スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余ってるなら・・・

先ほど、夕刊を見てびっくりしました。
介護保険料、自治体の6割「余剰」 利用見込み下回る
余ってるんですか・・・・

意外と、利用されてないのですか??
必要でない、わけではないですよね。

でも、余っているなら、介護士さんなどの介護職従事者のお給料アップに・・・というわけにはいかないのでしょうかね。
介護って、いろいろありますが、結局はマンパワーに頼る部分が大きいじゃないですか。

介護職の現場って厳しいですよね。
仕事内容がきつい・・・というのは、仕方がない面もあります。
そういうお仕事ですから。
ただ、そのきついお仕事に見合うだけのお給料をいただけないと、「仕事だから」と割り切れないですよね。
どんな仕事でもそうですけど。

給与条件が悪い
 ↓
離職者が増える
 ↓
人手が足りない
 ↓
仕事はどんどんきつくなる

と、悪循環です。

即物的かもしれませんが、ぶっちゃけ、介護の質を上げるのには、やはりお金の力って大きいと思うんです。
もちろん、それだけではないでしょうが。

赤字できつきつ・・・・というのならば、仕方ないのかもしれないですが、黒字ならばもう少しなんとかならないのかな・・・・と思います。
もちろん、ここでの黒字っていうのは、施設が黒字ではないので、直結は難しいですが。
スポンサーサイト

テーマ : 介護保険・ケアマネのこと
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

えええっ!?

そうなんですか??

介護保険料、自治体の6割「余剰」 利用見込み下回る
・・・って。

ぶっちゃけ・・・私も お金のチカラって大きいと感じる時
あります。
私はまだ良い方だと思いますが 知人の勤める老健では
夜勤1人体制だと聞いてますので 過酷だろうなぁ・・・と
またお給料も 訊いてみると ぶっちゃけそれに全然
見合ってないですもん(>_<)
まぁ、病院と経営が一緒で 病院の方が大赤字らしいので
老健の方も そのとばっちりを喰らってるみたいですがね。

コメントありがとうございます。

>>やしなさん
そうなんです。余っているらしいですよ~。
みんな利用しないんですかねぇぇ??
なんだかんだいっても、お金の力は大きいですよね・・・。
余っているのは、介護保険の方のお金なんで、老健やなんかはカツカツなのですね。
そのあたり、なんとかうまくできるといいんですが。
厳しいお仕事でお給料が見合わないと、良い人材がいなくなってしまいそうで、自分勝手な言い分かもしれませんが、利用者としても不安です。

余っている訳…

新聞記者などは一部の情報しか知らないし
出来るだけ売れる記事を書きたい…事実なんてどうでも良い!

介護保険料余っている…今年に限り余っているでしょう。

昨年から介護認定を厳しくし、使えるサービスも大幅に制限
介護事業者に対する報酬も引き下げた結果です。

そのため、介護関係に働く人の待遇が大幅に落ちた

しかし、保険料は3年に一度見直す。
余っていれば保険者の負担する保険料を引き下げて調整する。
また、高齢者が本格的に増えるのはこれからが本番
いま余っているのは多分一時的なものでしょう。

ただ、介護に携わる方の待遇改善は私も大賛成だ…
少なくとも世間の普通の給与水準にはするべきです。
現時点では平均賃金の70%~80%でしょう。
おっちゃんは良いが若い人が可哀想…!

同感です

私もその新聞記事を読み、驚きました。

同居家族がいるという理由で利用できないサービスがあったり、自治体によっては、利用施設が少なく常に満杯で利用できなかったり、全ての介護家族にとって決して使い勝手のよいものではなく、「余っている」と言われてもねぇ・・・という感じです。

一方で、介護の現場で働く方々のお給料が低額であることは、以前から言われていても一向に改善されませんよね。
財源が違うことは分かっていますが、毎日笑顔で働いている介護職の方々を見るにつけ、仕事の内容に見合った報酬を考えてほしいと切に思います。

コメントありがとうございます。

>>華之将さん
なるほどー。そういう事情なのですね。
なんだか、いろいろ間違ってますよね。
そうそう、「使えるサービスに制限」って側面はあるみたいですね。
自治体によっては、ケアマネに対して「なるべく利用させないように」と指導しているところもあるとかないとか。
それで「余ってる」と言われてもねぇ・・・。

>>翡翠さん
本来、介護保険っていうのは、被介護者のためでもありますが、介護家族の負担を減らすという意味合いもあるはずなのに、「同居家族がいるから」利用させないというのはおかしいですよね。
そんなだから、介護疲れによる殺人や心中がなくならないんだっての。

財源は違っても、「余っている」ような計算をしてしまうお役所仕事ですから、福祉財政だって見直す余地はたっぷりありそうですよね。
でも、あの人達が見直すと「減らす」方向にばっかり動いちゃうんですけどね・・・
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。