スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

2009年になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

車のことなんかあって、ちょっと落ち込み気味な年明けとなりました。
頭が痛いことは痛いですが、前回の日記に、翡翠さんとhiroさんがコメントをつけてくださいまして、ちょっと浮上しました。
あれこれ考えていても、何も解決しないですので、なんかしら対策を立てていくしかないな、と思います。
こういう場があって、本当に良かったな、と思いました。
ありがとうございます。

おととし、父に診察を受けさせて、介護保険の認定を受けて、なんてやってたときの私のキャッチフレーズは、「ゆっくりでも、ちょっとずつでも、進んでいければ、問題は解決に近づく」というものでした。
疲れて時々休んじゃったりしても、完全に立ち止まらなければ、物事は進んでいくものだと、自分に言い聞かせて、焦らず、ひとつひとつ片付けていこうと。

去年は、介護保険の認定もうけて、デイサービスに通うことにも慣れて、小さな爆発やくすぶりはあっても、そこそこ平和にきたせいか、すっかり「立ち止まった」状況になってしまっていました。

母も最近ちょっと「ん?さっきも同じこと聞いたのに・・・」ということが目立ってきました。
といっても、毎日というほどでもないし、お金の勘定はまだ出来るし、家事もしています。
ただ、いろいろ気をつけないと危ないとは思うので、早めに医者に連れて行ってみようかな、とも思っています。

それもこれも、すこしずつ。
休むのはありだけれども、完全に止まっちゃわないように、ゆっくり焦らず進んでいきたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます。
絵莉さんががんばっていらっしゃる様子をブログで拝見し、今まで何度も勇気づけられました。母にはたしてどのタイミングで介護認定を受けてもらったらよいのか、母が「介護」という言葉を受け入れられるかどうか、お金の管理をどうすればよいのか・・・、今年も悩むことがたくさんありそうです。でも、絵莉さんはじめ、多くの人が経験して乗り越えてきた悩みなのだから、私もがんばろうと思っています。
楽しいこと、明るいことも、たくさんある年であるようにと祈っています。

コメントありがとうございます。

>>まつこさん
「介護保険」って言葉は確かに、響きがよくないですよね。認知症にとっては特に。
介護保険の認定そのものは、福祉課の方にお願いしておけば、「介護保険」という言葉を前面に出さずに調査してくださいますよ。
デイサービスやら、ヘルパーさんやらの、介護サービスを抵抗なく受けてくれるかどうかは、ご本人次第なところがありますが。
うちは、受けさせる前は「ダメかも」と思っていたのですが、案外抵抗なくデイサービスを利用してくれて、「案ずるより産むが易し」だったな、と思いました。
とりあえず、やってみてダメだったときは、またそのとき考えればいいやーくらいな気持ちでやってみてはいかがでしょうか。
何かと大変な年ではありますが、楽しいこと明るいこともあると信じてがんばりましょう。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。