スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらいです

前の記事に、コメントありがとうございます。
ひとつひとつにお返事できませんで、すみません。
もうちょっと、落ち着いたらさせていただきます。

だいぶきついです。
食事を取ろうと思うのですが、なかなか喉を通らず。
おなかはすくんですけどね。

睡眠は、導入剤をもらってきたので、寝られています。
できれば、導入剤なしで寝たいです。

精神安定剤も2種類、処方していただきました。

そんなにすぐには効かないといわれましたが。

父の顔をみると、吐き気がしてきます。
ひどい話ですが。

兄に電話をして
「もう少し、顔を出してくれると助かるんだけど」
と言ったのですが
「行ける時は行っている。遊んでいるわけじゃない」
って、いわれちゃいました。

お嫁さんに話を聞いたら、家でも万事そんな調子で、すぐ逆ぎれるそうです。
身内の恥ですが、どうも浮気もしているみたいです。
要するに、外に逃げているらしいです。

兄は、もういないものと考えたほうがいいのかもしれないです。
兄のことで、頭を悩ます余裕は、今の私にはありません。

とにかく、もうすこし体調を元に戻さないと、介護を続けることが難しいです。
お医者さんに通って、薬はいただいているので、あとは無理をしなければ、なんとかなると思うんですが。

このまま、私がダメになってしまったら、どうしたらいいんだろう・・・・とか思ってしまいます。
そうならないようにするためにも、今はあせらず、治していくほかないんですが。

家を出たほうがいいんだろうか・・・とか思います。
どこか近くに部屋を借りて、通い介護にしたほうが・・・・とか。
でも、母を見捨てるみたいで、なかなか踏ん切りもつきません。
スポンサーサイト

ストレス

今日は日曜日で、父は「今日は何もないのか~~」とずっと言っています(^^;
「日曜日もやっていればいいのに」と。
デイの話ですが。

文句もそれなりに多い割には、デイに行くことが基本的には好きなようです。
助かります。

そりゃ、日曜日でも行かせてあげたいですが、日曜日にやっているデイは極端に少ないですし、第一、父はもう週4回行っていますから、介護保険の点数いっぱいです。

それはそれとして。
昨日、テレビでストレスの原因について、脳科学の先生が少し話していました。
ストレスの原因として
人間は、未来を想像してしまうので、ストレスがあるのだ、と言っていました。
つまり、悪いことを考えてしまうので、不安になり、ストレスとなる、ということです。

あー、確かに、と思いました。
認知症の介護生活は、いつ何が起きるかわからないし、また、いつ終わるのかわからないので、将来に対する不安が大きいです。
それがストレスになるんですよね。

昨日、今日と、ちょっとウメ吉のこともあり、非常にストレスを大きく感じていて、体調が悪いです。
先日まで飲んでいた精神安定剤が、身体にあわなくなってきたせいもあるとは思いますが。

余計なことは考えまい、先のことを不安がっても仕方がないと、頭ではわかっているのですが、どうしても不安感がぬぐえず、気分が沈みがちです。

自分でいうのもなんですが、父の介護は、けっこう適切な対応をしていると思いますし、その証拠に、ここのところ父の調子も良いです。
まぁ、たまーに、調子悪いこともありますが。

ウメ吉のことだって、退院させるときに不安に思ったほど、父はワケわからないことは言いません。
ときどき、「(家の中で)おしっこしちゃわないかな」とか言いますが、「だいじょぶよー、ちょこちょこ、おしっこはさせに表出しているから」というと、すぐ安心します。

でも、たぶん、以前に「中に入れておくことなんかない!!」と強行に言われたことが、私の中で強く残っていて、現在、それがないにもかかわらず、またああいうことがあるんじゃないか、という不安にかられてしまうんだと思います。
一種のトラウマでしょうか。

明日、精神科のお医者さんにかかる予定ですので、新しい別の薬を処方してもらってなんとか乗り越えようと思います。

普段のことだけだったら、大丈夫なのに、ちょっと別のことがあると、すぐに心のキャパシティをオーバーしてしまって、自分がいかにギリギリのところでやっているのか、思い知らされます。
もう少し、上手に、気持ちのコントロールが出来るようになればいいんですけれど。


テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

犬の介護 人間の介護

昨日は、父、ウメ吉が家の中にいること、そんなに騒いだりしませんでした。
やれやれ、助かります。
このまま慣れてくれることを祈るばかりです。

ウメ吉も、フラついてはいるものの、気力はあるようで、ちょっと用足しに家の周りを軽く散歩させると喜ぶというか、もっと行きたがります。
フラフラしているんですけどね(^^;

もう少しフラつかなくなったら、散歩にもいけるかも・・・なんて思っています。
本当は、あまり行かせないほうがいいのかもしれないですが。

でも、何が犬にとって幸せなのか、考えてしまいます。
犬には、体の具合が悪いから、大事を取ろう、とかわからないです。
散歩に行きたいという気持ちを押さえつけてまで、長生きさせることが、果たして犬にとっていいことなのか、わかりません。

この冬をなんとか乗り越えられたとしても、やはり、そう長くないことに変わりはないでしょう。
そう考えると、なるべく好きなようにさせてやりたいな、と思うのです。

これって、人間でも同じですね。
父は、今のところ、好きなことを好きなように出来ています。
本人は、もっと好きなこと、つまり働いてお金をもらうことをしたいようですが(^^;
それは無理にしても、絵を描いて、犬の散歩に行って、音楽を聴いて、とやれています。

私にできることは、そうやって、穏やかに生活を続けさせること、それだけです。
どういう風に、この生活が終わりになるのかわかりません。
認知症患者には、いつ何がどう起きても不思議ではないです。

そのときに、どういう選択を強いられるかは、わかりません。
でも、相手が犬であっても人間であっても、本人が一番したいことを少しでも続けられる、そんな選択が出来れば・・・と思っています。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ウメ吉退院しましたが・・・

今日、ウメ吉が退院してきました。
ウメ吉の見舞いついでに、ちょっと大型ショッピングモールに両親連れて行こうかと思って出て行ったのですが、「つれて帰って良い」ということなので、急遽予定変更。
そのまま帰りました。

入院したときのような、頭がぐらぐらと動いてしまうのはおさまって、ある程度ご飯も食べられるようになったのですが、やはり元気とまではいかないようです。
立っているとフラついてしまいます。
お医者さんには、玄関でもいいから、外の風が当たらないところに入れておいてあげてください、といわれました。

自宅療養となったわけですが、これからが大変です。
父が、「外に出せ」とか言わないか、無理に散歩に連れて行ってしまわないか・・・

とりあえず、帰ってきてすぐ玄関にシートと毛布を敷いて寝かせましたので、今のところ、父は何も言ってません。

というか
「ウメ吉、いつ帰れるのかなぁ」とか言う始末で(^^;
「つれて帰ってきて、玄関にいるよ」というと「あ、そうか~」と言っていますんで、今のところは大丈夫ですが。

あとは、散歩に連れて行ってしまわないか・・・ですね。

正直なところ
この冬は、もう越せないんじゃないか・・・・というような気がします。
わかりませんが。

父が、変なこと言い出さなければいいんですが、正直、父の面倒と犬の面倒の両立は、ちょっと厳しかったりします。
どちらかを優先しなくてはならないとしたら、父を優先するほかないんですが、もう死が近づいている犬に満足なことをしてやれないのは、やはりつらいものがあります。

祈るは、父が「ウメ吉が衰えていて、外に出すのも、散歩も無理」ということを受け入れてくれることばかりです。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

叔母からのメール

今日、叔母(母の妹)から、メールをもらいました。

先日の、母のお出かけのことで。
いったんは、「今日はやっぱり調子が悪いからやめる」と言ったのに、「やっぱり行く」といったのは、私がぎゃーぎゃー言ったというのが、わかったようです(^^;

「久しぶりに、姉妹でお墓参りできたのも、絵莉ちゃんが背中を押してくれたから」
「また、『久しぶり』にならない程度に姉妹でおしゃべりをしたい」
とありまして、思わず涙ぐんでしまいました。

母には、本当に本当にそういう時間が必要なのだと思います。
毎月は難しいと思いますが、せめて2~3ヶ月に1度でも、実現させたいと思います。
今度は、母の方から、叔母を誘えとお尻を叩こうと思います。

父の方は、先週の土曜日に別のデイを体験させていただいたんですが、そこでも和やかに談笑していたそうです。
どうやら、木曜日のデイと一緒の方がいたそうで。
ならば、土曜日のデイをそこに入れ替えてしまってもいいかな、と思っています。

父に「あそこは、ヒマそうだから、ほかのところに変える?」
と聞いてみるのですが、そういう「提案」に対しては、父はほとんど
「いいよ」
と積極的にはなりません。

こういう場合は、こちらの判断でやってしまったほうがいいんですね。
大抵は、受け入れてくれますし。

たまに「やめる」みたいなことを、口にすることがないわけじゃないですが、
基本的には、おとなしく楽しく通ってくれるので、本当に助かります。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

布団の上下

ちょっと間があきました。

土曜日は、仕事の打ち合わせで久々に東京に出て、ついでに仕事仲間と飲み&カラオケしてきました。
たまたま入ったお店の牛すじ煮込みがすごい美味しかったです。
良い息抜きになりました。
たまにはいいですよね。

日曜日は、TSUTAYAで借りてきたマンガをひたすら読むという自堕落な1日でした(^^;
たまにはいいですよね。

今日は、母が、母の妹とお出かけでした。
先週に予定が立っていたのに、いざ今日になって「やっぱやめる」というのを、
「きーーーーーっっっ!!!なんでそんななの!!!」と怒りまくり、無理矢理行かせました。
帰ってきて、「楽しかった」と言ってました。
よしよし。

この前、父の布団を冬用の布団に変えたのですが、宣言通り布団カバーも変えました。
スティッチのに。
75歳のじーさまが、スティッチの敷きパッドに、スティッチの掛け布団で寝ております。

布団のことでは、ちょっと悩みというほどのことでもないですが、
毎日、父は「布団はどっちが上(頭の方)だったっけ?」と聞くので、
布団にフェルトで「上」とアップリケをしました。

091109_1847~0001

これで、イチイチ聞かなくてもわかるでしょう。

これを縫いつけながら
「いつまで、自分でお布団を敷けるのかなぁ・・・」
と考えていました。

  • 2009-11-05 :

WEB個展 part5

おまたせいたしました?
父の絵のWEB個展です。
早くもpart5
父は、絶好調で描き続けています。
とはいえ、若干ペースダウンしたかもしれないです。

091016.jpg
こちらは、若干色が違ってしまいましたが、ヤマセミです。
あいかわらず背景を暗くしがちです。

091018.jpg
猫です。若干顔がこわくなってしまいましたが、体はよく描けているかと。
トラ猫なんで、年賀状候補として描かせたのですが、ちょと顔が怖いので年賀状には使いません(^^;

091019.jpg
こちらは、外に散歩に行って描いてきたものです。
クレヨンで描いてきたのですが、なかなか可愛らしく描けていると思います。

091020.jpg
こちらは、散歩で拾ってきたカラスウリと落ち葉。

091021.jpg
アルプスみたいな山の絵なんですが、ちょっとわかりにくくなってしまいました。

091023.jpg
こちらは、ハロウィンイベントにあわせて(?)カボチャです。
かごの中が面倒くさかったのか、なかなか描きあがらなかったのですが、最終的にはかなりきれいに可愛らしく仕上がったかと思います。
私のお気に入りです。

091024.jpg
沖縄の海です。
本当は、船も模様が入っていて沖縄の船って感じだったんですが、省略されてしまいました(^^;
でも、明るくて、気に入っています。

091025.jpg
中原純一さんという画家さんの模写です。
父はこの方が大好きで、昔はよく描いていました。
母いわく「昔はもっとうまかった」ということですが、それは言ってもしかたないことですよね(^^;
これでも、まあまあ描けていると思います。

091026.jpg
遠近感が良く出ているかと思います。

091028.jpg
ひまわりとかまきり
ひまわりの花びらがやたらぼさぼさしているのが気になりますが・・・

091029.jpg
こちらは、父のお気に入り。

091030.jpg
はすの花です。
上のひまわりと同様、花びらがぼさぼさです。
なんで、こんな毛っぽくしちゃうんでしょうか・・・

091031.jpg
こちらも、中原純一さんの模写。
首のところが、タートルネックのセーターになっているのは、父のオリジナルです。
帽子とちょっとあってませんが(^^;

091102.jpg
こちらは、いまいち気が乗らなかったのか、ちまちまと描き続けた果物屋さん
気が乗らなかったのか、最後まで「描きかけ」な感じで終わりました(^^;

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ウメ吉入院

ウメ吉がまた入院です。
今朝から具合が悪く、フラついてしまい、ご飯もたべないので、医者に連れて行きました。

人間でいうところの、脳卒中だそうです。
ゆうべから、急激に冷え込んだので、そのせいかもしれません。
もうちょっと、気をつけてやればよかったです・・・。

文字通り、目が回ってしまっており、気持ち悪くストレスになっているとのことです。
確かに、みれば、目がぐるぐると動いています。
こんな状態ではご飯も食べられないわけです。

春に入院させたとき、あまりにも入院期間がのびてしまったし、その間、父があまりにうるさかったので、もう入院させるのはやめようかと思ったのですが、目が回るのがおさまるまで絶対安静ということでしたので、入院させました。
先生は通いでもいいとおっしゃってくれたのですが、家にいたら、父が散歩につれていこうとしてしまいますので、安静が保てるかわかりません。
せめて、食事できるようになるまでは、と思い、預けてきました。

これからしばらく、父の
「ウメ吉はいつ帰れるの?」につきあわなくてはなりませんが、仕方ないですね。

犬が3匹とも14歳
猫は7歳
両親が、74歳と75歳

まだ、いちおう「若い」部類に入るのは私だけです・・・・
やれやれ。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

食事介助

食事介助の必要が出てきました。
とはいっても、父のことではなく(^^;

犬のことなのです。
夏くらいから、サクラが食事を残すようになりまして。
暑いから、食欲がないのかな・・・くらいに思っていたんですが、涼しくなってもまだ残します。
しかも、残すのはドライのほうばかりでして。
缶詰のほうは食べるんです。

贅沢病か?
とも思ったんですが、どんどん痩せてきちゃうし。
しかたなく、缶詰を多めにしてやっていたんですが、それでも、ドライは残してしまいます。

しかし、食べている様子をみていると、どうにもドライは食べにくそうに食べています。

ハタと気がついて、今度は、ドライにお湯をかけて完全にふやかしてからやってみました。
したら、今度はきっちり食べました。

歯が悪くなっていたんですねぇ。

うちの犬も、もう14年になり立派な老犬です。
介護が必要なのは、人間だけではないようです(^^;;;;

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

絵を描くのはいいのだけれども・・・

相変わらず、父は、ほぼ毎日絵を描いております。
(近々、またWEB個展しますね)

毎日、小一時間はおとなしく描いているので、父にとっても、私と母にとっても「父が絵を描く」というのは、とてもよいことです。

ただ、ちょっと困った・・・というか、「なんで??」ということが、しばしば起きます。
父は、自分の絵に、なぜか私の名前を書いてしまうのです。
しかも、右下に、署名のように。

「なんで、自分の名前を書かないの」というんですけどねー
なんのつもりなんだか・・・・
正直、ちょっとイラっとします。

なんどか、「私の名前書かないでよ」って言ったんですが、
へそまげて
「じゃぁ、いいよ。今度から書かないから」とムクれてしまい・・・
そして、また書いてしまうので、イライラしつつも無視するようにしているんですが。

なんか、父の感覚からすると、
私が、これ(写真とか)を描かないか、といわれるので、
私から、発注されている、というような感じらしいんですが・・・・

たかだか、名前の問題。
でも、絵の署名ですからねぇ。
描いてもいない絵に、勝手に署名されるのは、正直、気持ちよくないです。
でも、言ってみても無駄。
仕方ないので、スルーします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。