スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり退院です(^^;

昨日の今日ですが、退院してきました。

今日の昼頃、病院から電話がありまして。
「入院するなんて聞いてない。帰る」の一点張りだそうで、点滴も外しまくってしまっているとのことで。

ははははははは・・・・・
まぁ、予想はしていましたが。

そこで、「退院させてはいけませんか?」と打診してみました。
そこはお医者さんと相談して、ということなので、一度病院に行きました。

行ったときは、わりと心得た看護士さんと、和気藹々な感じだったのですが。
やはり、「もう帰る」モードでした。
「さ、行こうか」と何度も立ち上がってしまい(^^;

しばらく待っていると、主治医の先生がいらっしゃいまして。
「入院は問題ありそうですから、自宅療養にしてみますか?」
とおっしゃってくださいました。

昨夜、入院以降は下血はないので、症状が落ち着いているというのもありましたが。
看護士さんたちに、「ちょっと無理」なんて言われたんじゃなかろうかと邪推してみたり(^^;

でも、こちらも退院させてしまいたかったので、いいです。

だってですね。
ほんとに、全然心得ていないスタッフさんがいるんですよ。
看護士さんはともかくとして、食事の配膳とか清拭用のタオルを配ったりとかなさる方<なんていうんでしょう?

昨日、しばらくいた間にも、すでに父を怒らせるという・・・
父がトイレに行くと言い出したので、その方たちが来てくださったのですが。
父が起き上がったので「じゃ、トイレ行きましょうか」と行ったら
自分で言い出したにもかかわらず、すでに忘れている父ですから
「え?トイレ行くんですか?」と(^^;

まぁ、よくあることですよね。
認知症患者には。

「トイレ行きたくないんですか?」
父「いえ、別に」
(^^;;;;

まぁ、確かに、がっくり来てしまうのはわかりますが。
でも、そこで
「もう、いいわよ」って投げ捨てるように言わなくてもいいんじゃないですか。

父は、べつに相手をからかっているわけでも、ふざけているわけでもないんです。
単に、自分の言ったことを覚えてないだけで・・・

で、父は、そこでかなりムッとしたようで<そりゃそうだ
「あぁ、いいですよ。トイレ行きますよ!!行った方がいいんでしょう!!」
というような調子でした・・・

それをみて、すごい不安になったわけです。
こんな調子で1週間入院していたら、父は確実に悪化する・・・

父が認知症として診断されて4年。
介護サービスを利用しつつ、なんとか、なだらかな下り坂ではあるものの、時には状態の悪いときもあったものの、平均してみれば、かなり良い状態を保ってきていると思います。

それを、1週間の入院で壊される!という恐怖感にかられたんです。

そんなわけで、退院してしまいました。
しばらく、食事療法です。

幸い、多少、おかずの量が少なくても、文句を言う父ではありません。
ビールが出なかったこと自体も気がつかなかったようです(^^;
さらに幸いなことに、「血が出て汚れるから、これ履いてね」といって差し出したリハパンも、素直に履いてくれました。

今日の夜の段階では、ちょびーーっと出血ありましたが、にじんでいる程度でしたし。

明日は、デイサービスをお休みにしましたが、明日の様子次第では、あさってにも行かせてしまおうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

誕生日プレゼント

今日は、私の誕生日です。
そして、とんでもない誕生日プレゼントが待っていました。

父ですが、椎間板ヘルニアでした・・・・

今朝は、もう起き上がるのも困難なくらい痛みを訴え、私が犬の散歩に行ったのも、全然気にならないほどでした。

昨日は、朝は痛がっていたものの、医者に行って待っている間に、かなり痛みも治まり、結局あまりちゃんとした症状を訴えられなかったのもあって、「筋肉疲労」との診断でしたが、今日はそれどころではなく、あらためて病院に連れて行きました。

腰のMRIをとったところ、正真正銘立派な椎間板ヘルニアでした。

とりあえずは、痛み止めと3日間の絶対安静です。

3日経って、症状が変わらなければ、手術の可能性大です・・・・

足腰だけは丈夫だと信じていたので、青天の霹靂です。
父自身にとっても、そうだと思います。

今、父は落ち込みまくっています。
「こんなはずじゃなかったのに・・・」
「なんでだろ」
「もう、ダメなのかなぁ・・・」
と。

「椎間板ヘルニアで死ぬ人いないから!!」
と言っているんですけどね。

しかし、正直いって、この絶対安静という状況は、認知症には最悪な状況になりそうで、非常にこわいです。
手術も同様です・・・・

手術したとして、リハビリする前に、認知症が悪化して寝たきりに・・・・・という可能性は、決して低いとは言い難いと思います。

かといって、手術しないと治らないくらいの症状でしたら、やはり寝たきりです。

考えたって仕方がないとは思うんですが、最悪の方向へ思考が行ってしまいます。

できることなら、この3日の安静で改善して、手術・入院以外の治療でいければいいのですが・・・。

前立腺ガンが落ち着いたと思ったら、今度は椎間板ヘルニア
落ち着かない日々です・・・・

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

検査と診察

病院から帰ってきました。

今日は、もともと、前立腺ガン治療の予後検査の日でもあったので、ついでに今日体調が悪いのも診てもらうことにしました。

体調が悪い、と書きましたが、どうやら腰から腿のあたりに痛みがあるようです。
しびれがある・・・というのが気になるところですが、とりあえず整形外科にかかりました。

レントゲンをとって、骨には異常なし。
触診の感じだと、筋肉疲労ではないか、とのことでした。
ほんとに、それだけならいいんですが・・・

病院でかなり待たされまして、待っている間に、父だいぶよくなったようだったのですが、病院から歩いて帰らせたのがまずかったのでしょうか。
帰ってきてから、腰が痛い、と言います。

「病院いってこようかなぁ」とか言ってます。
今、行ってきたばかりなのに・・・
けっこうつらそうだったので、もらってきた薬を塗ったのですが、どうなることやら・・・

ちょっと、つかれました。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

祖母と病院

先ほどまで、仕事でテンパっていました。
まだ終わってないのですが、「うひーーー、どうしよう~~」とテンパっていた山を越えたので、ホッと一息です。

実は、このテンパり具合は、夕べからでして。
朝方まで、「あー、もーー、どーーしてーーー」とやっていたのですが、翌日、父の病院があったので、諦めて寝たのです。

病院いっている間も「あー、もー、どーーしよーー」って感じできつかったです(^^;

そんな私をそっちのけに、父は、初めての病院なのに、例によって
「ここ、来たことあるよな!!」
を連発していました。

「あそこらへんに、車とめたんだ」
「ばあ(父の母)を、つれてきたんだっけか」

祖母は、20年以上前に他界しました。
今日行った病院は、去年できたばかりです。

最初に1回だけ「ばあちゃん生きてた頃、まだ出来てないよ」と言ってしまったのですが、すぐに忘れて、「ばあを、つれてきたんだよな!」と言うので、「うんうん」と言っておきました。

ちなみに、前立腺ガン治療で通っていた病院も、祖母を連れて行ったことはナイですが、父は、祖母にまつわる想い出話をしていました。

祖母は、養護教員で、看護婦資格をもっていたので、入院時には、ひっじょーーーに扱いにくい患者だったそうです。(これは事実)

父は、受付の所を指さし、
「あそこでなー、受付の人にくってかかってたんだよなー」
とか言っていました(^^;
そういう事実はないですが、「あ、そう~?」とか適当に相づちを打っていました。

でも、兄は「ばあ、ここに来たことあったか!?」とマジ返しをしてしまっていましたけど(^^;

兄は、祖母が入院していた病院に入院したことがあり、看護婦さんに大変「可愛がられた」そうです(笑)

1日がかりのテンパりが解消して、今大変ハイテンションで、支離滅裂な記事になりました。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

子供は厳しい

今日は、月1の認知症の方のお医者さんへ。
ここは、病院というほど大きくはなく、かといって、お医者さんひとりというわけでもなく、というレベルの医院です。

混み具合は、日によって違いますが、いつが空いていていつが混んでいるかは、通い始めて1年と8ヶ月たちましたが、読めません(^^;

今日は、混んでいましたが、予約時間から30分ほど待たされての診察でした。

ここは、小児科もあって、どこかの幼稚園の指定病院になっているのか、けっこうお子さんも多いです。

そんなお子様のきつーーい一言。

「○○(お子さん自身の名前)は、体操してるから痩せているけど、おかあさんは、体操してないから、こんな太っているんだよ」

あうち。

おかあさまの名誉のために申し上げますと「こんな太っている」というほど、太ってはいませんでした。


肝心の父の診察は、特にこれといって変わりはなく、デイが5日(うち半日2日)になったのは、良いことでしょう、と。

で、おととしの11月にMRIを撮って以来、一度も撮っていなかったので、また撮ることになりました。
今度は最新の機械で、海馬のあたりもきっちり分析してくれるやつだそうです。
来週に予約が入ったので、来週は前立腺ガンの予後検査とあわせて、2回病院です。
ふー。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。