スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症であることの自覚

コッコさんのところで、「認知症であることの告知」という話が出ていたので、ちょっと思い出したことを書いておこうと思います。
さっき書いたのはただの愚痴だったし。

2007年の11月か12月のこと。
父が認知症かどうかという診察を受けさせることが決まりました。

前にもちょっと書きましたが、父が「楊枝を飲んでしまった」と言い張るので、じゃぁ医者へ行こう、となり、滅多に医者に行きたがらない父を医者に連れて行けるなら、いっそ認知症の受診をさせてしまえ!!ということで、「どうやって医者に連れて行こうか・・・」と悩んでいた問題が実現可能となったのです。

楊枝を飲んだこととは全然違う診察を受けるのですから、騙したまま連れて行くのはどうなのか・・・?と思い、「ちょっと最近物忘れも多いから、それの診察もついでにしちゃうからね」と、思い切って言ってみたところ・・・・

やはり、強い拒否反応にあいました(^^;
医者に行かない、とは言わなかったのですが、こちらの言うことをすべて否定されまくりでした。

父「そんなに、忘れちゃう?」(ちょっと怒り気味)
私「うん・・・・。話していたこととか、5分前のこととか忘れちゃってるよ・・・」
父「重要じゃないことは、イチイチ覚えてない!!」
私「・・・・・・・(だからって、5分前に言ったこと忘れるか、普通。しかも何回も)」

母「それに、やたら物音に神経質になってるし」
父は、そのくらいから、ちょっとした物音にも「なんだ?なんだ?」と反応するようになってました。
そして、その物音が明らかに「冷蔵庫の音」だったりとか「隣の家で雨戸を閉めた音」だったりすることがわからないんです。
父「心配なんだよっっ!!泥棒とか不安なんだっ!おまえ達にはわかんねーんだよっっ」

こんな感じで、こちらがおかしいと感じることに、すべて「理由がある」と片付けられそうになりました。

最後は泣き落としました。
「うん、そうかもしれないけどね。ちょっと不安だから、なんでもなければいいんだし。ね。安心させると思ってさ」と、口説き落とすような感じで、家を出たのです。

で、車で10分ほどのお医者さんへ。

つく頃には、なんで医者に来たのか、覚えてませんでした(^^;;;;


なんで、父に認知症であることを告げても、たぶん忘れちゃうと思うんで、あえて言おうとは思いません。
また、つよい拒否反応を引き起こすだけで、それで忘れちゃうんですから、疲れるだけです。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

受診する為に 心配だから・・・と きちんと納得して
貰った上で病院へ連れて行かれた絵莉さん立派です。
もし私だったら・・・と思うと きっとうまく行かないかもしれません。

認知症告知は 私の考えとしては その方の性格にも
依るし 告知する事が良いとは言い切れないと思います。
確かに 告知する事でのメリットはあるのだと思いますが
一概に 良いとは言えないですよね。

難しいですが

若年性はまた別だと思いますが、ある程度の年齢になってからは本人に告知しなくても良いようにも思います。
絵莉さんがおっしゃるとおり、ご本人はそれも忘れてしまうでしょうし、わざわざ本人にとって辛いことを分からせなくても良いように思います。難しいところですが・・・

>>kayoさん
「認知症かどうか診察を受けさせる」って、一番最初のハードルなんですよね。
ここで躓いてしまう方も、少なくないです。
物の本には「騙すのは良くない」とあったりもしますが、臨機応変だと思います。

>>翡翠さん
そうですね、若年性の方はけっこう自覚しておられる方もいらっしゃいますね。
でも、高齢者は難しいですよね。
今日もお医者さんで、「とにかく、毎日楽しければそれが一番だから」と言われました。

ウチも難題です

はじめまして。
コッコさんのとこから参りました。

うちはばばが認知症、介護度3です。3ヶ月前までは自宅でみてましたが(それでブログもはじめたのですが)、私自身が入院したりでついにばばは施設で看てもらう事になりました。

告知ということについては、やはりご本人の性格によってかな、と思います。
年をとっても、物忘れにもメモを持ち歩いたりして対策をしようとされる方もいますし、ただただ自分にイラついて悪くするばかりの方もいらっしゃいますし・・・。

じじも実は長谷川式のテストで18/30点でした。普通の人なら20点は取れるのに、です。ビミョーなとこです。今年のテストが怖いです・・・。
でも、硬膜外出血をしたことがあるので、イザとなったら、その疑いがあるって行ってCT撮りに行こうかと思っています。告知は・・・迷ってます。

今は薬でだいぶ症状が緩和できますもんね。まだ初期ならば、ほんとは告知して本人の前向きな強力が欲しいところです。

コメントありがとうございます。

>>reeさん
いらっしゃいませ~。
難しいですよねぇ。
父は、もう告知は間に合わないところまで来ちゃったのかな、って気がします。
言っても、絶対覚えてないし・・・
ただ、前は病院とかすごいダメだったのに、最近は医者に行き癖がついたのか、素直に行ってくれるのがありがたいです。
薬も「なんのくすり?」とか聞きつつもちゃんと飲んでくれますし。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。