スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はぁ(愚痴です)

父が何度も何度も、「車はいつできてくるんだ」と聞いています。
確かに、ほんとに、うるさいです。

でも、仕方ないですよね。
認知症って、そういう病気です。

それなのに、母は、イヤになるのか返事をしなかったり
「さっきから、何度も言っている」と言ったりしてしまいます。

とうとう、父はへそを曲げました。
そりゃ、そうですよね。

正直言って、二重に苦痛です。

何度も同じことを言う父。
最悪の対応をしてしまう母。

母は、だいぶ慣れたとはいえ、やはり父の認知症について諦めきれていないのです。

認知症患者への対応には4段階あるといいます。
1.驚き、戸惑い
2.苛立ち、怒り
3.諦め
4.受容
だそうです。

私自身は、3と4を行ったり来たり、ときどき2に戻っちゃうこともある、くらいでしょうか。

母は、2と3の間、やや2に寄りがち・・・というところでしょうか。

母が、もう少し3寄りになってくれれば、少しラクになるんですが。

かといって、私がここで、やいのやいのと母に言えば、それはそれでまた母にストレスになりますし。

「もう少しうまく対応してよ」(要約)と言うのは簡単ですが、
そう言ってしまうと、母の思考回路的に
「あぁ、介護の足をひっぱっているんだわ、私なんかいない方がマシ」
となってしまう可能性が高いです。

けっして、そんなことはないのです。
母がいるからこそ、やっていけている部分はとても大きいのです。
なんだかんだいっても、私も仕事がありますから、父につきっきりというわけにもいきません。
ちょっとくらい対応に問題があっても、母に頼らざるを得ないのです。

なので、少しのことは目をつぶらなくてはいけないし、私自身、あまり気にしすぎてもいけないと思っています。

でも、「もう少し上手く対応すれば、母自身だってもう少しラクになるのに」とも思うのです。

74歳の母には、要求が高すぎるのでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

2度目の お邪魔です(笑い)

義妹が認知を宣告された直後・・・・

主人は、受け入れる事ができなく

同じ事何度も言う おかしな行動をとる義妹に

いってはならないような、酷いことをばんばん言ってました。

言った後は・・・後悔で自己嫌悪です。

はがゆいんでしょうね! あんなにしっかりしていた義妹が

壊れていくのですから・・・・

お母さんも、お父さんの事を受け入れられないのでは?

絵莉さん お互い愚痴ははきだしましょうね!

コメントありがとうございます

>>うさぎさん
何度もありがとうございます。
同時コメントとか、ほんとに偶然というか以心伝心、なんかちょっと嬉しいですね^^
うさぎさんの旦那様もそうでしたか。
特に、義妹さんはお若いですから、余計に「認めたくない」と思ってしまうでしょうね。
うちは、夫婦と親子の差でしょうか。
若い頃のしっかりしてた父を忘れられないんでしょうね。
私自身が、母の衰えを受け入れられないのと同じなんだと思うので、もう少し母に対しても寛容にならなければ、とは思っているのですが。
愚痴きいてくださって、ありがとうございます。
ここで吐き出せるから、がんばれるという面もあるので、お目汚しですが、吐き出していこうと思います。

私はその4段階の2.5くらいです。苛立ちや怒りはあるんだけど、「グッと我慢」している感じです。たぶんお年寄りは、その「グッと我慢」ができないんじゃないでしょうか。老いてくると我慢強くなるのではなく、せっかちになったり、感情の抑制力も衰えてくるような気がします。

でもこの「グッと我慢」というのが、結構、ストレスなんですよね。だからお母様もあまり無理してずっと我慢し続けても、それはそれで心身のご負担になるのではないかしら。たまには「あーあ、言っちゃった・・・」ということがあっても、それが人間の自然な感情ですよー。

明日は絵莉さん、ちょっとのんびりできるといいですね。

絵莉さんのお母様とは、全く立場が違いますが・・・
母が自宅にいた時は、私が仕事から帰ってくるまでの間、夫の母、義母が何かと母の面倒をみてくれていましたが、良く母の言うことをマトモに受け止めて怒ったり戸惑ったりしていました。。。義母は元医療従事者ですが、やはり年寄りですから、認知症の全てを受け入れることは無理なのだな~とその時思いました。

お母様の場合は、更に、昔のお父様の姿を思い出し理屈で分かっても感情的に受け入れられないのでしょうね。
お母様の気持ちも、そして、絵莉さんの苛立ちも、仕方がないことなのだと思います。

せめていっぱい愚痴って吐き出して・・・気持を少しでも軽くして下さいな。

コメントありがとうございます。

>>まつこさん
「グッと我慢」の限界値がとても低いようです(^^;
「犬のご飯は済んだのか?」「医者にはいつまでいくんだ?」「今日は何曜日だ?」と、いつものループに質問が増えたので、母の許容量を超えたようです。
ここのところ、「何度も同じこと言うな」とは言わなかったんですけどね・・・
母の許容量が少ない、ということも受け入れていかないとダメですねぇ

>>翡翠さん
やはり、年を取ると理屈と感情のすりあわせが難しくなるんですかね。
とっさの機転もなかなか利かないですしね。
なんとか、何度も同じことを聞かないよう、一生懸命説明してしまうんですよ・・・
「そんなことしても無駄」と言ってるんですけどね。
お目汚しではありますが、ここでは愚痴吐いていこうと思います。
ありがとうございます。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。