スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泌尿器科

今日は、兄と一緒に行ってきました。
兄がいると、運転をしなくてもいいので、ラクです。
社長シート(運転席の後ろ)でふんぞりかえっていました。

今日は、泌尿器科も受診の日です。
診察前に採血。

採血室はめちゃめちゃ混んでいました。
先月も混んでいて、採決結果が出るのに時間がかかり、診察もすごい待たされたのですが、今日は、どうやら採決結果を待たずに診察してくれたようです。

でも、あれです。
泌尿器科の先生と、放射線治療科の先生で言うことが違います。
放射線治療科の先生は、
「治療自体で、身体がだるくなったりすることはありません。通院疲れはあると思いますが」とおっしゃっていました。
泌尿器科の先生は
「放射線が身体に良い物か悪い物かといえば、悪い物ですので、どうしても身体がだるくなったりするということはあります」
とおっしゃいます。

うーーーむ。
この場合、餅は餅屋で、放射線治療科の先生の言うことを信用するべきですよね。

それとか、次の診察日のことなども話すのですが、
父は、「忘れちゃうから、おまえ覚えておいてな」と私に念を押すのですが、
それをきいて、泌尿器科の先生
「だいじょうぶですか?」
と、ちょっと不安そうに聞きます。

いや、だからね、認知症だって言っております。
父は覚えていません。
私が覚えています。
そういう意味では「大丈夫」です。

泌尿器科なんて、高齢者多いでしょうし、認知症のことわかってないんでしょうか。

なんというか、こう言ってはなんですが「専門バカ」という言葉を思い浮かべました。

そんなこんなありましたが、いつも通りの放射線治療も終えて、兄と一緒にラーメンを食べて帰ってきました。

今日のラーメン代は、兄が払いました。

父は、「送り迎えしてもらって、ラーメン代まで払ってもらっちゃ悪い」としきりに言ってましたが。
私は、兄の顔を立てました。

なんだかんだいっても、息子はいつまでも息子なんですね。

あと27回。


スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

絵莉さんこんにちは。

今日は お兄さんもいかれたんですね。
お父さんと 二人では無理かな~?
お兄さんに、気遣うお父さん、、、お優しいんですね!
でも 一番頼りになさってるのは、絵莉さんなんですよ
当たり前だけど。。。だからお父さんは甘えて絵莉さんを
困らせるようなこといったり、したりなんでしょうね!
わかってても、いら~とくるんですよ(´д`;)・・・ね!

コメントありがとうございます

>>うさぎさん
こんにちは。
やっぱり、一緒に暮らしている者と、暮らしていない者の差なんでしょうね。
甘えているのは、不安からくるものだとわかるんですが、依存されていることが重く感じたりもしますね(^^;
普段はそんなでもないんですが、通院とかになると、そうなってしまうのかな、って感じです。
あと1ヶ月半、なんとか乗り越えたいです。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。