スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族で話し合い・・・

本日は、月1のお医者さんでした。

Dr「身体の具合はどうですか」
父「ええ、なんでもないですね」

実際、なんでもないです。
前立腺がんの疑いはあっても、自覚症状はないし、それを除けば健康そのもの。

Dr「物忘れとかはどうですか」
父「んー、どうですかねぇ」

すっごいひどいですよ。
1分前のこと覚えてません。

Dr(私にむかって)「どうですか?」
私「あ、はぁ・・まぁ・・・(父の前ではあんまりはっきりと答えにくいこと聞かないでください)」

そのあたりは、お医者さんも察してくれたのだと思います。

引き続き、日常生活のことなど質問が続き
Dr「車の運転なんかは?」
と初めての質問でした。
父「ええ、はい、してます」

してません。
もう、ずいぶんしてないです。

Dr「次の更新はいつ?」
父「えーと、いつだったかなぁ・・・」
私「来年なんですけど」
Dr「もう、来年のはしない方がいいんじゃないかな」

と、高齢者の運転の危険性を語ります。

「適性検査でひっかかる可能性も高いし、自発的にやめておいた方がいいと思いますよ。
まぁ、そのへん、ご家族で話し合って」

簡単に言ってくれますな、家族で話し合い・・・

無理ですよねー
話し合っても、忘れちゃいますもん。

父にとって「もう車運転しちゃダメ」と直接言われるのはショックで不愉快なことだと思うんですよ。
特に、家族から言われるのは。
不愉快な思いさせて、かつ、それを忘れてしまうんですから、まったくの無駄骨。

それに思うんですよ。
仮に、免許更新しなかったとしても、「免許がもうない」という事実を忘れる・・・と。

現実問題としては、とにかく免許があろうがなかろうが「運転させない」これに限ると。

実際に更新手続きするかどうかは、来年のそのときの状況に任せようと思います(^^;
考えると頭痛いし。


そして、来月また認知症のテストやることになりました。
前にやってから1年くらいになりますからね。
今度は何点になるでしょうか・・・・
前回は、わりとギリギリってかんじだったんですよ。
ボーダーラインに2点足りないくらい。

症状的には、そんなに大きな違いはないんですけどねー
ただ、忘れる速度は速くなりましたが・・・・



スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。