スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイサービスとショートステイ

先日、ショートに失敗したということで、ケアマネージャーさんが善後策を練ってきてくださいました。

まず、ひとつとして、ショートとデイを両方やっている施設で、ショートの人も日中はデイの人と一緒にいるというところがある、というものでした。

それって、うちの父のように、デイは平気だけど、ショートはちょっと・・・・という状態の人にはちょうどいいですよね。
私もかねがね、「日中はデイにいられれば」と思っていたのですが、これがナイんですよね。
デイとショート両方やっている施設はけっこうありますが、デイとショートはまったく別扱いで、交わることはないところばかりです。

これって、なんででしょう?
デイとショートの人を一緒に扱うのは、そんなに難しいことなのでしょうか?
うーむ。

で、その例外的にデイとショートの人を一緒にしておいてくださる施設なんですが、ちょっとうちから遠いのです。
送迎の範囲内ではあるのですが、遠い分、送迎時間が遅迎え早送りになってしまうそうでして・・・
具体的には、
お迎えが10時過ぎ
帰宅が3時頃
だそうでして・・・・

通常、ほかのデイは、9時-4時ですから、トータルで2時間も短くなってしまいます。
それは、ちょっと時間をもてあましてしまいそう。

なので、ショートのためとはいっても、ちょっと決断しかねます。

あとは、一緒に扱ってはくれないけど、デイとショート、両方やっているところに通う・・・というもの。
まぁ、全然行き慣れていないところに行くよりはマシ、というレベルですが。

今、通っているデイは、デイ単独のところばかりなので。

それに、ちょっと前から、デイを一カ所見直そうかと思っていたのです。
父が一番最初に通ったところで、一番長く通っているところではあるのですが、ちょっと父に会わなくなってきているようですので。

わりとレクリエーションの充実したデイなんですが、少人数で「みんなで○○しましょう」という方針のところなんで、父はついていけなくなってきているようです。
デイのスタッフさんも、いろいろ工夫はなさってくださっているようですが、ショート利用も見据えたデイを利用するとなれば、良い機会ですので、思い切ってそこはやめてしまうのも手かなと思っています。

考えてみれば、介護サービスを受け始めてもう少しで丸4年になりますから、いろいろ変化があっても当たり前なんですよね。
4年経っても、要介護度1でいられるのは、まぁまぁうまくやっているほうかなとは思いますが。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ダメでした

ショートステイ初体験、失敗しました。
着いて、早々に「帰りたい」と言い出したようです。

やはり、デイとは全然雰囲気がちがいますし、なにしろベッドがあって個室というのが、父にはダメだったようです・・・。

最初から強い拒否反応を抱かれてしまったので、ここは、大人しく引き下がることにしました。

「なんか、邪魔者にされたみたいだ」
「ここに泊まるくらいなら、山に行って一人で生活する」
と言い出されては、無理強いもできません。

連絡を受けてケアマネさんが来てくださって
「デイに来ている方たち、全員にお試ししていただいているんですよ」
とか、言ってくださったのですが
「今日は帰る」
の一点張りでした。

やはり、まだちょっと早かったのでしょうか・・・・

ケアマネさんは「これが最後のチャンスというワケじゃありませんし」とおっしゃってくださいましたが、当分は「もう一度」とは、ちょっと考えにくいです。

もちろん、先のことを考えたら、またチャレンジはしてみますが。

デイがすんなりといったので、私の方も考えが甘かったようです。
もう少し、根回しをして、はじめからケアマネさんに来ていただくとかすればよかったです。
まだ、「じゃ、来月もう一度」とは考えられませんが、この次はもう少し慎重に行こうと思います。

ケアマネさんが、「全員にお試しを~」とか話をしていたときは
父も調子を合わせて
「じゃぁ、今度遊びに来ちゃおうかな」
「泊まっちゃったりして」
なーんて、ほんとに調子の良いことを言っていたので、はじめからケアマネさんにサポートをお願いしていれば、今日だってうまくいったかもしれません。

でも、仕方ないです。
「今は難しい」ということ、「そういう手がある」ということがわかっただけでも、今回は良しとします。

お昼の時点で帰ることになってしまったので、外食をして、ショッピングセンターで遊んでから帰りました。
ゲームセンターで、リラックマのぬいぐるみをUFOキャッチャーでゲットできて、父はゴキゲンです。
(とったのは、もちろん私です)

応援してくださった方々、ありがとうございました。
当分は様子見ですが、またチャレンジしたいと思います。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

うううう、ダメかも

今朝、送り出して、早くも施設から連絡いただいてしまいました。

ノー説明だったのがまずかったのか。

しかし、なんと説明していいのか、説明しても忘れてしまうし。
いや、そこは私の怠慢だったか。

とりあえず、これから施設に行ってきます。
うまく言えないようなら、連れて帰ります。

あぁ、あぁ、あぁ~

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

いよいよ明日から

明日から、初めてのショートステイです。
2泊3日です。

あぁ、どきどきです。
今、状態はそんなに悪くないので、断っちゃおうかなんて思います。

でも、でも・・・
悪い状態になってから頼むより、良い状態で慣れてもらった方が、いざというときのためにいいですよね。

父は、まだまだ身体面では健康そのものですから、まだまだ介護生活は長く続くと思います。
お互いのために、良い介護関係を保つためにも、ショートステイを利用したほうがいいですよね。

って、ことは、頭ではわかってるんです!!

でも、もし、これで機嫌悪くなっちゃったら?

二度と行かないとか言い出しちゃったら?

どーーーしても、不安はぬぐえません。
そういうもんですよね??

持ち物に、名前付け、ほぼ終わりました。
細かいものなど、ちょっとつけきれなかったのもあるけれど。

薬も一包ずつまとめました。

荷物は、かわいらしい旅行バッグにいれました。

あーあーあーあーあーあー
どうか、うまくいきますように!!!!!

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

デイの見直し

またまた、長らく間があきました。

書かないうちにあったことは、介護保険の更新です。
またもや、要介護度1でした。

認知症そのものは、進んでいるなと感じるのですが、日常的な動作にあまり支障がないので、介護度が下がらない(上がらないというべきか)んでしょうね。

そして、本日、デイサービスのご担当者様が集まってのミーティングがありました。

一番長く通っているMというデイサービスがあるのですが、ここで最近怒ることが増えているそうです。

このMというデイは、わりとレクが豊富で、小人数で、みんなで何かしましょう、みたいな感じで、父にはあうと思っていたのですが、最近はそうでもないようです。

原因のひとつは、父の集中力が著しく低下していること。
そのため、複雑な作業が困難になっているようです。
ちぎり絵などは、前は熱心にやっていたのに、最近は参加しませんし。
絵を描くのが好きな割には、水彩画にも参加しないようです。

それと、状況把握が困難になっているので、父がテーブルで絵を描いているときに
「次は書道をするので、ちょっとここだけ準備させてくださいね」とスタッフさんがお声がけすると、邪魔にされたと思うようです。
以前は、にこやかに「ああ、いいよ、いいよ~」と対応していたようですが、今は「次の準備がある」ということが理解できないようなんです。

なので、どうしたもんかなぁ、と悩んでいます。
一番長く通ってきて、父も慣れているところではありますが、父にあわなくなってきているのかな・・・・と。
だとしたら、もう少しのんびりしたデイに行った方がいいんじゃないか、と。

介護度は変わらないものの、症状は変わってきているので、その都度その都度、臨機応変さが必要だなと痛感したミーティングでした。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。