スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり、怒りっぽいのもある??

似たような記事が続きますが、父の観察日記もかねておりますので、ご容赦を。

今夜の父は、鬱&不機嫌モードでした。

夕方、恒例となっている絵を描かせる直前に
「もう、全然覚えてられない」
「すっかりボケちゃって、ダメなんだ」
と、強い口調で言っていたので、鬱モードにはなりそうだな・・・・とは思っていました。

絵を描くことで、気分転換がはかられることを祈ったのですが、絵を描き終わった直後も、気分爽快とまでは行かず。

夕飯までにはまだ少し時間があったので、私は仕事の続きをしていたところ、
何があったのかまではわかりませんが、母がまずい応対をした模様。
そこから、不機嫌モードに突入です。

夕飯時も、やたら、ため息ばかりつき
めったに残さないご飯を残しました。

母が「なんで食べないの」と聞くと
「もう、おなかいっぱいなんだよ」と強い口調で言い、席を立ってしまいました。

その間、私には、普通に話しかけようとするのです。
毎度のことながら、耐えられない状況です。

その後も、自分の部屋に閉じこもっていまして、今日はお風呂に入らず、早々に寝てしまいました。

毎日、ご機嫌というわけにもいかないし、こういう日もあるでしょうけれど。
アリセプトを飲み始めたばかりなので、いろいろなことが気にかかって仕方がありません。

唯一、心休まる時間は、父が寝て、私の部屋で母とDVDを小一時間ほど一緒に見る時間です。
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

あればいいのに、軽便漏れパッド

アリセプトが効いているんでしょうね。
父は、絵を描く気満々です。
ちょっと、ありすぎです。

どんだけありすぎかというと、どうも夜中も描いているようなのです・・・
朝、絵が増えています。

まぁ、夜起きて、徘徊するわけでもないので、いいっちゃいいんですが。
寝不足にならないか心配です。

今日はデイだと言っているのに、「リュックサックを持って、絵を描きに出かける」といいますし。
結局はデイに行くのでいいのですけど。
そのうち、「やめる」とか言い出すんじゃないか、ちょっと心配です。
でも、デイでも絵を描いたりするんですけど。

そんな感じで「やる気」効果は、出ているようですが、副作用のほうもちょっと問題です。
以下、しょうしょう赤裸々なお話になりますが・・・・

軟便は続いております。
昨日など、続けて2回、下着を汚してしまいました・・・
2回目のときは、さすがに見かねて、おむつがわりに私のナプキンをつけさせました(^^;;;;
「お赤飯炊いてあげるよ」と言って(笑)

「ごわごわする。気持ち悪い」
といってましたが、さすがに失敗した直後だったせいか、それ以上は何も言わず、寝るまではつけていました。
どうしたろう・・・と思ったら、朝たんすの上にはずしたナプキンが放置されいたのは参りましたが(^^;;;
汚れてはいませんでしたけど。

どうも傾向的に、夕方に失敗してしまうことが多いので、そのくらいからつけさせたいのですが、失敗する前からつけさせるのは、多分難しいと思います・・・
女性なら、ナプキンにはあまり抵抗ないでしょうけど(^^;

尿取りパッドってあるじゃないですか。
あれの、便バージョンがあればいいのに、と思います。
しかも、軽失禁用。

失敗したら、すぐに気がつくので、横漏れ防止とかそんないりません。
広めにお尻部分をカバーして、下着を汚さないが目的。
薄くて、つけていてあまり抵抗ないものを。
開発していただけないですかね>介護用品開発会社さん

どうでしょうか。
需要が少ないでしょうか。

でも、認知症とかでなくても、おなか緩くて失敗しちゃいがちな人もいるので、それなりに需要なかったりしませんか。
真剣に考える今日この頃です。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

アリセプト効いているのか、いないのか

昨日のことです。
私は、ひさびさに、遊びで外出の予定をいれていまして。
支度をしていたところ、父が、「ちょっと出かけてくるから」と言って、出て行ってしまったのです。

母はオロオロしてましたが、止めることは難しそうなので
「好きにさせたら」
と言って、行かせました。

帰ってこられるか、だいぶ不安だったのですが。
なにしろ、今年の4月くらいまでは、ちょくちょく散歩に出ていたのが、ぱったりと出なくなってしまった父です。
不安なこと、この上なしなんですが・・・・・

外出をとりやめようかとおもったんですが、友人と待ち合わせをしており、遠方からくる友人なので、やめにくく。
母に「なにかあったら、電話してね」と言って、出かけました。

11時頃、一度家に電話を入れたときは、父は帰っていませんでした。

うう、これは、とってかえして、捜索するようかな・・・・・と思っていたら、わりとすぐに母から電話があり、父が帰宅したとのこと。

これで、一安心。
父の機嫌など、気になることもありますが、それは家にいたからといって、どうなるもんでもないですし。

とりあえず、それなりに楽しみ、夕方帰宅しました。

帰ったときは、父はわりとご機嫌よかったです。
母も、「別に機嫌悪くなかった」と言っていたので、またまた一安心。

外へ行って、何をしてきたのか、と聞いたところ、なんと絵を描いてきたそうです!
それがこちら。
090927_1.jpg
描きかけ、っぽいですが、父が自発的に外に行き、自発的に描いてきた絵です。
なかなか、うまいです。

約2時間ほど、ひとりで外をうろついてきたわけですが、無事に帰ってこれましたし、絵も描いてこられたので、これは、アリセプトが良い方向に効いている!?って気がしました。

したんですが・・・・

なんでか、夜なかなか寝ないで、寝床で絵を描いています・・・(^^;
暗いし、姿勢も悪いし、それはちょっとやりすぎです。

それと、もうひとつ、絵とは全然関係ないことなんですが。
今日の朝、父がデイに行ってから、母が気がついたのですが、トイレの床一面に大便があったようです・・・
ビオフェルミンの効果か、軟便ではなかったようですが。
これは、どういうことでしょう・・・

床にしてしまって、気がつかなかったんでしょうか・・・。

排便問題は、認知症の中期から後期の周辺症状として出てくるようですが、アリセプト飲んでいて、それの効き目が出始めたばかりでも、周辺症状が出ちゃうもんでしょうか。

まだ、たった1回のことですが・・・
なんだか、やっぱり、進んでいるのかなぁ・・・

いろいろ、うれしいことやら、ショックなことやらある昨日と今日です。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

アリセプトの効果

アリセプトを服用するようになって3週間以上が経過しました。
とはいっても、5mgになって1週間ですが。

軟便があるほかは、特に大きな問題はあるようには見受けられません。

強いて言えば、自分の言動を覚えていないことを気にする発言が目立つようになってきたことくらいでしょうか。

「もう、全然覚えてないんだよ」
「もうだめだな。すっかりボケちゃって」
というようなことです。

まぁ、かといって、そういったあと特別に落ち込んでしまうかというと、そうでもなく、ほんの一時のことなので、あまり気にしないでいますが。

「忘れてしまったことを忘れてしまう」のが認知症の特徴ですから、ひょっとするとアリセプトが効いていて、短期記憶障害がちょっとだけ良くなっているのか・・・?と思わなくもないですが、実際には短期記憶障害は相変わらずどころか、悪化の一途をたどっているんですけれど(^^;

また、アリセプトは「やる気」を促進する、ともいいますよね。
絵は書く気満々です。
今日なんか、デイサービスをやめて、画材とおにぎりをもって、そこら辺ぶらぶらするとか言ってました。
それは、なんて山下清ですか(笑)

まぁ、言うだけで、実際には出来ないんですけどね。

でも、これは、アリセプトの効果なのか、それとも毎日絵を描かせている効果なのかは、ちょっと判然としません。

薬の効果って、見極めが難しいですね。

追記です。
「画材もって、そのへんぶらぶら」というのは、「やる気」ではないようです。
今夜は、非常にネガティブな口調で
「どこまでいけるかやってみようかなぁ・・・」
「絵の具は大変だから、クレヨンで」
「ショルダーあったかな」
とかなんとか、いろいろ言っていますが、とにかく、くらーーーーい調子です。

どうも、「何も出来ない自分」がいやでいやでたまらなくて、こういう発言が出るようですが、どうにもテンションは低いんです。

ぶつぶつぶつぶつと、ずーーーっと言い続けています。

庭の門扉のことで、気に入らないことがあり、今は部屋にこもっています。
何をしているかというと、小さなアコーディオンを弾いています。

こう聞くと、なんか楽しそうですが、全然楽しそうじゃないです。
「あーあ」と、しょっちゅう、大げさにため息をつきながらですから。

正直なところ、うざったいことこの上ないです。
このネガティブ入っちゃうと、もうどうしようもないですので、放っておくしかないんですけど。

これも、アリセプトの影響なんでしょうか・・・?
怒りっぽくなるとは聞いてましたが、うつっぽくなっています。
毎日ではないですが・・・・。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

前立腺がん治療予後

今日は、前立腺がん治療の予後検診でした。
予後検診は、放射線治療を受けていた大学病院ではなくて、そこの先生が週に1回、すぐ近所の病院に来ているので、そこでしていただいています。

歩いて5分ほどのところなんで、助かります。

朝早くに受付を済ませて「4番」という受付番号をもらっていたわりには、待たされました。
そして、診察はあっという間。

先月の採血結果をチェックして、SPA値は0.03という、かなり良好な数値、ということで無罪放免。
今月も採血して終わりです。

その前に、なぜか採尿もしましたが。
今まで、採尿なんかしなかったけど・・・・

父は「してきちゃったから、出ないよ」を連発してましたが、「ちょっとでもいいから」となんとか採らせました。

そこが多少なぞですが、とりあえず無事に終わって一安心。
しかし、来週はまた同じ病院で、今度は椎間板ヘルニア関係で整形外科。

放射線治療していたときの、毎日通う、に比べたら、全然どうってことないですが、医者通いが多くて、うんざりです~~

というか、「医者へいくよ」と父に言って「なんで?」とか言われるのがつらいんです・・・。
本人に自覚症状がないことばっかりですからねぇ(^^;;;

自覚症状があって、つらいよか、マシですけど。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

環境の変化

父が、犬を3匹連れて散歩するようになって、まる2日が経過しました。
今のところ、どこも痛くない、と言っています。
油断は大敵ですが、今のところ大丈夫そうです。

門扉は新しくなって、簡単にカギがかかるようになったのはいいのですが・・・

新しくなったせいでしょうか。
夜の「門扉にカギをかけたっけ?」リピートがとても激しくなりました(^^;

認知症に「環境の変化」は大敵といいますが、本当にその通りですね。

慣れるまで、どれくらいかかるかわかりませんが、なんとか耐えて行かなくてはなりません。

母の「うるさいっっ」という大きめのささやき声も無視しなくてはなりませんし。
聞こえないように言っているつもりなんだけれど、けっこう大きいんです(^^;

やれやれ・・・・

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

通常営業

今日、いよいよ、新しい門扉になります。

これで、庭生活(?)が通常営業となりますので、父のいろいろうるさいのも減っていくことでしょう。
新しい門扉に慣れるのに、少しかかるかとは思いますが。

鍵もちゃんと閉められるので、一番の懸念だった門扉の乗り越えもなくなります。
というか、新しい門扉は高さも今までのより高く足がかりになるような場所もないので、乗り越えるのは不可能です。
これで一安心。

これを機に、一度、犬の散歩を3匹とも父にやらせてみようか、と考えています。
今は、まだ腰のことがあるので、私がついていっているのですが、散歩復活から1週間、とりあえず2匹までは、大丈夫そうです。

正直、この3匹目の、梅吉が一番力があるので、心配ではあるのですが・・・

ただ、父は、私が一緒に行くこと、一番力のある梅吉を私がひくことが、気に入らないようです。
不機嫌にはなりませんが、毎日のように
「一人で大丈夫だ」
「梅吉を自分が引く」
と主張しまくります。

犬の散歩は、父の仕事であり、父の領分、というプライドからでしょう。

なので、ちょっと行かせて見ようかな。
それで痛くなってしまえば、また行けないわけですが。
そんときは、そんときだ、と。

って、割り切っているつもりなんですが、実は不安でいっぱいです(^^;

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

いつでも大丈夫

先週の金曜日に医者に行きまして、アリセプトが3mgから5mgになりました。

まだ、下痢・・・というか、軟便は続いているようです。

なぜ、そのことがわかるかというと、汚い話ですが、お漏らしをしてしまうんですね(^^;;;
おならをするつもりが、実が出てしまう、というやつです。

アリセプトを服用するようになってから、毎日とはいいませんが、数日に1回くらいのペースであります。

で、本人、最初はちょっと隠したがるといいますか。
汚れたパンツを隠しておいて、あとでこっそり自分で洗おう、と考えるようです。

でも、隠し事が出来るような人ではないので、すぐに見つかってしまいます。
ズボン脱いで、ウロウロしていりゃ、そりゃ何かとすぐバレますよね(^^;

でも、本人「あとで、自分で洗うから」と言います。
もちろん、洗った試しはないですが。

いつもは母が洗うのですが、今日は、私が洗いました。

母は、「いいのに、そんなの」って言ったんですが。

でも、大げさにいえば、「これが、親の介護をすること」と思って洗いました。

今は、そんな頻繁じゃないですし、慣れてくれば軟便も治るかもしれません。

でも、そのうち、トイレ以外の場所で排便するようになっちゃったりするかもしれません。
オムツ生活になるかもしれません。

その可能性は、いつになるかはわかりませんが、十分に高いので、ほんとに自分でも「何を大げさな」と思いますが、ひとつの「通過儀礼」のつもりで洗いました。

これで、いつでも下のお世話も大丈夫(ほんとか?

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

否定したらいけないのに・・・

庭の門扉にまつわるゴタゴタ、その後ですが、一応、コンクリートは乾いているようなので、犬を庭側に入れることにしました。
これで、少なくとも、夜、家の中に入れたからどうこうということはないでしょう。
ひとつ、問題解決。

しかし、今現在、庭の門扉は交換工事のために、固定してあって動きません。
なので、玄関の門扉の側から敷地内にいれて、普段は通らない塀の間を通して、庭に入れる必要があります。

まず、これが、なかなか理解出来ません。
まぁ、仕方ないけど。

そして、庭に入れたら、ここから出られないよう、塀の間にフェンスを立てかけておく必要があるんですが・・・
フェンスを立てて、植木鉢等で支えておくだけでも十分なのに、父はヒモ等でしばりたがります。

しばるのはかまわないんですけど
父にやらせると、そりゃーもー、ぐるっぐるのぐっちゃぐちゃに結んでしまうのです。

父としては、倒れてしまわないか心配なので、という理由のある行為なんですけれど。

でも、明日の朝、ここをまた開けて、犬の散歩に出さなくてはいけないのです。
それなのに、ぐっちゃぐちゃに。

「あぁ、もう、ほら、また開けるんだから、そんなしちゃダメだって」
と言ったら、へそを曲げました。

まぁ、仕方ないですけど。

わかってはいるんですけどね、頭では。
父のやること否定したら、へそ曲げるって。

好きなようにやらせておいて、あとでこっそりやり直してしまう、という手もあったのに。

まだまだ、修行が足りません・・・

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

頭痛が痛いです

門扉のレールに、コンクリートを打ったので、庭に犬が出せません。
なので、犬を玄関にいれたのですが・・・

案の定、父が大荒れに荒れています。

最初のうちは
「どこに入れるの?」
「どうするの?」
と言っていたので、
「玄関に入れるから」と言ったら、納得していたのですが、
入れたら入れたで、気になって気になってしかたがないようで、
「だいじょうぶかな、だいじょうぶかな」
とうるさいです。

ずーーっっとそんな調子なので、母がもうかなり早い段階で、嫌になってしまい、
返事をしない
してもきつい返事をする
で、父へそまげる

といういつものパターンです。

母に我慢しろ、というのも酷だろうな
と思いつつも、私のストレスは溜まる一方。

頭が痛くて痛くてしょうがないです。

コンクリートが乾くのって、どれくらいかかるんでしょうね。
一応、次の工事は、火曜日なんですが・・・

それまで、毎日こんな調子?
たかだか4日、されど4日

あー、もー、うっさいうっさいうっさいうっさいうっさいーーーーーーー

私たちの耐久度が低すぎでしょうか・・・・・

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

医者・薬・門扉に犬

ケアマネージャーさんが、変わりました。
以前のケアマネさんは、おめでたで産休だそうです。
今日、次の方と一緒にいらっしゃいました。

今度も女性の方で、やわらかい話し方の人でした。
良いおつきあいができれば・・・と願っています。

そんなのもあり、また、父の認知症の方の医者もあり、今日もてんやわんやの1日でした。

午前中はわりとのんびりしていたのですが、医者が連休前ということもあり、とても混んでおりました。

アリセプトは、3mgから予定通り5mgに移行。
これで、一ヶ月様子を見ることになります。
特に大きな問題は起きませんように。

夜、若干不穏というか、寝付きが悪いというか、とにかく寝る前に、何度も何度もいろんなことを確認したがるので、ユーパンを飲む時間を就寝前に変更。
実を言うと、医者に言われる前に、昨日お風呂に入る前に飲ませたのです。
したら、わりとスムーズに寝ました。
たまたま、かもしれませんが。

父も、けっこう薬が増えてきましたね・・・・。

で、薬局でちょっと問題がありました。

医者で処方箋を出されたとき、私もよく確認すれば良かったのですが、1個、間違っていたのです。

ジェイゾロフトという精神安定剤系の薬が出ているのですが、それがなく、ジェニナックという菌の感染を防ぐ薬になっているのです。

ん?ん?ん?
菌の感染・・・・・????

薬剤師さんに「お薬が変わるというお話し聞いてませんか?」といいます。
胃薬が追加されたことは聞いていましたが、ジェイゾロフトが変更になる話は聞いてません。
しかも、菌の感染を防ぐって・・・

なので、医院の方に確認していただいたところ、やはり、ジェイゾロフトの間違いでした。
たぶん、ジェで始まる薬で、押し間違いとかだったんでしょうね。
危ないところでした。

それから、また話はとびますが、
庭の門扉の工事が今入ってまして。
レールを敷くタイプなので、コンクリートをうつのです。
で、今日やったので、乾くまで、庭に犬をいれられません。
玄関側に入れておけばいいんですが・・・

これが、まぁ、父には理解できないというか、覚えられないというか。
何度も何度も同じ質問です~~
「犬はどうするの?」
「(家の)裏側に入り込んじゃわない?」
「小屋にはいれられないの?」
「門扉に鍵はかけられないの?」
などなど。

まぁ、しょうがないですよね。
いつもとはカンペキに違う状態ですし。

そして、コンクリートが乾くのにちょっと時間がかかるため、数日この状態です・・・・
うひ~~
ほんの数日ですが、頭痛いです~

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

かゆくて目が覚めました。

今日は、私自身のことです。
今朝、かゆくて目が覚めました。
身体のいたるところが痒いです。

ついかきむしってしまい、まっかっかに。

ちゃんと起きてみて、確認すると、湿疹のようになっています。
お腹なんかひどいもんです。
うひ~

で、本来なら、父の薬をとりに行くはずでしたが
何日か飲まなかったからって、すぐにどうこうない、と開き直り、自分が皮膚科にかかることにしました。

お医者さんは、パッと見て、「虫っぽいね」と。

うちの庭木にけっこう毛虫がたかっておりまして。
昨日は植木やさんが、それを全部きりおとしーの消毒しーのやっていたんです。
で、私は、庭に出ることも多かったです。

たぶんそれだろうと。

塗り薬と飲み薬をもらって帰ってきました。
かゆ、かゆ。

かゆいのって、痛いよりつらいですよね。

とりあえず、薬を塗ってみたら、少し落ち着きました。
お腹見ると、ぼつぼつと赤いのが気持ち悪いですが、そのうち良くなるでしょう。
腕もぽつぽつとあるのですが、お腹よりひどくないので、助かりました。
まだ、半袖ですから、あんまりボツボツ気持ち悪いと自分でもイヤですし。

それと、関係ないですが、最近、3匹の犬の間で、「お気に入りの小屋」争奪戦が激しく、誰かがどこかに入れないと、吠える・・・という悪癖が出てしまいまして。

大2個、小1個の、計3個の小屋があるので、1匹ずつ入れるのに、どうも小さいのには誰にも入りたがりません。
「狭い」という理由で入らないのなら、それはどうしようもないんですが・・・

ただ、大きい2個に比べて、小さい小屋は居住環境が良くないのも事実です。
大きい小屋は壁が木で、床に敷物があるのに、小さいのは壁は鉄板、床は何も敷いてません。
その居住環境で、入るのがイヤだとしたら・・・
と思い、床と壁に段ボールを敷き詰めてみました。

これで、だいぶ居心地はよくなったはず。

これで、誰かが小さい小屋を気に入ってくれれば、1匹1つずつで、静かになって万々歳です。

誰か気に入って~~
できれば、サクラが気に入ってくれると、ひっじょーーに助かるのですが。

まったく、犬のことではいろいろ苦労させられます・・・。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

突然の休診

今日は、認知症の方の医者の予約が入っていました。
夕方で、デイから帰ってきてから・・・・と思っていたのですが、このパターンは、父が一番嫌がるパターンです。

帰ってきてから、「医者に行くよ」と言うと、心底嫌そうな顔をされました。
「いいよ、大丈夫だよ。なんともないもん」
と言い張ります。

私だけで行こうかと思ったんですが、アリセプトを服用して2週間で、5mgに変わるか、というところなので、出来れば本人を連れて行った方がいいと思い、「終わったら良いところ連れて行ってあげるから」と言って、無理矢理連れ出しました。
それでも、不満顔でしたが・・・

車を運転しつつ、
あー、今夜はご機嫌斜めモードになっちゃうかな~~
それもしょうがないかぁ・・・・
と、憂鬱な気分になりつつ、医者に着いたら・・・・・

担当の先生が、突然休診になってしまったそうです(--;;;

なんでしょうか。
先生ご自身が倒れてしまったんでしょうか??
事情はわかりませんが・・・

とにかく、土曜日には診察できることは間違いないようですが、金曜日にはわからない。
木曜はもともと休診

困ったなぁ
いつもと同じ薬なら、別の先生に処方してもらうこともできますが、アリセプトを5mgに変えるかどうか、というところ・・・

しかし、困ったといっても、どうにもならないので、とりあえず今日の所は諦めました。
明日電話して、金曜日に入れられれば入れようと思います。
金曜は、本当は泌尿器科の月1の検査デーなのですが、それは来週に回します。
1週間ずれたからといって、どうということもないと思いますし。

はぁ、やれやれ。

今週は、本当に忙しいです。
月・水と植木やさんが来て、
木・金と庭の門扉の工事です<とうとう門扉を変えます、すごい高いです><

医者の予定はいっぱいだし。
犬の散歩は、まだ予断を許さないし。

はぁ、なんにもないゆっくりした日を過ごしたいです・・・・。

今日の診察がなくなって、父は喜んでましたが(^^;;;

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

犬の散歩解禁・・・・そして、気が付きました

今日は、椎間板ヘルニアの診察日でした。

とうとう、犬の散歩、解禁です!!
1ヶ月ぶりの犬の散歩です~~

1ヶ月のブランクがあるし、まだ油断大敵と思いまして、一番力のある梅吉を私が受け持ち、父には、ほとんどひっぱらないサクラとモモを担当させて、行ってきました。

父は、「1人で大丈夫だ」と言い張っていましたが・・・
まぁ、しばらくは様子見ということで。

そして、念のためと思い、散歩の前に腰バンドをつけたのです。
そこで気が付きました・・・・

父、太りました。

椎間板ヘルニアとわかって、数日後に買ってきた腰バンド。
前は、余裕でつけられたのが、今日、久々につけたら、ギリギリです。

よくよく見てみたら、確かに、お腹が出ています。
前も、全然出ていなかったわけではないですが、そんなでもなかったのに。

1ヶ月、散歩しないだけで、こんなに太ってしまうのですね・・・・

無理は禁物ですが、様子を見つつ、このまま散歩を継続できて、また元の体型に戻れればいいなと、思いました。

追記です。

もう1週間以上前から、調子は良さそうだな、と思っていたんですが、なんで「犬散歩OK」が出ないんだろう・・・と思っていたんですが、今日わかったような気がします。
父は、診察時、医者から「どうぞ、おかけください」と言われないと、イスに座らないんです。
それが、医者の目には「痛いから、座るのにためらっている」と見えたのかもしれません・・・(^^;
今日は、なぜか、するっっと座っちゃったんです。
だもんで、「もう、いいかな」となったのかも。

父、営業職だったもんで、そのへんクセになっちゃっているんですよねぇ(^^;;;
まぁ、大事をとった、ということで。

でも、痩せないと。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

鬱モード

今夜の父は、鬱モードです。

「はぁ、もうすっかりボケちゃったからなぁ・・・・」
「なんにもわからないし・・・・」

絵を描けば?という促しにも
「そうだなぁ・・・・」とはいうものの
「明日から、スケッチブック持ってでかけるか」と一見前向きな発言ですが、ため息混じり。
「でも、道がわからなくなっちゃうし」
「帰れなくなってしまうかもしれない」
などなど

(とはいえ、夕方に1枚描いてはいるんですけれど)

とにかく、ぶつぶつぶつぶつと、ネガティブな発言を繰り返しています。

いつもなら、ちょっとくらい辛口のジョークでもノッてくるのに、今日は全然ダメです。
どんどんくらーく、おちこんでいきます。

で、ぶつぶつぶつぶつ、と。

まぁ、そういう日もあるでしょう。

ただ、ちょっと気になるのが、最近
「すっかり、ボケちゃって」
「全然覚えていられない」
という発言が目立つことです。

まぁ、だからといって、自分が認知症であることを自覚しているのか、といわれれば、そうではないんでしょうけど。
「覚えてない自分」を意識するのは、アリセプトの影響でしょうか?

明日の認知症の病院は、明後日に予約を取り直しました。
ちょっと、仕事が忙しく、午前中に2件は無理そうです。

しかし、今週は金曜日に、泌尿器科にもいかなくてはならず、今週だけで、3回病院にいかなくてはならないのは、父でなくとも気が重くなるというものです・・・。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

今度こそ!

父が、椎間板ヘルニアと診断されて、犬の散歩に行けなくなって、約1ヶ月ほどが経過しました。
先週の診察では、お医者さんは開口一番
「犬の散歩はまだダメだよ」
でした(^^;;

先週の診察から、薬が弱いものに変更されて、
「この薬で1週間様子を見て大丈夫そうなら、犬の散歩に行っていい」
と言われています。

次の診察は、今度の火曜日。
あと2日です。

今度こそOKが出るでしょうか。

父は、もう犬の散歩に行きたくて行きたくてしょうがないのです。

昨日など、朝行ってはいけないと言ったら、泣き出してしまったほどでして・・・

かわいそうだとは思います。
父にとって、犬の散歩は、大げさに言えば生き甲斐みたいなもんですし。

しかし、ここで無茶をしてまたぶり返すとか、前より悪化とかされても大変なわけですし。

でも、正直、毎日、朝夕2回
「ドクターストップだからダメ」
「今行って、悪くなっちゃったら、一生いけなくなっちゃうかもよ?」
「いけるようになったら、毎日行って貰うから」
などなど
飴と鞭を使い分けて、思いとどまらせるのも、疲れてきました。

今度こそは、「行ってもいいよ」と言ってあげたいです。

関係ないですが、アリセプトによる下痢は、まだあるようです。
まだまだ、油断大敵。
今度の火曜日は、午前中に整形外科と、認知症の病院とはしごです~~
うひー。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

  • 2009-09-12 :

色鉛筆に変えてから

ショートステイの件は、「まだ早いかな」と思ったのですが、hiroさんのおっしゃるように「備えあれば憂いなし」と思いまして、じっくりゆっくりと検討していこうと思います。
来月体験!!なんても思っていましたが、焦らずに、年内くらいにどこかめぼしがつけばいいか~くらいにのんびり選んでいこうと思います。

以下は、最近の父の絵になります。
この前まで、クレパスがメインでしたが、色えんぴつに変わりました。
色鉛筆にしたら、細かいところを描きこめるようになったせいか、すごいです。
なんと、小一時間ほど描いています!

では、順番に。

090901.jpg
猫の雑誌の表紙です。
ちょっと、顔がこわいですが(^^;
体は、複雑なポーズがよく描けていると思います。

090902.jpg
りんごの写真から。
立体感がよく出てると思います。
りんごの茎(?)を描きわすれてしまうのが多いのはご愛嬌。

090903.jpg
風景写真から。
オリジナルの写真とはずいぶん違うんですが、ファンタジックな仕上がりで、私のお気に入りです。

090904.jpg
なかなか愛嬌よく仕上がったのですが、目が斜視なのが残念(^^;
なぜ、ロンパリか。

090906.jpg
夕焼けに富士山のシルエット。夕焼けの色が良く出ています。
本人いわく「雲が多すぎた」だそうです。

090907.jpg
続けてまた富士山。
これは、ちょっとつまらない仕上がりかな・・・

090908.jpg
ブログ仲間の翡翠さんでもお馴染みのカワセミです。
色はきれいなんですが、形がチョコボールのキョロちゃんみたいです(^^;

090910.jpg
こちらは、私が午年の年賀状用に撮ってきた写真を見て描きました。
午年といいつつ、ロバのぬいぐるみなんですが。
これの何がすごいかというと、父が自ら「これを絵に描く」と選んだことです。
これまでは、私が「今日はこれを描こうね」と用意したものだったのに。

090911.jpg
こちらは、趣向を変えて鉛筆画です。
最初、汽車だけ描いて「これでいい?」とか聞くので、背景も描かせました。
わりと悪くない仕上がりだと思います。

以上が最近の父の作品です。
ほぼ1日1作品。

絵を描き始めてから、非常に父のコンディションが良いです。
まず、描いている間は、とても集中しているのでおとなしいです。
描き終わってからは、なんだかんだいいつつ楽しそうです。「いいね、また描きたいな」と言っています。
そして、全体的には、機嫌よく過ごしていることが多いような気がします。

アリセプト服用による「怒りっぽい」のとかも出ていないし。
まぁ、まだ、3mgを服用し始めて10日も経っていませんが。

正直なところ、アリセプトより絵を描くほうが、父の認知症にはよっぽどいい効果があるような気がしてなりません(^^;
この調子で続けていきたいです。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ショート検討中

昨日、体験したデイは、とりあえず様子見ということで利用してみることにしました。
何回か利用してみて、イヤそうならやめさせてもいいし、というようなつもりで。

それ以外には、ショートの検討を本格的に始めました。

今、月・土に行っているデイは、ショートもやっているので、そこに来月いつでもいいのでいれてもらおうかな、と検討しているのですが・・・・

話を聞いてみると、デイとショートは、場所は同じでもシステムが別なんだそうです。
なので、日中もデイとは違うことをやるそうです。
場所も、建物こそ同じですが、フロアが違います。

なじみのある場所でいいだろう、と思ったのですが、そうなってくると逆に父が混乱しそうな気がしてきました。

むしろ、ショートはショートで別のところに行ったほうがいいような??

ショートって、そんな感じなんでしょうか。

できたら、ショートを利用しつつ、日中はデイと同じことを・・・・と考えていたのですが。
ケアマネさんの話では、ショートの方と相談してみて・・・とはおっしゃっていたのですが。

またまた、悩みどころです。
なにぶん、ショートを利用できるかどうかで、今後の介護生活がかかってきますし、慎重に行きたいです。
まぁ、でも、「案ずるより産むが易し」だとは思いますが。今までの経験上。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

新しいデイ

今日は、先日見学に行ったデイサービスの体験日でした。

反応は、微妙です。

とりあえず、「いやだ」とは言っていません。
「ためしに行ってみる?」と聞くと、
「うん、ちょっと行ってみようかな」とまでいいます。

でも、感想は
「みんな年寄りばっかりでさ」
「動かないし」
「おしゃべりもできないしさ」
と、否定的なことが多いです。

うーーーむ。
今日行ったところは、民家を利用したこじんまりしたところで、かつ、水曜日は特に人数が少ないんだそうです。
そして、ここの利用者は、若干「動かない」人の方が多いんだそうです。

うーーーむ。

まぁ、上記のような反応は、今通っている別のところでも言っていることではありますので、とりあえず通わせてみる・・・というのも手ではありますが。
もう少し、人数が多くて活気がありそうなところのほうがいいのかな・・・とか思ったり。

迷えるところです。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ちょっと汚いはなしですが・・・・

父がアリセプトを飲み始めて、6日が過ぎました。
最初の3~4日ほどは、多少下痢があったようです。

それ以外は、特に大きな問題は、今のところナイです。

そして、汚いはなしとは、その下痢のことなんですが・・・

父がトイレから出てきて、着替えようとしています。
パンツを履き替えて、こっそりと
「よごしちゃった・・・・」と。

まぁ、ちゃんと自己申告できますし、パンツも自分で洗うと主張してるくらいですので、いいんですが。

そんなはなしを、昨日兄に「アリセプトを服用し始めた」と報告したついでに話したのです。

そうしたら、
「あぁ、おれもよくやるよ」
だそうです(^^;;;;

兄よ・・・・

腸が弱いんで、よくやってしまうんだそうです(^^;
そう言われてみれば、病院に一緒に行っていたときも、しょっちゅうトイレに行っていました。

そんな感じで、昨日は、和やかに(?)兄に報告できたので、ちょっと気分が晴れました。

兄も最後に
「あんまり、気に病みすぎるなよ。何が起きたって、お前の責任ってことじゃないんだから」
と言ってくれました。

具体的には、何をしてくれるわけでもないですが、
はなしを聞いてくれて、そう言ってくれるだけでもありがたいです。

電話をする時間と、はなしの持っていき方さえ間違えなければ、なんとかなりそうです。
そんな気を使わなきゃならないのも、疲れるのですが、そうしないともっと疲れる事態になるので、致し方ないですね・・・。

やはり、なんだかんだいっても、はなしを聞いてくれる身内、というのは貴重ですから。


テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

少し落ち着きました、そしていろいろ

少し間が空いてしまいました。
暗い記事のまま、しばらく放置してしまいまして、申し訳ございません。
ご心配おかけいたしました。

結論から言うと、まだ医者には行っていません。
というか、一応、父と同じ医者に母も定期的にはかかっているので、今月の定期健診の際、一緒に行って、症状を話してこようかな、と思っています。
とはいっても、月末くらいになっちゃいそうですが。

皆様のコメントを拝見しまして、私もちょっと過剰に反応しすぎているのかな、と思いました。
父のことがあるので、どうしても「もしや!?」って思いがちになってしまうのです。

父の時は「まさか」だったのに。

母の出来ない部分ではなくて、出来ている部分を見てあげないとな、と思っています。

今、父の薬が増えてしまっています。
認知症関係の薬に、椎間板ヘルニアの薬がありますので。
そういった、薬の管理も一応はできています。
薬のチェックシートは私が作ってあげましたが。

家事は、ほとんど母がやっておりまして、ほぼできています。
多少、食材を無駄にすることや、同じ食材を何個も買ってしまうことはありますが・・・
ただ、これは、若い頃からその傾向はありますので、認知症とかそういうものは関係ないような気もします(^^;

同じメニューが続くこともありますが、これも若い頃から・・・・・・(^^;;;
気に入ったメニューがあると、何度も何度も作るんですよ。
さすがに毎日ではないですが、1日おきとか・・・・

お金や書類の管理も、あぶなっかしいですが、一応出来ています。
しょっちゅう、探しまくっていますけれど。

こんな感じで、危なっかしい面はあれど、日常生活は出来ていますので、まだ大丈夫だとは思うんですけどね。
できれば、半日デイをもう1回増やしたいかな・・・・とは思っています。

父の、デイは、もう1箇所をこの前見学に行ってきました。
普通の民家を改造したところで、こじんまりしていて良い雰囲気でした。
父も、体操やらボール投げやら、参加させてもらっていました。

見ていると、新入りのくせに、父はやたらと調子よく仕切ってました(^^;;

そこは、午前中がそういったレクリエーションで、午後は、好きなことをやらせていただけるようで、父は絵を描かせていただけるようです。
今週の水曜日に体験予定です。

そして、今夜の父は、スネモードです。
原因は、食事中に私が叱ったから・・・・
父って、テーブルマナーがひっじょーーに悪く、さぐりばしとかするんですね。
「あ、これ大きい」とかって、一度つかんだものをはなして、別のをとる・・・・という

それを、今日は二度続けてやったので、ついきつい声で
「一度つかんだもの、はなさないの!!」
と言ってしまったら、そこから、スネモード突入

いじけています。
はぁ、もう。

明日は、整形外科です。
おそらく、明日「犬の散歩解禁」となるんじゃないかと期待です。

でも、朝はおそらく出来ないです。
夕方は、モモとサクラだけ持たせて、梅吉は私が持とうと思います。
梅吉は身体も大きく、力もあるので。
それで、しばらく様子をみようと思います。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

7月??

先ほど、母が、お天気模様をみながら
「今年は、6月に雨があまり降らなくて、7月になってから雨ばっかりだわね」
と言いました。

「は??」
と聞き返すと
「まだ7月よね?8月??」
と・・・・・

9月です・・・・・・

あぁ、やっぱ、ダメなんでしょうか・・・・

今年、MRIをとったときに、海馬の萎縮はみられなかったし、長谷川式も30点近かったんですが・・・。

父と同じく脳梗塞のケはあったんで、今は血の流れを良くする薬は飲んでいますし・・・。

確かに、物忘れは目立ってはきていますが、まだ「高齢による物忘れ」の範囲だと思うんですが・・・

とか思っていたら、先ほど、またわけのわからないことを言い出しました。
お友達からいただいたトウモロコシ。
もう、全部とっくのとおに食べ終わっているのに、別のトウモロコシを食べながら
「これ、こないだいただいたトウモロコシ。おいしいわよねぇぇ」
と・・・・・

私、なんか、そんなに悪いことしたんでしょうか・・・
二親とも、認知症とかって・・・・・

でも、まだ、そんなに同じ話の繰り返しが多いわけでないし、日常生活に支障はないし、ちょっと物忘れと勘違いが目立つ程度です。
まだ、間に合うはずです。

また、医者に行ってきます。

どうか、神様、まだ間に合いますように!!!!

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

とうとうアリセプト

今日は、認知症の方の病院に行ってきました。
先月、MRI検査をしたので、その結果も聞きに。

やはり、アルツハイマーを併発していました。
明日から、アリセプト服用です。

とりあえず、3mgを2週間。

効くでしょうか・・・

正直、効くかどうかよりも、副作用の方が怖いです。
怒りっぽくなることがあるというじゃないですか。
それが出なければいいんですけど・・・・。

それが出るようなら、アリセプトが効くのは1年くらいだというし、そんな短期間のために副作用を恐れるよりは、飲まない方がいいような。
高いし<マテ

まぁ、なにはともあれ、しばらく様子見ですね。

どうも、脳血管性にしては、進行しているな・・・という気がしていましたが、やはりそうでしたか。

まぁ、複合型にしちゃ進行が遅い方、とも考えられますし。

昨日、今日はデイがなくて、父が「なにもないのか」を連発してます(^^;
早急に、もう1日デイを増やさねば・・・・


テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

診察結果

先ほど、整形外科の診察をしてきました。
経過は良好で、あと1週間様子をみて、経過がよければ犬の散歩にも行ってもいいかも、と言われました!!

まぁ、行ってみて、またひどくなるようなら、逆戻りですが・・・。

でも、よかったですー。

ただ、朝は最近起きるのが大変そうなので、いっそのこと朝の犬の散歩は、なしにしてしまってもいいかな・・・とは思っています。
うちの犬もいい加減老犬ですので、1日1回で十分という気もしますし。

父は最近は放っておくと、平気でいつまでも寝ているので、朝早くに、犬にえさをやってしまい、適当な頃合に、父を起こして「犬の散歩は済んだ」と言ってしまうのもアリかもしれない・・・と思っています。
うまくいくかどうかは、やってみないとわかりませんが(^^;

でも、そうできれば、母と私の負担もだいぶ減りますので、いいんですけどね~~

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。