スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護の経験

やしなさんのところで、入浴介助のことを読んで思い出しました。
父も介護経験者だったことを。

父の母、つまり私の祖母は、病気で身体が不自由でした。
私のかなり幼い頃の記憶では、ちゃんと歩いていたんですけど、入院してから寝たきりになってしまったのです。
あの頃は、ちょうど「老人が入院すると寝たきりになる」というパターンが多かった頃です。

なので、お手洗いやら、入浴やら、すべて父がやっていました。

トイレは、基本的にはベッドでできるように簡易トイレだったのですが、1日に1回は普通のトイレに抱えて連れて行っていました。

お風呂は1週間に1回、父が抱えて入れていました。

食事は、父が抱えあげて車いすに移動して、食卓へ。

祖母が寝たきりになったのが、ちょっと記憶が曖昧ですが、たぶん私が小学校に上がったくらいの頃で、他界したのが小学校5年生の夏。
約5年ほど、そうやって父は祖母の介護をしていたのでした。

祖母は、認知症とは無縁で、かなり明晰なほうでしたし、私なんかはけっこうよく遊んでもらった記憶があります。
オセロとかしたりして。祖母、ふつーに強かったです。
トランプで神経衰弱なんてよくやりましたが、祖母、ぜんぜん手加減なしでやります。
かなりのヘビースモーカーで、歩けない祖母の代わりによく煙草を買いに行きました。のんびりした時代でしたね。今なら、きっと売ってくれません(笑)

そんなふうで、「父が介護で苦労した」という印象は全然ないのですが、今考えてみれば、それなりに大変だったのだろうなぁ、と思います。
父は普通に働いてましたから、24時間体制というわけじゃないですし、上記のような肉体的介助に限られてましたが、今みたいに介護保険があるわけじゃなかったですからね。

そんな親孝行な父が、今は介護される立場なわけですが。
だからなんだ、というわけでもないのですが、ふと思い出して、私も出来る限りのことはしないとなーと思ったりなんかしたわけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

出来る限りのことは・・・

日記本文に 私の名が出て来て びっくりしました(笑)

お父様も介護経験者だったのですね。
今のように 介護保険制度があるワケもなく
大変だったと思います。
お仕事しながら介護・・・と言うのは 本当に過酷。。。
今度は お父様が 楽をさせて貰う番なのかもしれませんよね。

絵莉サンも大変な事も多いでしょうが
大変で しんどいなぁ…と感じた時 この事を思い出されると
また違った角度から 考えられるかもしれませんよねv-392

まわるまわる?

お父様はお仕事をしながら、大変な時代に大変な介護をなさっていたのですね。
介護はどうしても女性に負担がいってしまうと思いますが、お父様自ら関わられて、親孝行なお父様ですね。
そして今度は・・・まさに「まわるまわる」なのかもしれませんね。

で、お父様のことを読んでいて私も思い出しました。ウチの祖母も骨折して寝たきりとなった頃のことを・・・絵莉さんに触発?されて、私もネタで書いてみようかなぁ~と(笑)

コメントありがとうございます。

>>やしなさん
入浴介助って大変だなぁ・・・と思っていたら、ふと思い出しました(笑)
幼い頃の印象なんで、どれほど正確かわかりませんが、父は祖母の介護をあまり苦にしてなかったような気がするので、私も「大変だ大変だ」とばかり考えないようにしないとなーとか思ったりします。

>>翡翠さん
そうですね、まわってますねぇ(笑)
母も、それなりに大変だったのでしょうが、父がメインで介護やってましたし、祖母の性格的なものもあってか、母が介護で苦労したという印象は、父以上にないですねぇ。
幼かったのでわからなかっただけかもしれないですけど。

翡翠さんのところにも、おばあさまネタがあるのですね。ぜひ、聞かせてください~

昔の介護・・・

絵莉さんこんばんは。お父様の時代の在宅介護は、本当に大変でしよね。両親も寝たきりの祖母を入浴させたり、オムツを替えたり、良く頑張っていたなぁ~と幼いながらも感じていたものでした。今の時代にいる私の介護は、なんて楽な事だろうと、絵莉さんの日記を拝見して改めて感じました。今の介護制度も私達のたくさんの先輩達の声が形になってサービスを受けるシステムが確立されたお陰なのですよね。頑張って来た親の介護は、愚痴を言わずに頑張らないといけませんよね。私も頑張ります♪絵莉さん気づかせてくれてありがとうございます。

コメントありがとうございます。

>>hiroさん
そうですね。いろいろ不満ばかり言ってますが、介護保険のサービスは、ありがたいですよね。
改善の余地はあるとは思いますが、なんにもなかった時代に比べたら全然いいです。
感謝の心も忘れないようにしないといけませんね。(忘れがちですけど^^;

しあわせ

介護の疲れを感じさせないなんて!
愛を感じてしまいます。
介護する人の「今までありがとう」と
介護をうけている人の「今日もありがとう」が
聞こえる家庭で育った貴女だから 
今の優しさがあるんでしょうね。

コメントありがとうございます。

>>にょんらさん
いやいやいや、そんなご大層なもんじゃないですけどー。
私は、やっぱり、イライラしちゃうことも多いですし。
むしろ、苦労してくれていた方が、「父も大変だったんだし・・・」とか思えたかも??(^^;
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。