スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の散歩

今日は、夕方くらいから、父のコンディションが下降気味なところにもってきて、どうも母の対応がうまくないのか、夕飯時には、すっかり父は鬱状態になってました。

やたら、ため息をつき、
「仕事できないかなぁ・・・」と無理を言い、
自分の死について語る父

食事はしたものの、
その後自分の部屋に引きこもり、
電気もつけずに、ぼーっっとしていました。

以前、そういうことは増えてきたため、お医者さんに相談したところ
ジェイゾロフトという抗うつ剤を処方していただきました。
25mg錠を1錠だけ、夕飯後に飲みます。

それが効いたのか、そうでないのかは、わかりませんが、
その後はわりと状態がよかったのですが、今日は久々に下降気味でした。

まぁ、そういう日もありますから仕方ないですけど。

日曜日は、母が大河ドラマを見るのをジャマさせないために
コーヒーなど飲みに外に連れて行くことが多いのですが、
今日は、単にテレビのジャマをしない、という意味に置いては、
引きこもりなんで、ジャマはしなかったのですが、
暗い部屋でぼーっとしているのは、鬱状態がますます悪くなりそうだったので
いつも通り連れ出しました。

「行く?」と声をかければ、いそいそ着いてくるくらいですから、そんなにひどいわけでもないんですけどね(^^;

いつもは車で出かけるのですが、気候が暑からず寒からずでちょうどよかったので、歩いて行くことにしました。

歩いても片道15分というところですので、軽い運動と思えばいいかな、と。
私自身も運動不足だし。

マクドナルドに着き、ソフトクリームとコーヒーで一服。

トレイに、クォーターパウンダーを頼むと当たるというバラ色Tシャツのお知らせが出てました。
それを見ながら、私が
「バラ色のTシャツじゃなぁ」
と言ったら、
父、私を見て
「そんなに大して変わらないじゃん」
と言います。

そう言われてみれば、私のTシャツは、どピンクのTシャツでした(笑)

コーヒーも飲み終わり、コンビニでちょこっと買い物して、帰路へ。

父がキョロキョロしています。

「ほら、帰るよ」
と言うと、
「車どこだっけ??」と(^^;

「歩いてきたのーー」といっても、なかなか信用しない、というか、それでも車を探します。

「車置いていかないから」
と言って、納得してもらって帰ることができました。

家に着く頃には、鬱の虫はどっかにいっていました。
散歩が効いたのか、薬が効いたのか・・・

父のことは、こうやってストレス解消に手を貸せるのでいいのですが、
問題は母ですねー。

色々自分でできるだけに、手を貸すのが難しいというか。
母もストレス溜まっているので、なんとかしてやりたいのですが。
本当は、お友達と旅行でも行ければ一番いいんですけど。

父がこうなってから、あまりお友達づきあいを密にしなくなってしまったので・・・。

なにか、いい方法はないか、思案中です。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

父がまだ亡くなる前、長期にわたる介護で母がやはり鬱気味というか、不安感が強くて、安定剤を服用していました。今から思えば、このころもう少し手厚く私が協力していれば、母の認知症はなかったかも・・・などと思ったりすることがあります。母は長期にわたり強いストレスにさらされていて、そのことについて私の認識が甘すぎました。

お母様のストレスもなんとか軽減したいですね。でも絵莉さんと一緒に暮らしていらっしゃるから、心の支えは大きく感じていらっしゃると思いますよ。

うちの母に書道を勧めた時期があって、それは比較的喜んでやっていました。字を書いている間は、他のこと(特に父のこと)を忘れられるからとても気持ちが安定する、と本人が言っていました。書道、どうですか?

コメントありがとうございます

>>まつこさん
やはり、介護のストレスは大きいですよね・・・。
書道は以前はやっていたのですよ。
父の症状がひどくなってきて、書くことに集中できなくなってしまい、やめてしまっているというのが現状でして。

のんびり、また書けば?とは言っているのですが、一度やめてしまったものを再度始めるのって、けっこうエネルギーがいるのですよね・・・

ありがとうございます。

お母様がストレスで病気や鬱状態なったら、それこそ大変ですからその前に何とかしたいですね。。。
でも、気分転換に出かけてきたら、と言ってもなかなか難しいかもしれませんね。自分の身に置き換えたらそうですものね。。。

お母様のお好きなこと、音楽とかお芝居とか??で、少し気が晴れるようなことができるとよいのですが・・・すみません、全く良い案が浮かばず、役立たずです。。。

コメントありがとうございます。

>>翡翠さん
一応、今ヨガとコーラスはやっているので、なんにもないわけではないのですけれどね。
そういったことよりも、非日常的なイベントの方がいいのかな、と思っています。
先日、出張整体のチラシが入っていたので、それを頼んでみようかな、とか。ついでに、私も・・・<えー
ちょっと買い物でもいいんで、街に出て行くことも大事かもしれないです。

ありがとうございました。

絵莉さん こんにちは。

私のブログのコメにも書いたんですが。。今朝がたから めまいと吐き気・・・・頭の血管きれるのかと?と思うくらいしんどくて・・・・
結果 頭には異常ありませんでした! ほ~です。

ショートも2泊延長してもらいました。
原因は、疲れのようですが。。。絵莉さんもきをつけてくださいね!
長い 通院介助 お疲れがでないかと心配してます。
 今日は 記事に関係ないコメで、ごめんなさい!

コメントありがとうございます

>>うさぎさん
あらららららら
それは大変ですね。
とりあえず、異常がなかったのは、よかったです。
お大事にどうぞ

たまには、2泊3日じゃなくて3泊、4泊くらいのショートがあってもいいですよね。
月に1回くらいは、3泊にしてもらうとかどうでしょう??

ありがとうございました!

何とか出来ると良いですね。

絵梨さんのお悩み、我が家では逆パターンです。すでに4年前から、要支援となり、現在要介護2の母は、週三回のデイサービスに通所して、リハビリなども受けて、心は相当元気になれましたが、ほぼ、自分のことは出来る父は、肺気腫で入院そして退院後、毎日家におります。ボランティアをして週一回は出ていたのですが、もう、篭りきりに近くて。買い物には時々出ています。自分のことをできるお年寄りに手を貸すことの難しさを私も痛感している所です。お母様はお友だちは近所にいらっしゃるのですね。せめて、お茶飲みでも、出来ると良いですね。
良い方向へと行きます様に。

>>hiroさん
あらららら、うちとは逆にお父様ですか~。
男の方は、必殺「おしゃべり」が使えない方が多いので大変ですよね。

お友達は近くにいるにはいるんですが、もうここ数年、疎遠になってしまっているんです・・・
前は、旅行とか行っていたんですけどね~。
母の妹と仲がよいので、せめてその関係で出かけてくれれば・・・と思うのですが、叔母の夫がやはり病気で、それもままならず。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。