スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の妄想

今日も、父は妄想の世界に生きておりました。
なんて書き出したりすると、妄想オンリーみたいですが、そんなことはないです(^^;

今日の話は、
「1円募金を募って歩いたことがある」
というものでした。

父曰く
他界した祖母が使っていた乳母車(祖母は足が悪かったので、一時的な移動のために乳母車を使用していました)を押して、1軒1軒家を回り「1円ください」と言って回った
とか。

祖母が他界したのは、私が小学5年生の頃でしたので、その頃の記憶ははっきりしてます。

そんなことしたことないです。
第一に置いて、働き盛りでそんなことしてるヒマなかったはず。

「1円だと、わりとくれるんだよ」
「中には、10円とか100円くれる人いたり」
「追い返されることもあるけど」
「きちんとした格好でいくから、びっくりされるんだよ」
「あのお金どうしたっけかなぁ」

などなど。

なんて言って良いのやら・・・
「はぁ」
「あー、そう」
「へぇ」
としか言いようがなかったですが(^^;

いやはや。
現実のことは曖昧なのに、妄想はなんであんなに細かいところまでリアリティがあるんだか。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ぼーぜん

父がやってくれた・・・というか、なんというか。

3日前ほどから、やたら喉を気にするようになったんです。
うがいをやたらして(水出しっぱなしですな!)、痰を切るようなかんじのことを何度もしていまして。

ちょうど、月1の医者に行く予定もありましたし、行く医者にはちょうど耳鼻咽喉科もあるんで予約をいれておきました。

そして、本日行ってきたのですが・・・

今日になって突然
「本当のこというとね、ミミズを飲んじゃったんだよ」
と言い出しました・・・

えー・・・・・

「どういうシチュエーションでそんなことが・・・」
「庭にいてさ。昔、近所のおばあさんに『身体に良いんだ』って言われたの思い出して、つい」

えー・・・・・

本当なのか、父の妄想なのか、ちょっとわからないんですが・・・。
思うにたぶん妄想です。

喉の調子がおかしい→原因はなんだ→なんか飲んだ→ミミズ

てなかんじかと・・・・

というか、この出来事、やたら既視感を感じる出来事でして。
そう、父が認知症と診断されるきっかけになったのが、「爪楊枝を飲んだ」との主張。

このときもやたら、ゲーゲー言ってました。
爪楊枝なんて、飲めるわけないじゃん・・・・とか思ったんですけどねぇ。
途中で話が爪楊枝から、くろもじ(竹で出来てる太いようじ)に変わっちゃったし。
仮に飲んだとしても、いつまでも喉にあるわけないし。

ましてや、ミミズならばとっくのとおに腹の中、どころか、腹の外(汚くて失礼)

想像すると鳥肌ものですが、爪楊枝よりは身体に悪くはなさそうなんですけど。

とにかく、おそらく飲んだ、という話は、父の脳内が作り上げてしまったお話だとは思うんですけどーー。

耳鼻咽喉科に行って、大まじめにその話をする後ろで、「ノーノー」と首を振り続けた私でした。
カメラまで使って見てもらって、「何もない」とのこと。
ただ、口内が荒れていて、痰が多いということで、その薬をいただいてきました。
父の感じている異物感は、おそらく痰だろうということ。

そのあと、内科にもいって、ちょっとそのお話を先生にしたんですけど
「ミミズはタンパク質だから大丈夫」
とあっさり(^^;;;

そんな程度に受け止めておけってことですね。

とりあえず、父には、
「もう飲まないでよねっっ!」
とビシッと言っておきました。

なんですかねぇ・・・。
ときどーき、突拍子もないこと言い出すのがびっくりです。
母と二人で、「1年に何回かは覚悟しておいた方がいいかもね」と話していました。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

あたま

父は、もうあまりテレビを見ません。
というか、一応見るには見るのですが、全然覚えられないせいか、すぐ飽きちゃうんですよ・・・。
ニュースとかバラエティならいいんですけどね。
ドラマは、まず無理。
クイズ番組も、クイズのルールが理解できなかったり。
同じ番組を見ては、毎回「意味がわからない」と言っています。

バラエティやニュースを見ていても、ちょっと人とは視点が違ったりします。
父の、テレビの中の最大の関心事は

男性の頭

これです。

父は、ちょーーーっっと、髪の毛に不自由しているんで、人の頭がものすごい気になるらしいです。

ふさふさの人
「いいなぁ、あんなあったらなぁ」

若干不自由な人
「あれよりは、あるかな?」

眩しい人
「ピカピカだな!!あんなピカピカじゃないよな!」

不自然な人
「かつらだよな、あれ」

ニュースを見ていてもこんな感じです。
ニュースの内容よりも、ひとさまの頭の方が気になるらしいです。
本日の諫早湾の海門の裁判のニュースでも、漁業組合の人が話しているのをみて
「あんなあったらなぁ」と言ってました。

そして、そのあと続くのは、
「おじいさんもふさふさだったんだよ」
「お父さんもふさふさだった」
となるのです。

でも、父の祖父は50代、父の父に至っては40代で他界しているのです。
そりゃー、ふさふさでしょうとも。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

あとどれくらい

今日は、久々に近所の温泉に行ってきました。
冬の間は、帰りに湯冷めしてしまうので行ってなかったのですが、暖かくなって(暑くなって?)久しいのに行ってないなぁ、と思って行ってきました。

父は、風呂上がりに生ビールも飲んでご機嫌でした。

ただ、母と私と父、なんで、父は浴場では一人になっちゃうんですよねぇ。

うちでも普通に入れていますし、たぶん問題はないと思うんですが・・・。
ロッカーの使い方わからなくても、貴重品は持たせていないので、問題ないと思いますし。

まえーに、介護家族の会で聞いた話で、旦那様が認知症の方の話だったのですが、自治会の温泉旅行に行った際に、ほかの方の服を着てしまって騒ぎになった・・・というのがあったので、杞憂かもしれないですが、若干の不安もあります。
そのお話の方は、要介護度も3とちょっと進んじゃっている方の話なので、父はまだ大丈夫だとは思うのですが。

できるだけ、長く行けるといいなぁ、と思いました。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

どっちだ

またまた犬のこと。

うちの犬は外飼いなんで、フィラリア予防は必須。
薬ももらってきましたが、蚊よけも対策もします。

で、いつもは犬用の長時間もつ蚊取り線香をつかっていたのですが、父が「火は危ない」と言い出しまして・・・
もう、長年蚊取り線香だったのに・・・・って言っても仕方ないですよね。

でも、最近はいいのがあるんです。
火を使わない蚊取りが。
電気のでもなくて、香りのヤツがあるんですよ。

正直、どれくらい効くのかな・・・?という気がしないでもないですが。

「まだ、蚊はいないよな」と言う父に「いるよっっ」と言って、買ってきました。
なんでですかねー。
去年も、7月になっても「まだ蚊いないよな」を連発してましたが・・・
今いなくて、いついるっちゅーねん
庭があるので、蚊が出やすいですし。

で、その香りのを買ってきたはいいですけど、けっこう臭うんですよ。
当たり前ですが。

したら「これ、犬のとこ置いて、犬大丈夫なの?」の連発です。
「犬・猫用」って書いてありますがな。

問答無用で、犬小屋の中にフックをつけてぶらさげました。

で、今日のこと。
以下、会話形式で。
父「蚊取りの、どれくらい保つの?」
私「30日だって」
父「それしかもたないのかー。また買わないとな。忘れないかな」
私「フィラリアの薬やるのと同じくらいだから、カレンダーに印しつけておいたから、わかるよ」
父「そうかそうか」
5秒ほどあく
父「で、蚊取りのはどれくらい保つの?」
私「30日だって」
父「あ、そんなに保つのか~」

どっちですか!?

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

また失敗したか・・・な

今日は、母が父が犬の散歩に行く前に買い物に出かけてしまい、父の犬の散歩時に私と父だけになってしまいました。

父の犬の散歩に出る時間が、まちまちなのは以前にもちょっと書きましたが、今日は「まだ早いよな」モードで、父の中では「5時になったら行けばいい」くらいに思っていたようです。

そのまま放っておけば良かったんですが、つい犬がかわいそうで、「いつもは4時半くらいだよ」と言ってしまいました。
そしたら、散歩に行く支度をしたのはいいですが、支度をし終えてから、また「まだ早いよな」とソファに座り込んでしまったのです。

犬は、もう行けるもんだと思って大はしゃぎしてるのに・・・・

また「いつもは4時半くらいだよ」と頑固に繰り返してしまいました・・・

かなり不満そうに、父は犬の散歩に出かけました。

犬には気の毒だけど、5時くらいまで待ってもらえばよかったかも。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

大仕事

遅ればせながら、犬の狂犬病予防注射に行ってきました。
ほんとは、もっと早くに行かないといけないんですけどね。
なんだかずるずると行きそびれてしまって。

ついでに、フィラリア予防の薬ももらってきました。

しかし、うちは3匹いるんで、大仕事でした(^^;

車にのせて、医者で注射を打ってもらう間は押さえつけて、帰ってきたら毛だらけになった車の掃除。

まぁ、それはいいんですが・・・

お医者さんが、午後は4時からというので、父が犬の散歩に行ってから医者に行ったのです。

そのあとが大変でした。
「じゃぁ、犬の散歩行ってくる」と言うのです。

そこで行かせていればよかったんですが、「もう行ったよ」と言ってしまったもので、そのあと、もう何回も何回も何回も「犬の散歩行ったっけ?」攻撃がすごかったです。
というか現在も。

毎日、聞くことは聞くんですが、大抵はせいぜい2~3回程度。

でも、いつもと違うことがまじっちゃうと、聞く回数が断然増えますね。
医者から帰ってきたときに、もう1回行かせていればよかった・・・・と、現在後悔。

また、母が、説得口調になっちゃうのが痛いです。
「犬の散歩行ったっけ?」って聞かれたら「行ったよ」ってだけ答えればいいものを、なんとか納得させようと、色々付け足して言うのが逆に混乱させてます。

臨機応変さが、まだまだだなぁ

それはそうとして、
(狂犬病予防 + フィラリア検査 + フィラリア予防薬)×3は、けっこー痛いです。
主に、懐に・・・

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ヨガ

今朝、父はふつーでした。
さすがに、朝までは持ち越さなかった。ホッ。
そして、たぶん昨日のことは忘れてます。
うん、いいよ。忘れていて。

そして、母のデイサービスの見学・・・というか体験に行ってきました。

わりと近所で、半日だけのがありまして。
今日は、ストレッチヨガの日なんで、それに参加させていただきました。

半日でかなりアクティブなことをするせいか、来ている方たちも全然元気といいますか、ふつーのおばさんたちばかりでした。
ちょっと年齢が高くて、若干身体の不自由な方もいるという程度。

母は、認知症はないですし、ちょっと膝が悪いという程度なんで、あまりお年寄り~って感じの方ばかりのところは、どうか?と思っていたので良い感じです。

実際のヨガが始まるところまで一緒にいたのですが、先生が来てみてびっくり。
うちの3軒となりの家の方でした(笑)

実ははるかむかし、私が小学生だった頃、その方がやってらしたバレエ教室に通っていたことがあるんですよ。
ほんの1年くらいでしたが(先生がお教室をやめてしまったので続きませんでした)

最近、ヨガ教室をやっているという話は聞いていたのですが、デイサービスでもやっているとは知りませんでした。

なんにしても、母も気に入ったようですので、しばらく通ってみようと思います。
デイサービスっていうより、ヨガ教室に通うって感じですし。

テーマ : リハビリ
ジャンル : 福祉・ボランティア

介護保険更新

父の介護保険の更新の認定が来ました。

要介護1でした。
引き続き、今まで通りのサービスが受けられそうで、ホッとしました。

それはそれとして、父の機嫌がかなり悪いです。
こんなに、機嫌の悪い状態が長く続くのは久々。

最近は、ちょっとくらいなら機嫌悪くなっても、せいぜい1時間もしたらケロッとしていたのに。

怒鳴り散らしたりとかはないんですけどね。
行動が乱暴になって、ずーーっと黙り込んでます。
ときどき、聞こえよがしにため息ついたり。
はぁ、空気が重い・・・・。

とか思っていたら、夜の散歩に出かけてしまいました。
暗いと、道に迷うんだけどなー
ちゃんと帰ってこられるかなぁ。

実を言うと、父が認知症になる以前は、こういう不機嫌オーラ出しまくり状態ってのはよくあったんです。
どうかすると、3日間くらい平気で口聞かないとか。
ひどいときは、1週間くらい続いたりとか。
何が楽しいんだろう、って思いますけど。

認知症になってからは、怒っていること自体を忘れちゃうので、この不機嫌オーラ出しっぱなし状態がなくなっていたのは、不幸中の幸いだったんですがねぇ。
なんか、ひさびさにきちゃって、堪えます。

昼間の匂い消し砂が、まずかったのか・・・・?
いつもなら、すぐ忘れちゃうんだけどなー。
ちょっとずつ、嫌なことが重なったのかしら。

散歩で、気分転換して機嫌悪いのが治って帰ってくるといいんだけど。
(その前にちゃんとかえってこられますように)

------------------------------------
帰ってきました。
でも、機嫌直ってない模様・・・
うぅ、ちゃんと帰ってきただけ、いいか。

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

あきらめと失敗と

昼ご飯を食べ終わった頃、父が、庭の木を切ってくれ、と言い出しました。
なんだか、父は、木の枝が家の外壁に当たるのが気になってしょうがないようです。

別に今までずっと当たっていたって平気だったんだし、今までそんなことしたことないし、初夏は木を切るには適してない時期だし・・・・・
なーーんんてことは、父には通用しないですからね。

これからのびるぞーーって頑張っている木には、本当にかわいそうだけれども、バッサバサと切りました。
これから、花をさかせる木もあるんです。
春先に見事な花をつける雪柳もばっさりです。
来年の春には、あまり咲かないだろうな・・・・
本当にかわいそうだけれども、父を説得するのは無理なので、泣く泣く切りました。

そして、庭に出ていて、庭がとても臭いことに気がつきました。
犬を庭で飼っているので、どうしても臭うんです。

なもんで、匂い消しをまいたのです。
白い砂状の匂い消しで、天然成分で「食べても大丈夫!」とうたっているものなんですが・・・・

父のお気に召さなかったようです。
「食べても大丈夫」って言ったのですが、「犬がなめちゃうと大変だから」とぜーーーんんぶ掃いてしまいました・・・・。

あぁ・・・。
まぁ、いいんですよ。うちが臭い分には。
犬飼ってるんだから、しょうがないです。
でも、風向きによってはお隣も臭いと思うんですよ。
それは、あまりにもーーーしわけない。

っても、そんな理屈、父に理解しろといっても無理・・・・

今度は、液体状の匂い消しにします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

時事問題に関して思うこと

また、悲しい事件が起きてしまいましたね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080608-00000019-jij-soci

なんだか、身につまされるというか。
やってしまったことは、取り返しのつかないことで、それはダメだと思うのですが。
なんとも、やりきれないです。

そうなる前に、なんとかできなかったのか・・・。

介護保険のサービスがだいぶ浸透はしてきているとは思うのですが、それでも色々と問題はありますよね。
地域によっては十分なサービスが受けられなかったり、サービスはあっても本人が嫌がったり。
後者は、介護保険そのものの問題ではないですが。

この事件の方が、どれくらいの状況だったのかわかりませんが・・・。



私も不安ではあります。
このまま、母と二人で、どこまで父の面倒を見られるだろうか、と。
母自身にも不安要素がありますし。

なるべく、今くらいの状態をキープできれば・・・・と思っていますが。
去年の今頃のことを考えると、私と母が対応のコツをつかんだ分、状態は良いと言えますし。

最近実践していることは、父の友人や親戚、隣近所の方に、父の状態を知ってもらうってことです。
友人・親戚は、薄々変だな・・・とは思っていたようです。
でも、そういうことって言いにくいじゃないですか。
「お父さん、ボケてきてるんじゃないですか?」なんて。

なので、話したら、「やっぱり」って感じでしたが。

近所の方にも、特に老人会でお世話になっている方たちには話しておきました。
まぁ、知って置いていただいたからといって、どうということもないのですが、何かあったときに一から説明するのは大変ですしね。

それに、「知っている人がいる」っていうだけで、なんか別になんの根拠もないですけど、ちょっとだけ安心できる・・・というか。
別に、その方たちに特別なことを求めるわけじゃないですけどね。

話すだけでラクになる部分って、確かにありますし。

って、事件とはだいぶかけはなれた、独り言になってしまいましたが。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

介護保険サービスあれこれ

今日は、本当は、父のデイサービスの日なんですが、ゆうべから歯が痛いと言い出しまして、歯医者に行くためにお休みしました。
でも、結局予約とれたのが3時だったんで、2時くらいまで行っても問題なかったんですけどね(^^;
それも、厄介ですし。

そして、今日は、母のケアマネさんが説明と契約に来ました。
母は、要支援1なので、ケアマネさんを頼めるのは1カ所に限定なんで、迷うことなく決まってしまいます。

全然運動しないし、ヒザに不安を抱えているので、体操とかリハビリ系のことを中心にお願いしたい、ということで、いくつかデイの紹介を受けました。

最近、デイサービスやっている施設って本当に多いですね。
今日、聞いた中で、「え、あんなところで?」っていうようなのもありました。

半日通所のところで、ヨガとかやっているところがあるそうなので、それなんかいいねぇ、と母と話していたので、今度見学に行ってみようと思います。

で、私ひとつ、大きな勘違いをしていました。

うちの方の地域では、要支援だと利用できる施設も1カ所に限定されてしまうのかと思っていたのですが、限定されるのはケアマネさんをお願いできるところだけ、でした。

考えてみたら、そーですよね。
利用できる施設まで限定されちゃったら、そこがあわなかったり、いっぱいだったりしたら、利用できない・・・ってなっちゃいますもんね。

父の介護度が、要支援になったらデイの場所が変わっちゃう~、と思ってましたが、それは大丈夫そうで、ホッとしました。
もっとも、現在は2カ所を週1ずつ、という通い方しているので、どっちか1カ所に決めないとならないみたいですけど。
そういう意味では、介護度変わらないといいなぁ・・・。

テーマ : ケアマネ
ジャンル : 福祉・ボランティア

ちょっと遅いけど、ありがたい

昨日、父の従兄弟たちがちょっと顔を出してくれました。
あいにく、父はグランドゴルフの大会でいなくてドタバタしたのですが。
(ちなみに、グランドゴルフの大会は、父は何をしていいのかわからなかったようですが・・・)

去年の10月くらいに、その従兄弟たちが、父の叔父の家に遊びに連れて行ってくれたんです。
で、そのとき、父が短時間に何度も同じ事を言ったようで、そのことで心配しにきてくれたんですね。

って、去年の10月って、半年以上前・・・
おそっ。

なーんて、言っちゃ悪いですよね(^^;

従兄弟なんて、けっこう遠い親戚ですし、実を言うと、そんなに密につきあいがあったわけではない間柄でして。
それに、従兄弟とは言ってもかなり年も離れてます。
父の方が、20年近く年上のはず。

それなのに、心配して声をかけてくださるんですから、ありがたい話です。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。