スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそるべし、インフルエンザ

父がインフルにかかりました。
予防接種してたんですけどねー。

というか、予防接種をしていたおかげなのか、症状は軽いんです。
熱が、高いときで38度超えない程度です。

逆に、そのせいで、インフルではないと思ってしまい、
風邪薬で大丈夫だろうと思っていたのですが、
今日、医者に連れて行ったら、インフルでした・・・

幸い、私と母は、感染してない様子でして。

今週いっぱいは、デイをお休みさせることになりました。

幸い、もうかなりおとなしい状態なので、そんなに手はかからないのですが・・・

動かないし、刺激がないせいか
ここ数日で、認知症の症状が進んだような気がします。

前は、着替えとかとりあえずは出来たんです。
指示とかは必要でしたけど、脱ぎ着は出来ていたのに。
足がさっぱりあがらなくなってしまいまして。

とうとう、肉体的な介助が必要になってきたんでしょうか。

手すりとか、ベッドとか用意するべきかと考えねばなりませんね。
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

風邪

連休ですね。
年末年始休暇に、連休。
たくさん休めますが、その分のしわ寄せが前後に来ています(^^;

そして、父が風邪をひいたようで、熱を出しています。
でも、治すのが困難そうです。

というのも、父は夜中とか朝早くに起きて、そのまま起きていようとすることがありまして。
ストーブをつけられないのに。
パジャマのまま、ガタガタ震えていたら、治るものも治らないというものです。

今朝は、38度あったので、デイをお休みさせました。

明日には下がるといいのですが、また、夜中に起き出してしまったりすると・・・

一体どうしたものか。

具合が悪いということを自覚できない者に、治療は難しいですよね。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

W介護への道

またまた、久しぶりに書きます。

家のこと、仕事のこと
まぁまぁ、順調と言えば順調です。

仕事は、ちょっと今関わっているプロジェクト自体は思わしくないんですが(^^;
そして、リストラ(業務委託だけど)されそうですが、なんとか次の仕事も確保できそうですので。

家のことも、父は、最近めっきり認知症の症状が進んだなと思いますが、
全体的に鈍くなってきたせいか、特別に怒って興奮してしまうことも減り、寝かせるのにちょっと手間がかかる程度です。
でも、話すことも減り、冗談を口にすることも減ってしまったので、それはそれで寂しいですけど。

そして、母ですが、物忘れは多くなってきましたし、作話も増えましたが、なんとかそれでも、家事は一通りこなしております。

ただ、先月受けた長谷川式テストでは、23点まで下がっていました。
軽度の認知症ですね。

このまま、進んでしまうと、確実にW介護です。
今日は、医者でそう言われました。

経済的な問題
単純に介護の手間の問題

正直、お先真っ暗です。

兄は、人手としても経済的な面でも、アテになりません。

兄と、兄嫁がうまくいってませんし
うちと兄嫁の仲も、もう全然うまくいってません。

この先、私は仕事を続けられるか、わかりません。
母が本格的に家事が出来なくなったら、もう無理でしょう。

在宅での仕事が、ある程度あればいいのですが・・・。

この先、認知症の両親を一人で抱えて生きていかなくてはなりません。
介護サービスはありますが。
それを利用しても、どれだけしのげるか。

私のスキルを生かした仕事は、この近所にはありません。
どうしても、通勤時間が1時間以上はかかるところまで行かなくてはなりません。
残業もあります。

仕事を辞めて、両親の面倒をみるとなると、両親がいなくなったとき
私は生きていく術を失うでしょう。
私の仕事は日進月歩で、長いブランクがあるともう追いつけませんし。
私も、そんなに若くはないです。
両親の面倒をみたあとに、現場復帰は無理でしょう。

なんとか、両親の介護と、私の仕事の両立ができる道があればいいのですが・・・。

暗すぎますね。
今すぐ、どうこうではないのですが、そんなに遠くない将来のことのようですので、模索していかねばと思います。




追記

くらーくなりながらも考えていたのですが、いざとなったら、この家(というか土地)を売って、父と母を預けることが出来れば、仕事もできるなーと思い当たりました。
父と母が住まないとなれば、私が一人この家に住み続けるのは、広すぎますし。
兄は、この家に住むことを狙っているとは思いますが、そうも言ってられない事態ですし。
言うほど簡単なことではないですし、そう簡単に施設に預けることを決断できるかは、また別の話ではあります。
でも、「どうしても」という事態になったら、そうすればいいんだと思ったら、急に気が楽になりました。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

アリセプト10mgの影響?

今日は、仕事はお休みで、午前中に医者に行き、そのあとお墓参りをしてきました。
うちのお墓は、東京の谷中墓地にありまして、桜がきれいでした。
というか、桜が咲く頃を狙って行ったのですけど。

お墓参りのあと、有楽町で食事して、ちょっとだけ銀ブラなどして帰ってきました。

それはいいのですが・・・・

お医者さんでショックなことがありまして。

父は、週7日、デイにいっているわけですが、介護保険では当然まかないきれません。
なので、健康保険の自立支援法で行けるところを週3回、利用しているのです。

ここで、ちょっと「落ち着きがない」とか「帰宅願望が強い」と連絡帳にはあったのです。
で、朝、リスペリドンなどを服用したりしていたのですが・・・

実際には「落ち着きがない」どころではないようです・・・
スタッフさんを怒鳴りつけたりしているようでして。

それでも、父を帰さずなだめて夕方までいさせていてくれて、
帰る頃には、そんなスタッフさんを怒鳴ったなんて全然わからないような顔なんです。
大変大変ありがたいことだと思います。

あまりのことに、私が呆然としていると
お医者さんは、「でも、それが仕事だからね。気にしなくていいんだよ」とおっしゃっていましたが。

でも、気になります。
確かに、それが仕事ではありますが。
仕事だからといっても、やはり「大変な人だ」と思われているでしょうし。

かといって、そこに通わなければ、週7日は行けません。

先生は、「認知症の人は、社会でみていかなくちゃいけないんだから、あなたはそんな気にしないで、正社員になれるよう努力なさい」とおっしゃいました。
あ、今月から派遣で働きに出た、という話をしたので、そういう流れになったんですが。

父は、うちでは落ち着いているのです。
まぁ、ちょっと、「歯に物が詰まった」とうるさいのですが。
特に怒鳴ったりとか、特別怒ったりということもなく。

でも、それも、1日中家にいたら、どうなるかはわかりません。
やはり、デイには通ってもらわないと、厳しいでしょう。

デイでの言動は、私が働くかどうかには関係ないので、このことで外勤をやめようとは思いませんが。

それと、久々に出かけて思ったのですが、父は、以前ほど外出が楽しめないようです。
全然楽しくないわけではないでしょうが、なんだか「迷子になったら大変」という思いが強いようでして。
ちょっと、私か母が離れてしまうと、「いないいない」と騒ぎます。
これからは、ちょっと食事に出る程度にとどめて置いた方が無難のようです。

何も変わらないようでいて、やはり、変わっていく物ですね。

追記です。
そんなわけで、ちょっと攻撃性が見られると言うことなので、アリセプトを10mgから5mgに戻すことになりました。
そして、メマリーが20mgになります。
これで、しばらくしたら改善するといいのですが・・・・

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

認知症と病気

大腸炎の自宅療法というのは、「消化の良いものを食べる」これだけです。
なので、ごはんはおかゆにして、おかずもなるべく消化に良いものを。
そして、量を調節すること。

父は、食欲はかなりある方で、今までは少し食べ過ぎだったと思うのです。
なので、おかずを一人ずつ別々に盛って、食べさせるようにしました。

デイサービスの方にも、その旨告げて、おかゆ食にしていただいたのですが・・・。
昨日は何も問題なかったのです。

ところが、今日になって、昨日とは違うデイですが、お電話があり、
おかゆ食に腹を立ててしまったとのことでした。
「聞いてない」の一点張りだそうで。
電話口で、父に替わってもらったのですが
私が言っても
「聞いてない」
の一点張りでした。

もう怒りモードでして。

一応「普通食にしてください」とは言いましたが、あの調子ではもう何を出しても食べないでしょう。

なんだか、すっかり考えさせられました。
認知症患者というのは、病気になっても、その病気の治療は難しいのだな・・・・と。
いえ、そんなことは前からわかってはいましたが。
こうやって、入院も困難、自宅療養も困難、という事実を目の当たりにすると、さすがに重いです。

まぁ、大腸炎そのもので、すぐ命にどうこうはないです。
あまり大量に出血しなければ、大丈夫でしょう。

いますぐどうにかしなければ死んでしまう、というような状態であれば、治療拒否をできるような状況でもないでしょう、たぶん。

多少の病気は治療も出来ない、ということも含めて認知症のリスクなんだということを覚悟しないといけないのかもしれませんね。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。