スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のニセ記憶

また、ちょっと間があきましたが。

最近の父は、以前にも増して偽記憶が増えているような気がします。
とはいっても、些細なことばかりで、「南極物語」ほどおもしろいのはないのですが。

ニセ記憶その1
テレビを見ていると必ず「ここは行った事がある」と言う。
それが海外でも(父は、ハワイにしか行った事ないです)

ニセ記憶その2
出かけると必ず「このあたりに、友達の家がある」と言う。
特に、看板や表札などが出ていて、その名前が知り合いと同じだったりすると絶対。

ニセ記憶その3
出かけると必ず「このあたりを買おうかどうか迷った」と言う。
これは、実際に今の家のある場所を買う前に、いくつか検討した場所があるらしいので、一部本当のこともあるよう。

ニセ記憶その4
家にグランドピアノがあった、と言う。
アップライトピアノは確かにありました。誰も弾かないので、売っちゃいましたが。
グランドピアノ、どこに置くっちゅーねん。

ニセ記憶その5
以前は、食卓は丸いテーブルだった、と言う。
ここに住んで以来、一度も食卓がいまのと変わったことはないです。

最近、目立つのはこのあたりでしょうか。
どれもこれも、「あー、そう」と流していますが(^^;
南極物語ほど、突拍子もないのがないのは、ちょっとつまらないですね<おいおい

記憶の話とは関係ないですが、昨日今のエアコンを交換しました。
3時くらいに工事の方たちが来て、父がデイから帰ってもまだ終わっていなくて、
「なんで?」とか
「前のダメになっちゃったの??」「全然知らなかった」
などなど、ちょっぴり納得いかず不機嫌だったのですが、すっかり取り付け工事も終わり、新しいエアコンが動き始めると
「静かだねぇ」
「あれ、きれいだねぇ」(新しいエアコンは、筐体に温度や風向きが光って表示されます)
などなど、大変ご機嫌でした。

なんでも、買うときは「いらない」「もったいない」と言う父ですが、実際に新しいものの良さを目の当たりにするとご機嫌なのは、助かります(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

10年前、10年後

実は、今日、誕生日でございます。
とはいうものの、父は当然のことながら、母ですら忘れているんじゃないかと思うんですが(^^;
まぁ、とりあえず、あとで自分でケーキくらい買ってこようと思います。

とうとう、30代最後の年となりました。
30歳になったときには、30代最後がこんな風になっているなんて思いもよらなかったですが。

かといって、30になったときに、どんな風な30代最後がくるかどうかなんて、何も考えていなかったわけですが(^^;
結婚するかなぁ・・・とかはさすがに全然考えなかったわけではないですが。

まさか親の介護をしていようとは、まさしく想定外だったわけです。

それに比べると、今はやたらと将来のことを考えます。
父のこと、母のこと。
そして、自分のこと。

普通なら、もっと早くに家を出ているのでしょうが、今は介護があるので家を出たくても出られないという状況です。

で、ふと考えるのが、両親がいなくなったあとのことです。

介護からは開放されることになりますが、すごい寂しいだろうなぁ・・・と思うわけです。
あとどれくらい先になるかはわかりませんが。

とはいっても、いまからそんなこと考えて暗くなってもしょうがないですけどね。

去年の誕生日は、大変でした。
父が、椎間板ヘルニアで寝込んでしまって、誕生日どころじゃなかったですし、2,3日とはいえ、寝たきりになってしまった父が精神的に不安定で、こちらもそのあおりを受けてしまいましたし。

それに比べたら、今年の誕生日の平和なことったら。

認知症は、どうしても進行していってしまう病気ですが、なるべく平和に平和にいけたらいいなあと、そればかり願います。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

  • 2010-08-09 :

WEB個展 part7

お待たせしました?
WEB個展です。
先日も書きましたが、今年の5月くらいから、写真を見て絵を描くより、イラストを見て描くほうが圧倒的に多くなりまして、ほとんどが模写になります。
しかも、集中力が衰えてきているせいか、未完成のものも増えています。
その中から、比較的マシなものを載せております。

a1_0001.jpg
こちらは、佐々木マキさんの「ぶたのたね」という絵本から。

a1_0002.jpg
こちらは、NHK教育の「リトル・チャロ」から。
父のお気に入りです。

a1_0003.jpg
絵本「ぼくのぱん わたしのぱん」(神沢利子 林明子)から。

a1_0004.jpg
絵本「ムッシュムニエルのサーカス」(佐々木マキ)から

a1_0005.jpg
「ぐりとぐら」(なかがわりえこ作/やまわきゆりこ絵)から

a1_0006.jpg
ポケモンから。なんのモンスターなのかは、私はポケモンがわからないので(^^;
当然のことながら、父もわかってません(笑)

a1_0007.jpg
スージーズーから
こちらは、最近の私のお気に入りです。
かわいいもの好きな父も気に入ってますが。

a1_0008.jpg
おなじく、スージーズーより。

と、こんなかんじです。
父が、自分で「うまくかけた」と感じると、何度も何度もそれを見せては「かわいいでしょ?」と言います(^^;
最初のうちは「うんうん!かわいいねぇ~」と言っていますが、だんだん「うん」だけになるのは許してください(^^;
  • 2010-08-05 :

絵を描く集中力

昨日の記事には、父の絵のことを全然書きませんでしたね。
今でも、父は、絵を描いています。
ただ、前のように写真を見て風景を描いたりはしなくなりました。
今、描いているのは、主にキャラクターものや絵本のイラストが多いです。
どうやら、物の形を捉えるのが、困難になってきたようで、シンプルな線の絵でないと描けなくなってきたようです。

そのせいか、一時は集中力が衰えて、15分くらいしか描けなかったこともあるのですが、絵の路線を変更してからは、30分くらいは描けるようになりました。
それでも、去年は1時間くらいは描けていたのですけれど。

デイの方々に話をうかがったところ、やはり集中力は衰えているようです。
前ほど、長時間は描いていられないとおっしゃっていました。

やはり、徐々にですが進行はしているようですね。
こればかりは、避けられないですが。
今のところは、進行はしているものの、それほど大きな問題はないので、よしとします。

そんなわけで、集中力こそ衰えているものの、描き続けてはいますので、WEB個展をしようと思えばできるのですが、版権もののイラストが多いので、そのあたりちょっとどうなんだろう・・・という懸念があります(^^;

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ごぶさたしておりました

長らくご無沙汰しておりました。
長期間の放置で、ご心配をおかけした方もいらっしゃると思います。
ごめんなさい。

特別、大きな問題があったわけではなく、なんとなく復帰しそびれていただけです(^^;

書いてなかった間に起きた事で覚えていることなど、つらつらと書いてみます。

夜に父が散歩に出かけて、迷子にはならなかったんですが、縁石に躓いて転んでケガをしたことがありました。
そんなすごいケガではなかったんですが、顔を打ちまして、しばらく腫れていました。
縁石をまたいじゃうんですよね・・・
それに、ポケットに手をつっこんで歩くクセもあるので、それで顔からつっこんだのだと思います。
「危ないから」と言っても、覚えていられるわけもなく・・・・
仕方のないことですかね。

5月に、介護保険の更新は無事に済みました。
今回も、要介護1でした。
特に、肉体的介助が生じない限り、1なんでしょうね。
まぁ、それはそれで、かまいません。
今までどおりに、デイサービスが利用できれば問題なしです。

それと、サクラに引き続き、ウメ吉が逝きました。
食欲だけはあったので、もう少しもつかと思ったのですが、立ち上がることができなくなり、一気にがくんときたようです。
2日ばかり入院させたのですが、退院させて、家に帰ってきた途端に息を引き取りました。
お見舞いに行ったとき、やたらと吠えるので、どうしたのかなと思ったのですが、もう持たないことがウメ吉にはわかっていたのでしょうね。
家に帰りたかったんだと思います。
ギリギリでしたが、家で看取れてよかったです。

我が家の犬も、とうとう残るはモモだけになりました。
こちらも老犬ではありますが、幸い健康ですので、こちらはあと何年かは大丈夫・・・だと思います。

ここ最近での一番大きな問題は、父の便失禁です。
毎日ではないですし、そんなに大量というわけでもないのですが。
お医者さんに相談してみたところ、おそらく認知症のせいで、便意や排便感覚が鈍ってしまっているのだろう、ということでした。
確かに、便を失禁してしまっても、しばらくそれに気がつかないんです。
む?なんかにおうぞ・・・と確認すると出てしまっている、という感じです。
一応、肛門括約筋を締める体操もさせているのですが、感覚そのものが鈍っているとすると、治る見込みはなさそうです。
かといって、オムツをさせるのは、まだ無理そうですし・・・
ネットで調べたところ、便失禁にも対応したパンツがあったので、とりあえずそれを1枚注文してみました。
それでうまくいけばいいのですが、サイズがちょうどいいのがないのと、窓がないので、父がイヤだという可能性があるのが心配です。

もしダメなら、便失禁対策パンツを自作しようかと考えています。

そんなこんながありますが、なんとかやっております。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。