スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前立腺がん治療予後

今日は、前立腺がん治療の予後検診でした。
予後検診は、放射線治療を受けていた大学病院ではなくて、そこの先生が週に1回、すぐ近所の病院に来ているので、そこでしていただいています。

歩いて5分ほどのところなんで、助かります。

朝早くに受付を済ませて「4番」という受付番号をもらっていたわりには、待たされました。
そして、診察はあっという間。

先月の採血結果をチェックして、SPA値は0.03という、かなり良好な数値、ということで無罪放免。
今月も採血して終わりです。

その前に、なぜか採尿もしましたが。
今まで、採尿なんかしなかったけど・・・・

父は「してきちゃったから、出ないよ」を連発してましたが、「ちょっとでもいいから」となんとか採らせました。

そこが多少なぞですが、とりあえず無事に終わって一安心。
しかし、来週はまた同じ病院で、今度は椎間板ヘルニア関係で整形外科。

放射線治療していたときの、毎日通う、に比べたら、全然どうってことないですが、医者通いが多くて、うんざりです~~

というか、「医者へいくよ」と父に言って「なんで?」とか言われるのがつらいんです・・・。
本人に自覚症状がないことばっかりですからねぇ(^^;;;

自覚症状があって、つらいよか、マシですけど。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

思い出し愚痴

昨日のことなのですが、ふと思い出して、思い出したらムカついてきたので、吐き出しておきます。

昨日の診察時のこと。
先生が
「35回通院なさって大変だったでしょう~」
と労ってくださいました。

そこに兄が一言
「でも、過ぎちゃえばあっという間だよな」

あんたがいうな!!!
35回中、3回しか来なかった、あんたが言うな!!!

35回中、休んだのは1回きりだっつーーの!!

きぃっっ!!

愚痴、失礼しました。
すっきりしました。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

一区切りつきました。

今日は、放射線治療に通っていた病院へ、泌尿器科と放射線治療科の診察に行ってきました。

まず、採血をして、泌尿器科から。
予約は10時。

9:30くらいに採血をして、待ちます。

10時、まだ呼ばれません。
「ちょっと早くきちゃったしねー」

10時半、まだ呼ばれません。
放射線治療科の予約が10時半だったので、一応「まだなんです」と言いに言ってきました。
「泌尿器科が終わったらきてください」と言われたので、心おきなく。

11時 まーだー?

11時半 まぁだぁぁぁ??
さすがに、どうなの??と思って、受付で聞いてみます。
採血の結果がまだ回ってきてないそうです。
「あと30分くらいはかかると思います」とのこと。

12時 30分たったよーー??

12時半 やっと呼ばれました・・・

ところが。
まだ採血結果出てないそうです(^^;;;
「ちょっとね、しびれ切らして呼んじゃったんですけど」とお医者さんも苦笑。

先月、「ホルモン療法を続けるかどうか」決めておいてくれ、と言われていたので、「とりあえず、様子を見ます」とお願いしました。
したら、毎月、採血してSPA値をチェックするということになりまして、家の近くの病院でやってくれることになりました。

あそこなら、歩いて行ける距離なんでラクチンです。

はー、やれやれ。

放射線治療科も、今後の副作用の可能性の説明をうけて、おしまいです。
問題なければ、もう来なくてもよいとのこと。

これでしばらく、こっちの病院は来なくて済みそうです。

となったんですが、そういった予定は、やたら気にする父は、何度も何度も「次はいつだっけ?どこにいくんだっけ?」と繰り返し繰り返し聞いていました。
今日は兄が一緒でして、兄が若干キレ気味でした(^^;;;

こんなんが毎日なんだよ?
大変なのわかるでしょう???>兄

とりあえず、前立腺ガンに関しては、一区切り、といったところです。

しかし、暑かったです。
放射線治療、暑くなる前に終わってよかったーー、と思いました。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

35回完走!!

おーわーりーまーしーたーーーー!!!

前立腺ガンの放射線治療、全35回。
本日終了しました~~~

いやー、長かった!!
終わってみれば、あっという間な気もしますが、長かったです。

泌尿器科で、「月~金の週5回を、7週間」と言われたときは、何かのマチガイではないだろうか、と耳を疑いましたが、正真正銘7週間でした。

通い始めたときは、3日目にして、早くも「ほんとに、これ続けられるんだろうか」と不安になりました。

半分くらいまできて、車をぶつけ、想像以上に自分が疲れていることを実感しました。

あと3週になり、2週になり、「もうちょい、もうちょい」と言い聞かせてきました。

そして、やっと、やっと、本日がラストでした。

今日、父が入って、治療が終わると密閉式のドアががーっと開くので、そこで父が出てくるのを待っていると、父が技師さんたちに「あと何回くらいですか?」と聞いているのが聞こえてきました。

毎回、聞いてくるんです。
あとがつかえてくるから、スケジュールは把握しているから、聞かないでさっさと出てこいと言ってあるんですが、まぁ覚えられないですよね(^^;
たぶん、何回も聞いているんだと思います。
技師さん、毎回毎回、ありがとうございました。

受付で、作り溜めた小物入れをいくつか置いてきました。
受付の方は、「飾っておきますね」とおっしゃってましたが、使ってください(^^;

そして、私がここまでふんばってこれたのも、このブログと、コメントをくださった方々、読んでくださった方々のおかげです。
本当に、本当に、ありがとうございました!!

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

明日で終わり!!

放射線治療34回目が終わりました~。

いよいよ、いよいよ、明日で終わりです~~!!!

今日は、受付で「明日で終わりですね~」と声をかけていただきました。
主に私の方にむかって「よく通われましたね」と(笑)

昨日は、体調が優れなかったので、早めに寝たところ、今日は大丈夫でした。
病院のレストランのコーヒーがいけなかったのかも・・・

作り置きの、香りなんか全然しないコーヒーなんですが、300円は高いと思います。
正直、マックの120円のコーヒーのがマシです(^^;

それはそれとして、通院生活が終わることで、単に通院が大変という以外に、ホッとすることがあります。

それは、母の「アンタが大変よねぇぇぇ」という言葉から逃れられることです。
私が大変なのは確かですが、母に言われると重いのです。
そして言外に、時として、言外でなく、「あんたがこんなに大変なのに、父は全然そんなこと頓着しないで!!」という意味が含まれます。

そんなことはないのです。
確かに、ものすごい依存はありますが、父も感謝の気持ちがないわけではないのです。

それなのに、母は時として、父に向かってもいいます。
「パパも大変だろうけど、なんといっても絵莉が大変よ。毎日毎日付き添いで」
と。
これを言われると父も「なんだ?おれのせいか!?」という気分にもなります。
「おれはどうでもいいのか」
「入院すりゃよかったのか」
となります。

「そんなことないよー」とフォローするのは私です。

まったく、よけいなことを・・・・
私のことを心配してくれるのは、ありがたいのですが、なんか方向性が違うんですよねぇ・・・
はぁ。

それも、あしたでおしまいです!!

090625.jpg

さて、例の小物入れですが、34回目までに22個できました。
明日、受付の人にあげたりしてこようと思います。


長い長い、放射線治療でした。

あと1回!!!

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。