スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症であることの自覚

コッコさんのところで、「認知症であることの告知」という話が出ていたので、ちょっと思い出したことを書いておこうと思います。
さっき書いたのはただの愚痴だったし。

2007年の11月か12月のこと。
父が認知症かどうかという診察を受けさせることが決まりました。

前にもちょっと書きましたが、父が「楊枝を飲んでしまった」と言い張るので、じゃぁ医者へ行こう、となり、滅多に医者に行きたがらない父を医者に連れて行けるなら、いっそ認知症の受診をさせてしまえ!!ということで、「どうやって医者に連れて行こうか・・・」と悩んでいた問題が実現可能となったのです。

楊枝を飲んだこととは全然違う診察を受けるのですから、騙したまま連れて行くのはどうなのか・・・?と思い、「ちょっと最近物忘れも多いから、それの診察もついでにしちゃうからね」と、思い切って言ってみたところ・・・・

やはり、強い拒否反応にあいました(^^;
医者に行かない、とは言わなかったのですが、こちらの言うことをすべて否定されまくりでした。

父「そんなに、忘れちゃう?」(ちょっと怒り気味)
私「うん・・・・。話していたこととか、5分前のこととか忘れちゃってるよ・・・」
父「重要じゃないことは、イチイチ覚えてない!!」
私「・・・・・・・(だからって、5分前に言ったこと忘れるか、普通。しかも何回も)」

母「それに、やたら物音に神経質になってるし」
父は、そのくらいから、ちょっとした物音にも「なんだ?なんだ?」と反応するようになってました。
そして、その物音が明らかに「冷蔵庫の音」だったりとか「隣の家で雨戸を閉めた音」だったりすることがわからないんです。
父「心配なんだよっっ!!泥棒とか不安なんだっ!おまえ達にはわかんねーんだよっっ」

こんな感じで、こちらがおかしいと感じることに、すべて「理由がある」と片付けられそうになりました。

最後は泣き落としました。
「うん、そうかもしれないけどね。ちょっと不安だから、なんでもなければいいんだし。ね。安心させると思ってさ」と、口説き落とすような感じで、家を出たのです。

で、車で10分ほどのお医者さんへ。

つく頃には、なんで医者に来たのか、覚えてませんでした(^^;;;;


なんで、父に認知症であることを告げても、たぶん忘れちゃうと思うんで、あえて言おうとは思いません。
また、つよい拒否反応を引き起こすだけで、それで忘れちゃうんですから、疲れるだけです。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

寒いです

父は、認知症になったせいなのか、あまり「暑い」とか「寒い」とか言わなくなったのですが、さすがに急激な冷え込みのせいか「寒い」と感じているようです。
ホットカーペットをつけていました<さすがにちょっと早いだろう、と思うのですけど(^^;

まぁ、それはいいんですが。
急に冷え込んだせいか、「もう冬!」って思っちゃったようで、やたら犬の心配をします。

「そろそろ湯たんぽを入れてやらないとな」

いくらなんでも、まだ早いでしょう。
いつもは、12月くらいから入れ始めるんですけどね。
まだまだですよ・・・

正直、湯たんぽのことを考えると憂鬱です。
すごい早い時間から、「湯たんぽ湯たんぽ」って言い出しますし、入れたあとも「入れたっけ?入れたっけ?」とうるさいです。

犬ボケなんで、犬のことはやたらとうるさいんです。
聞き流して、「いれたよー」と言っていればいいんですけどね。
何度も何度もとなると、わかってはいても「うるさいなぁ」と思っちゃうんですよね。

お腹の中で「うっさいなぁ」と思うだけで済めばいいんですけど、母なんか、だんだんと口調に苛立ちが出てきちゃいますしね。

だいたい、犬は寒さには強いもので、暑さ対策をしてやらなきゃいけないんですけどねぇ。
そっちは全然のくせに・・・・
って、言っても仕方ないですけど。

寒さ対策だって、はっきりいって湯たんぽなんて気休めだと思うんですよね。
夜だけでも玄関にでも入れてやればいいのに・・・。
それはダメなんですよねぇ。

で、「湯たんぽ湯たんぽ」とうるさい。

はぁ。

完璧に愚痴でした。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

フェルガード100

ひと月ほど前、フェルガードのことを知りました。
最近、ちょっと話題になってきているサプリメントです。
認知症の症状改善に効果があるとか。

賛否両論あるようですし、やはり絶対に効く、と言う物ではないようですが、認知症の症状に振り回される家族としてはワラにもすがりたいですよね。
自然成分のサプリメントですし、飲ませても悪いことはないだろうと思い、ひとまずフェルガード100というのを、朝1回飲ませてみることにしました。
一応「1日2回」と書いてありましたが、どうなるかわからないので、1回。

1週間経過 特に変化なし
2週間経過 特に変化なし
3週間経過 特に変化なし
4週間経過 特に変化なし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(^^;

特に変化ないです。
父の場合、まだ軽度というのもあるんでしょうか。
1ヶ月、朝1くらいでは、そんな顕著な効き目は出ないんでしょうか。

このまま続けるか迷ったので、コウノメソッドで知られる河野先生に、不躾かとは思いましたが、メールで相談してみました。

したら、
脳血管性認知症にはあまり効き目はない
とのこと・・・

そっかぁ・・・残念・・・・(´・ω・`)

母が、父の認知症の症状をうまく受け流すことが出来ずに、ストレスになっているようなんで、少しでも症状が和らげば・・・と思ったんですけどねー。
同じ事、6~7回くらい聞くところ、2~3回になる、とか。
妄想言っても、あまり繰り返さない、とか。

フェルガードは飲み続けてもいい、ということだったので、まだ残っているし、特に悪影響は出ていないようなので、アルツハイマー予防というつもりで飲ませてみようとは思います。
もっと、続けていたら、2~3回にならないとも限らないし・・・

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

お得な人生?

今日は、昼間ちょっと蒸し暑かったのと、犬を洗ったせいか、母が若干疲れ気味でした。
犬を洗うのは、かなり重労働です。
玄関と、お風呂場の脱衣所にビニールシートを敷いて、犬を洗い、タオルで拭いて、ドライヤーで乾かし、終わったら、お風呂場と玄関の掃除。
犬もけっこう大きいんで、なかなか大変です。
主に私がやるんですが、タオルで拭いたりとか後片付けは、母にも手伝ってもらいます。

なんで、ちょっと疲れたんでしょうね。

そんなわけで、今日の夕飯はピザでした。

ピザは父も大好きなんですが、カロリーや塩分を気にしちゃうと、なかなか気軽には・・・といかないんですけどね。
まぁ、でも、許して。

一通り食べて、みな満足。

ちょっとピザが早めに来たので、夕飯が早く終わってしまい、父はのんびり夜の散歩へ。
いつもより、ちょっと長めの散歩から帰ってきて、父が母に聞きました。

「もう、飯台取りに来たの?」

は?
飯台???

どーやら、父、「夕飯は出前だった」ということは覚えていたようでしたが、

出前=寿司

という図式から、今日の夕飯は寿司だった、という結論に達したようです。

なんか、お得ですよね。
ピザ頼んで、「寿司を食べた」と思えるって・・・・

モノに対する執着

認知症、いわゆる、ボケというやつには、いろんなタイプがありますよね。
代表的なところで、食ボケ、金ボケですか。
父は、犬ボケ、物ボケです。

ここんところ、物ボケがひどくなってきたような気がします。
自分の物にものすごい執着するんですね。

父が使っていた置き時計が壊れたんで、新しいのを買ったのですが、壊れた方を捨てさせてくれないんです。
壊れてるんだっての。

あと、自分の物にやたら名前を書きたがります。
別にいいんですけどね、書いても。
ひとつのものに、いくつも名前とかイニシャルを書いてます。
こないだあげたスティッチのトートバックは至る所に、名前とイニシャル。
いいですけどね・・・。

まぁ、そんなのは、全然かわいい方でして。

今日、父が車のマットがないことに気が付きました。
こないだ、車検に出したとき、返ってこなかったんです。
私は、次の日すぐに気が付いたのですが、車屋さんに連絡しそびれていまして。
父がきがついちゃったもんだから、さー大変。

すぐに電話はしたのですが、担当者がいなくてすぐにはわからない、とのこと。

で、父は、物に執着しているので、何度も何度も聞くわけですよ。
「車のマットのこと連絡したの?」
と。

「連絡はしたけど、担当者がいなくて、明日か明後日にならないとわからない」
というと、
「いい加減な会社だ!」
と、ご機嫌斜め。

実は、この車屋さん、母の友人の会社でして。
母としては、そう言われるとつらいわけですよ・・・

二度ほど、連絡をしたら、社長さん自ら持ってきてくれましたので、助かりましたが・・・

こう言うのは、本当に困ります・・・・
名前書いているくらいで満足していてください~~~

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

早口はダメ

先日、難しい言葉はダメと書きましたが、早口もダメですねー。
聞き返されます。
根がせっかちな私なので、ついつい早口になっちゃうんですねぇ・・・。

気をつけたいと思います。

今日は、母がヨガの日で、午前中いませんでした。
こういうとき、心配なのが、猫のこと。

この春の、脱出騒動以来、ちょっと脱出癖がついてしまいまして。
庭に面したガラス戸を開けちゃうんです。
不思議なことに、網戸は開けない。
なので、ガラス戸の鍵をしめておくか、網戸を閉めておけば、大丈夫なんですが、父は理解できてないので、どっちも気をつけません・・・。

網戸あいた状態でガラス戸の鍵はかけない、という状況はしょっちゅうです。

今朝というか、もう昼近かったですが、私が昼食の用意をしている最中にやられました・・・
気をつけていたんですが、フライパンにつきっきりのときに、戸をあけて出て行ってしまいました。

まぁ、なんとか事なきを得たんですけどね。

父は、「開けちゃうの?この戸を?けっこう重いよ??」という感じなんですよ。
事実よりも、自分の感覚の方が大事なんですよねー。
で、父がどう感じようが、開けてしまうものは開けてしまうので、戸の目のつきやすい場所に
「かぎをかけるか、アミドをしめておく」
と書いて貼っておきました。

玄関も、きっちりしまってないと、開けてしまうので、なにか適当な注意文句を書いて貼っておこうと思うのですが、なかなかわかりやすい文章が思いつきません・・・
「きっちりしめる」
だと、「しめている」と思い込んでますのでダメそう。
「スキマがないか、確認」あたりかなぁ・・・

勢いよくしめるんで、反動であいちゃうんですよね。
引き戸なもんで。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

日本語ってむずかしい?

まだまだ、暑いですね。
犬の蚊対策は気が抜けません。

フィラリア予防薬は飲ませているんですが、刺されないにこしたことはないと思いますし。
うちでは、犬小屋の中には、香りの殺虫剤をつるして、外には普通の蚊取り線香を置いています。

父は、この蚊取りのことはやたら心配していまして。
小屋の中の香りタイプのヤツは、1ヶ月有効なんですが、毎日毎日
「あれは、まだ大丈夫?」と聞きます。
しかも、何度も。

6/20から起き始めたので、毎月20日に取り替えるのですが、
本日、「はつかまで、持つから大丈夫」と言ったところ
「はつかまで・・・。買い置きはあるのか?」
と聞くので、
「ないけど、はつかまで、まだだいぶあるからいいでしょ」
といったら、どうも納得しません。
何度も聞きます。
「はつかだよ?にじゅうにちだよ?」
と言ったところ、やっと納得しました。

どうも「はつか=20日」というのが、ピンとこなかった模様。

子供に話すように話さないとわからなくなってきているのかな・・・・


テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

早く来い来い涼しい秋

また、暑さがぶり返してきましたね。
犬につらい・・・・

入院したうちの犬ですが、入院したのは心臓のせいでして、そのほかにも皮膚病も患っていまして・・・。
何しろ、もっさもさの毛なんで、暑さ湿気に弱いんですね。

で、入院前は皮膚病の治療をしていたのですが、入院後は心臓の方の治療に専念してまして。
まぁ、皮膚病で死ぬことはないですからね。
ハゲのひとつやふたつ・・・

とはいうものの、ここんところの雨続きで、涼しいのは心臓には良かったんですが、皮膚の方は被害甚大。
ハゲ拡大。

お医者さんに聞いたら、天気の悪いとき洗うと逆効果と言われたので、晴れを待って本日念願のシャンプー。
シャンプーしたら、「乾かす」という名目があるため、玄関先に扇風機をつけていれておけるので、一石二鳥!
このときばかりは、父も文句言わないので安心。

まだ残暑厳しそうだし、なるべくちょくちょく洗って家の中に入れておこうと思います・・・。
あと、父がデイの日とか。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。