スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またちょっと間あきます

また、仕事が詰まってきました。
年度末進行ってやつです(^^;

せっかく復帰できたのに、またちょっと間があいてしまいそうです~

季節の変わり目ですので、みなさま体調管理にお気をつけくださいね。
私も気をつけます。

花粉症がちょっと出てきて、つらいです。
花に塗る花粉ブロック、効きます!!
スポンサーサイト

最近の父の状態

ちょっと、介護記録的なことを。

やはり、最近父の具合が進行しているのかな・・・と感じます。
短期記憶障害が、とにかく悪くなっているのは、まぁ仕方がないとして。

父が話していることが、なんだかわからないことが増えました。
もちろん、まだ普通に会話できることもあるのですが、何を言っているのか不明なことが増えてきたな、と。
そういうのは、大抵、半分は独り言のような感じなので、特に返事しなくても大丈夫なんですけれど。

時間の概念も、以前にも増してあやふやになっています。
あらぬ時間に、犬の散歩に行こうとしたりしますし。
犬の散歩も、長かったり短かったり不安定になっています。
どうかすると、1時間近くかかったりするときもあれば、20分程度で帰ってきてしまったりします。
犬は老犬なんで、短い分にはかまわないのですが、さすがに連れているのが健康なモモだけとはいえ、1時間は長すぎます。
モモだって、15歳なんです。

絵を描く集中力が衰えてきたなと感じます。
以前は、1時間近く描いていることが出来たのに、今はせいぜい30分程度です。

それと、こないだも書きましたが、徘徊の危険性が出てきました。
安心ナビでなんとかしのいでいますが、これからますます気をつけないといけないなと感じています。

あと、困ったこととしては、便失禁・・・というほどひどくもないんですが、ちょっと漏らしてしまうことが目立ってきました。
どうも、少しおなかが緩めらしくて、ちょびっと汚してしまう、という程度なんですが。
父も恥ずかしいらしく、きちんと申告されないのが困りものです。
尿漏れパッドというのはありますが、便漏れパッドってないですよね。
生理用ナプキンで代用でしょうか!父に生理用ナプキン(笑)
でも、おなかが緩いのは根本的解決が必要ですよね。

アリセプトを飲ませ始めて、半年。
もう効き目があまりなくなってしまってきたのでしょうか・・・

ここには、悪いことばかり書きましたが、もちろんまだ出来ることもたくさんあります。
集中力が衰えたとはいえ、まだ毎日絵も描いていますし、会話だって普通にできる方がまだ多いです。
冗談も言います。
足腰は、椎間板ヘルニアなどどこ吹く風という感じです(再発が怖いんですが)
なので、悪いことばかり考えても仕方ないですけれどね。
やはり、どんなに頑張っても進行してしまう病気なのだなぁ、と実感しています。

デイサービス決断

以前から、お医者さんとケアマネさんに、デイサービスを週6にしてはどうか、と薦められていました。
通勤感覚で、デイに行ったほうが、父にはあっているんじゃないか、ということで。
介護保険の範囲では、まだ週4が精一杯なのですが、1箇所医療保険で行けるところがあるのです。
そこを医療保険にしてしまえば、週6も可能なのです。

父自身も、デイがない日は「今日は何もないのか~~(がっかり)」という感じだったので、日曜日はともかくとして、ほかの日は、全部デイを入れてしまってもいいかな・・・とは思う一方、「そんなに?」という気持ちも強く、なかなか踏ん切りがつかなかったのですが。

今回、サクラが逝ったことで、若干、父が情緒不安定になっているのと、デイのない日は必ずサクラのお墓参りに逝きたがること、また、犬のことをこれまで以上に気にするせいか、昼間でも犬の散歩に連れて行きたがることなど、いろいろ考慮した結果、デイに行って貰ってしまったほうが安心と、決断いたしました。
もし、それでうまくいかないようでしたら、いつでも元に戻せるわけですし。

ただ、医療保険のほうも、申請が必要なので、その手続きに半月くらいはかかってしまいそうなので、今すぐというわけにはいかないのですが。
来月、定期健診のときにお医者さんで申請をお願いしてこようと思います。

そして、週6デイになると、母がひとりになってしまう時間がやたら増えてしまうので、私と母で、書道を習いに行ってみようかな・・・と考えています。
父がこうなる前まで、母は書道をやっていたのですが、それはやたらとたくさん漢字を書くやつでして、もうちょっと今の母には荷がおもくなっているので、もう少し自由な書道がいいかな、と。
それでしたら、私自身も楽しめそうですし。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

  • 2010-02-22 :

WEB個展 part6

大変、お待たせいたしました?
父が書くのが早いか、私がアップするのが早いか、という感じになってきました。
まだまだ、たまっております~~

もうけっこう前のなので、一部覚えていないのもありますし、私のコメントはなしで、だだーっといきます。

091204.jpg

091206.jpg

091207.jpg

091213.jpg

091214_2.jpg

091215.jpg

091216.jpg

091217.jpg

091217_2.jpg

個人的に気に入っているのは、下から4番目のお花が並んでいる絵です。
こまごましているので、めんどくさくなってしまうらしく3~4回にわけてやっと書きあがったのですが、父にしてはめずらしく明るくまとめてきて、なかなかかわいらしく仕上がったと思います。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

安心ナビで安心

昨日、父が夕飯直前くらいに、機嫌を損ねまして。
何が原因か歯、ちょっとよくわからないですが、ストーブのことで母の応対がよくなかったらしく、久々に怒鳴りまして・・・。

外に出て行こうとするので、
「もう、ごはんだよ」
と、声をかけたのですが、
「いらねぇ!!」
と、言うので、これは引き止めるだけ無駄だな・・・と思いまして
「ちょっとだけまって」
と言って、ケータイを持たせました。

安心ナビという、ケータイの位置確認ができるサービスに入っているので。

それで、ちょこちょこと確認してみていたところ、ずいぶん遠くまで歩いていってしまっている様子でした。
で、案の定、なんだか右往左往していて迷っている模様。

1時間半ほどしても戻ってくる様子がないので、迎えにいきました。
結構、遠いので車で。

とはいえ、ケータイで位置確認しながらなので、いちいち車を止めなくてはなりませんし、なかなか大変でした。
このへんか・・・?と思しきところで、車を寄せてチェックしたところ、すぐ近くにいると判明。
車をUターンさせきったところで、ヘッドライトの明かりの中に父がいました。

クラクションをプップと軽く鳴らすと、父もすぐ気がつき、すぐに助手席に乗ってくれまして。
「いやぁ、道わかんなくなっちゃってさぁぁ」
と、出かけたときの機嫌の悪さはすっかり忘れた様子で話しています。

「お店で、駅はどっちか、って聞いたんだけど、よくわからなくて」とか言ってます。
そりゃ、そうでしょう。
そのあたりは、どの駅からもかなり遠い位置にあるんです。

家に帰ってからも、興奮冷めやらぬ様子で、「いやー、だめだねぇ。暗くなっちゃうと」と繰り返しています。
「暗くなってから、遠く行くのやめてね」
といったら
「うん。絵莉ちゃんも大変だし、何より自分が大変。もう二度としないよ。」
と、殊勝な様子でしたが、たぶんまたするでしょうね(^^;

でも、安心ナビに入っていて、初めて安心ナビが役に立ちました。
うまくケータイを持たせられれば、問題はないんですけどね。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

サクラが逝きました。

久々の記事で、こんな内容でなんですが・・・・
うちの犬、サクラが2月14日午後10時30分頃に逝きました。

ずっと医者にかかっているウメ吉ではなくて、サクラが先に逝ってしまうとは青天の霹靂(?)でした。
確かに、夏くらいから食欲が落ちて、痩せてきてはいたのですが・・・
医者に連れて行って、ちょっと持ち直したかと思ったのですが、想像以上に体力の衰えがきていたようです。

亡くなったその日は、もう何も食べることもできず、水も飲めませんでした。
お医者さんに、「脱水症状起こさないよう水だけは飲ませて」と注射器をもらってきたのですが、それでやっても、戻してしまっていました。

お医者さんに「吐くことがあったら、もうおしまい」と言われていたので、その時点で覚悟したのですが。

苦しいのか、眠ることもできないようで、ただ暖かくしてやって見守るしかできませんでした。
朝までもつかどうかと、寝ずの番を覚悟したのですが、早い時間に私の目の前で息を引き取りました。
もしかすると、私が徹夜をしないでいいように、気を遣ったのかも・・・。

3匹いる犬のうち、サクラは一番性格のいい子でした。
優しく気遣いのできる子でした。
姉のモモは、すごいワガママな子なんですが(^^;

正直いって、3匹飼うのは大変でしたし、老犬になってきて病気もあり手がかかりました。
でも、やはり3匹が2匹になって寂しいです。

父は、サクラの死を、覚えているときと覚えていないときとあります。
「サクラ死んじゃったんだよな・・・。いい子だったのに」
と言ったそばから、
「犬が2匹しかいない」
と言う事もしばしばです(^^;

しばらくは仕方ないでしょうね。

サクラの分も、ウメ吉とモモには長生きしてもらいたいです。
といっても、サクラも15歳だったので、けっこう長生きだったのですが。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。