スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆発(ぐだぐだの長文です

今日は、父が久々に爆発しました。

原因は、車検証と鍵が自分の部屋に置いてないということ。

以前は父の部屋に置いてあったんですが、もう運転は危険ですので、こちらが気が付かないうちに乗って出かけられないように、私の部屋に引き上げてしまいました。
滅多に、1人で車に乗って出かけようとすることはなかったんで、安心して置いておいたのですが、一度出かけそうになったので、それ以来の処置です。

普段は、あまり気にしないのですが、たまに「車検証どこだ?」と言うことがあります。
「私の部屋にあるよー」というと「をー、そうか」とあることさえ確認できれば安心する日もあるんですが、「なんで、オレの部屋にないんだ!?」と機嫌を損ねることがたまにあります。

今日は、また特別に気にかかったようで、爆発してしまいました。
もうすぐ夕飯だというのに、母の制止に対して「うるせーーっっ」と怒鳴って出て行きました。

もう、こうなっちゃうと手がつけられないので、母には放っておけと言っているのですが・・・

父と車の運転は、本当に頭が痛いです。
父の機嫌を損ねることはなるべくならしたくないですし、基本的にしないようにしています。
が、車の運転だけは、たとえ怒らせてもさせるわけにはいきません。

人を巻き込んで事故を起こしてからでは遅いですから。
それは、私たちの義務です。

今年は免許の更新もあります。
自主返納は難しいと思いますが、更新もまた難しいと思います。
今年から認知症のチェックが厳しくなるようですし。

しかし、更新できる出来ないは、大して関係ないと思うのです。
更新できなかったとしても、できなかった事実を忘れるので。
たぶん・・・

車検証と鍵は、たぶん、その場で一旦父の部屋に戻しても、即運転とはならないとは思います。
あとで、こっそりと戻しちゃっても、それはまた忘れちゃいますし。

でも、ここで「万が一、気が付かないうちに乗られちゃったら・・・」という危機感があるのもまた事実です。

母には、どうしてもその危機感が強いらしく、
「不機嫌そうに、車検証がない、って言われたら、すぐ渡しちゃって良いよ」と言ってあるのですが、なんだかんだ理屈をつけようとしてしまうようです。

不機嫌なときに理屈で閉じこめようとすると、父は爆発します。
今日はかなりの大爆発でした。

夕飯時に外へ行こうとするので、母が止めたら、「うるせーーっっ」と怒鳴って出て行きました。

なかなか帰ってこないので、母が探しに出ました。
行かなくていいって言ったんですけどね。

入れ違いに父が帰ってきました。
母が探しに行った旨を告げると、
「そんな馬鹿なことしなくていいのに。余計なお世話だ」と言います。

私、ダメなんです。
母のことを悪く言われると、ついカッとしてしまって、
父を怒鳴りつけてしまいました。

父は、こう言います。
「あいつは、おれのことなんかいなくなればいいって思ってんだ。おれは出て行く。のたれじんだってかまうもんか」と。

そんなことない、と言っても、聞く耳なんか持ちません。
持たないですよね。
わかってはいるけど、どうしても「そんなことない」と説き伏せようとしてしまいます。

結局、すったもんだのあげく、出て行かずに、ご飯も食べたんですが。
だって、出て行くといって出ては、財布を取りに戻ってくる(持ってる)を繰り返すんですから、出て行けるはずがないです(ちょっと笑いそうになりました)

ご飯食べている間も
「朝起きたら、天国にいればいいのに」とか
「犬や猫に生まれればよかった」とか、
そんな調子で、かつ、私としか会話しません。

母のことは徹底無視です。
母が話しかけても、無視です。

耐えられません。
なによりも、それが耐えられないんです。

でも、それが父にはわかりません。
私にだけ優しく話しかければ、それでいいんだと思っています。
むしろ、私のことなど無視してくれても構わないのに。

自分だけが我慢をして、自分だけがつらいんだと思ってます。
それが認知症です。
まぁ、もともとの性格もありますが。

そりゃー、母も、ついつい父が認知症でなにもわからないということを忘れて、理屈でせめたりすることが少なくはないんで、それがうまくいかない原因ではあります。
しかし、寝ている間をのぞいて、ずっと一緒にいるんです。
徹底して、相手の言うことにYESと言い続けるのは苦痛でもあります。
そうしないと、余計なストレスがあるとわかっていても、反論してしまうことだってあります。

父が、ああやって、母に当たるのは、ある意味甘えている部分もあるんだと思います。
他人だったら、あんな態度は、いくら父でもとりません。
最終的には、母が許すことを、折れることをしっているから、ああやって言うんだと思います。
出て行く!と言ったって、本当に出て行くことなど出来ないのです。

でも、出来ないからこそ、いらだたしいのでしょう。
若くて、働いていて、記憶もしっかりしていれば、本当に出て行けます。
それが出来ないからこそ、ああやって、怒鳴り散らすんでしょう。

「おれなんて、いない方が、おまえ達だってラクだろう!?」
そういわれます。
そして、それに反論できません。
確かに、いなければラクです。
実際に「父さえいなければ」って思います。

でも、そう思ったことに対して罪悪感だって持つし、また本当にいなくなったら悲しむでしょう。
できれば、いつでも楽しく笑って過ごしていて欲しい、それだって本心です。

父だって、同じく、100%の本心が「あいつ(母)は、おれがジャマなんだ」とそれだけ思っているわけではないでしょう。
毎日家事をして面倒をみてくれる母への感謝の気持ちがゼロなわけはないです。
そう信じたいだけかもしれませんが。

ただ、今日の父は、そのマイナスな気持ちがかなり強く支配してしまっていた、それだけだと思いたいです。

父は認知症です。
一人っ子でワガママだというもとの性格の上に、論理的に物事が考えられなくなっています。
病人です。

病人であることを前提に看病してあげないといけません。

でも、私も母も人間です。
いつまで耐えられるでしょうか。

まだ、こんな爆発は、最近では珍しいです。
前は、けっこうちょこちょこあったんですが、それはこちらが認知症患者への対処をしらなかった頃の話で、慣れてきてからは、少なくなってきていました。

でも、また増えるかもしれません。
そのとき、どうしたらいいんでしょうか。

ながなが、とりとめもなく、ぐだぐだ書きました。
すみません、久々の大爆発に、ちょっと参りました。


追記です。
一点気が付きました。
私がいるから、私に話しかけるのだということに。
これを書く為に、階上にあがってきてる間に、父が一旦寝たのに、起きてきました。
外の物音が気になったようです。
そのときは、不機嫌そうではありましたが、母に話しかけていました。

私にも母にも、甘えているのですね・・・

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

お母様もおつらいでしょうね・・・。いくら病気のせいだと頭でわかっていても、いらだちや悲しみを感じるのは当たり前だと思います。うちの母はまだ初期の認知症で、介護とも言えないような段階ですが、それでも「早くラクになりたいな・・・」と思ってしまうこともあります。毎日、在宅でお父様と接する時間が長ければ、お母様も絵莉さんも精神的な疲労がたまっておられると思います。どう応援したらよいのかわかりませんが、できるだけ長くひきずらずに、早く皆さんの気分が明るくなるように祈っています。

コメントありがとうございます

>>まつこさん
うちも、まだ初期といえば初期なんですが、初期は初期なりの大変さがありますよね。
父自身も、苛立ちを感じているのだと思います。
今朝は、とりあえず機嫌は直っていました。まぁまぁ普通という感じで、母とも普通に話していましたし。
少ないとはいえ、爆発されると、しばらくこっちにはダメージが大きいですね。
ここのブログでは、弱音を吐きまくっていこうと思っているので、ぐだぐだ書いてしまいますが、読んでくださってありがとうございます。
ここで吐き出せる分、精神的に非常に救われています。

初期の大変さ

認知症、中期~後期ですと 在宅ヘルパーを派遣したり
GH入所と云う手段も選べますが 初期となると
『まだ、そこまでは・・・』と言うのもありますよね。
ご家族の葛藤や悩みは図り知れません。
車の件に関して、担当ケアマネさんにご相談なさってみては
どうでしょうか?
何か良い知恵を下さるかもしれません。

愚痴はどんどん吐き出して下さいね!
ちゃんと読んでいますから^^

コメントありがとうございます。

>>やしなさん
まだ、中期まで行ってないので、中期や後期の方と比べて、どう大変・・・というのはわからないのですし、問題行動が出ていない分ラクというのはあると思いますが、やはり正常だった頃の父はどこにもいないのだな、と思い知らされるのはつらいです。
もっとも、父の場合、もともとの性格もあるんで、へそ曲げることはよくあったんで、あながち「認知症だからつらい」っていうのと違うかもしれませんが(^^;;;
長々したとりとめのない愚痴吐きを読んでくださってありがとうございます。
でも、こうやって、書くだけでも、いくらか気持ちの整理ができるような気がします。

待つしかないのかな?

ホントに、どう対応すればいいのか悩みます。

「放っておいてくれ、のたれ死にしていいんだ」と
義父も家を飛び出そうとして、最初の頃は何度、
必死になって、止めたことか。
諭しても、わかってくれずに、さらに爆発していく。
支える家族が参ってしまいますよね。

私も心の中では、ここには書けないような
すごい言葉がでてきます。

73歳では、まだ力も強いから、お母様と絵莉さんでは
抑えれないから、ホントに大変だと思います。
85歳の義父でさえ、私は抑えれないのですから。

はやく、車検証のこと忘れてくれますように・・・

絵莉様
はじまして。まつこさんのところから来ました。

つらいですね。しんどいですね・・・。

私の母も認知症です。
父は、20年前に他界していますが、私の父も一人っ子でわがままな父でした。
もし、認知症になったのが、母ではなく父だったら、今よりもっと大変だっただろうなぁと思いました。

はじめまして。私の父も、介護度1の認知症で、(まだなんとか独居です。)遠距離介護をしています。母も同じく認知症で、母はグループホームに入居しています。

介護をする家族は、少なからず「何で私の家族だけ?もう、楽になりたい。」という気持ちあると思います。

父も、車の運転が大変危なくなり、今年の夏に免許証を返納しました。参考になればいいのですが・・・
父の場合は、直接 地元の警察署・運転免許センターに「父が認知症で自分からは返納しようとしないので、そちらで試験みたいなのをして、強制的に取り上げてほしい」と相談しました。
最初は、なかなか難しいということだったのですが、何回か相談して、父には病院から免許センターで試験をするようにと言われたと、嘘をつき、実際に免許センターに行って、2時間ほど試験をしてもらい、警察官の方から説得してもらい、その場で取り上げてもらいました。
家族から言うと腹が立つみたいですが、警察官から言われると、何とか納得できるみたいです。でも、泣いたりして、それはそれでかわいそうでした。
(でも、その後、車が無いといって探したり、色々大変でしたが、今ではなれたようです。)

お互い 色々あってストレスも溜まりますが、何とか頑張りましょうね。また来ます!
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。