スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門扉問題はやはり買い替えかな・・・

先日から、頭を悩ましていた門扉問題ですが、やはり怪我をしてしまっては、元も子もないので、買い替えようか・・・・と母と話しあいまして、そういう方向になりそうです。

アコーディオンタイプのだと、そんなに高くない(とはいっても、そこそこはかかりますが)のですが、頼りないので、おそらく父が納得しないのではないか・・・と思うし、うちは犬がいるので、もうちょっと頑丈な方が安心。

なので、引き戸タイプを探してみたら、ありましたので、それにしようかな、と。
ちょっと、大がかりな出費になりそうですが・・・・。

本体引き戸で、一部が開き戸になっているタイプで、外からカギがかけられるタイプなら、父もフェンスを乗り越えないで大丈夫だし。

庭側の窓から出入りさせることを定着させる・・・・というのも、ひとつの手段でしょうが、ものっっっすごい大変だと思うんです。
毎朝、毎夕、「門扉が壊れるから(危ないからというと怒るから)、こっちから出入りして」というのを、父を怒らせないよう言い続ける。
たぶん、1ヶ月も続ければ定着してくれるんじゃないかな・・・とは思いますが。

ただ、1点、それにもリスクがありまして。
庭側の窓のカギが開いていると、猫が脱走してしまうのです(^^;;;

定着の困難さ&猫脱走回避を考えると、お金で解決がいいか・・・と、楽な方に流れてしまいます。

あとは、いくらか安くできる方法がないか探すだけです(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

絵莉さんこんにちは♪

やっぱり買い替えの方向に進んでいるんですね・・・・
>毎朝、毎夕、「門扉が壊れるから(危ないからというと怒るから)、こっちから出入りして」というのを、父を怒らせないよう言い続ける。
1ヶ月 言い続けるんですか? それも大変!
リスク。。。猫ちゃんの脱走  あちらがたてば、こちらがたたず・・
ですね! お疲れ様です。

コメントありがとうございます

>>うさぎさん
実際、やってみないことには、1ヶ月かかるかどうかはわからないですが、それくらいの覚悟は必要だろうな、と思うのです。
庭の門扉は、もう30年以上も前のものでして、開け閉めもけっこう大変なシロモノになっているし、買い替えてもおかしくはないんですよ(^^;
開け閉めも楽になり、門扉も乗り越えなくなったら、丸くおさまるので、いいかなー、と思っています。

お父様の怪我の可能性、猫チャンの脱走・・・あれこれと大変・・・^^;;;でも、やはりお父様が怪我をするような原因は可能な限り排除しておきたいですね。
あのとき、こうしておけば・・・は、できるだけ少なくしておきたいですものね。

ちなみに、先日我が家もだましだまし使っていた門扉が壊れてしまい、新しく取り替えました。結構な出費でした・・・^^;;;

コメントありがとうございます

>>翡翠さん
そうなんですよー
このまま放置しておいたら、「あのとき、こうしておけば」ってなる可能性がとても高いんですよね~

門扉、高いですよね・・・(^^;;;;
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。