身も、少々認知症になりかけですし。
老老介護どころか、認認介護です。

でも、だからといって、このままでは、私も含めて共倒れです。

短期の派遣で試してみるのも、いいんじゃないか、と。
まぁ、そんな都合の良い話があるかどうかは、こんなご時世ですのでわかりませんが。

とりあえず、今は毎年の仕事があるので、4月になったら、ちょっと派遣会社に相談してみようかな、と。

なんつって、調子が悪いのは更年期障害だったら、どうしよう・・・

今、新しい記事を書いたばかりですが・・・

今、そとから防災放送が流れています。
80なにがしの方が、今日、午後2時に出かけたきり、まだ帰ってないそうです。

徘徊ですよねぇ・・・・
うーん、明日は我が身。

大きな地震でした。
みなさんは、ご無事でしょうか?

うちは、いろいろ物が落ちたりしましたけど、大丈夫です。
ちょっと、壁にヒビ入りましたけど・・・
テレビがひっくり返って、ちょっと焦りましたが。

父が帰ってきたとき
「地震すごかったねえ」と言ったら
「地震なんかあった?知らなかったなぁ」だそうです(^^;

さーて、カオスになった部屋を片付けます。
うう、どっから手をつけよう・・・

遠くの親戚より近くの他人

電話をかける前に、ケアマネさんからお電話をいただきました(^^;
来月の予定確認のお電話だったのですが、「ショートステイのご相談をしたい」と伝えたところ、明日来てくださることになりました。
いよいよ、進みます。

前々から、庭に車を入れよう計画がありまして。
今、借りている駐車場が、4月で終わってしまうということなので、庭改造計画を実行しました。
2月の頭から工事が始まって、今日、車を入れることができました。

そして、車を停めていたら、お隣のおばさんが出てきまして、
「絵莉ちゃん、今時間あるかしら?」
とおっしゃいます。

以前にも何度かあったのですが、パソコンのことで質問があるとか。
「いいですよ」と気軽に答えまして。
まぁ、実際は質問というよりは、替わりにやってあげるという感じでしたが(^^;
公民館での利用予約をしたかったようです。
家族に聞くと怒られるからイヤなんだそうです。
まぁ、私にも身に覚えがあります(怒る方ですが)

で、用事はすぐ済んだのですが、お茶を飲んでいってというので、そのまま腰を落ち着けてしまいまして。
父のことなど、色々お話ししました。
お隣さんも、もうお亡くなりなのですが、おばあちゃんが認知症だったりして色々大変なのをご存じでして。

「何かあったら、言ってね」とおっしゃってくださいました。

ありがたいことですね。
実際に、何かをお願いすることがあるかどうかはわかりませんが、そうおっしゃってくださるだけで心強いといいますか。

父は、あまり親戚筋に恵まれていないのですが、父が認知症になる前はよく父の従兄弟が遊びにきてくれていたのです。
ところが、認知症だと判明したとたんに、来てくださらなくなってしまいまして・・・
お友達もそうなんです。
前は、同窓会やらなんやらお誘いがあったのに、認知症だとわかった途端に音沙汰なくなってしまいまして。

何も、従兄弟やお友達に介護をお願いすることなどないのに。
たまーーにきて、ちょこっとおしゃべりしていってくださるだけでいいのに。

そんな中で、お隣さんがそうおっしゃってくださるのは、本当に涙が出ちゃいそうなほど、ありがたかったです。
今度、機会があったら、うちにお茶にお呼びしようと思います。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。