スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心忘れるべからず

昨日の愚痴にたくさんのコメント、アドバイスありがとうございました。

介護生活に突入するにあたり、さんざん「頑張りすぎてはいけない」「失敗しても、ほどほどならOK」というようなのを、書籍やらWEBやらで見て、頭にたたき込んだつもりが、やはりどこかでカンペキを求めてしまって、些細なミスでも「あぁ~」と思ってしまうようになっていました。

ちょっとくらい失敗したっていいじゃない、人間だもの。
ですよね。

それは、自分のことでも、母のことでも同じですよね。

もう少し、肩の力を抜いて行こうと思います。
って、介護生活の覚悟を決めたときに思ったのになぁ~(^^;

話は変わりますが、先日から頭を悩ましておりました洗面所の蛍光灯問題。
洗面台の蛍光灯が壊れてしまったようで、非常につくまでに時間がかかっておりまして。
日に日につくまでの時間が延びてました。
最近では30秒くらいかかってました(^^;;;
電源入れて、用事を済ませた頃につく、という。

しかし、蛍光灯以外はなんでもないんです。
鏡が割れているわけでもなく、水がでないわけでも、漏れているわけでもなく。

しかし、「つくまで15秒かかります」と貼り紙をしたにもかかわらず
「つかない」と父がスイッチ入れたり消したりするし。

でも、蛍光灯のために、安くても7万(私の勝手な見積)はかかるのは、どうか??

というわけで、いろいろどうしようか考えまして。
以前、うさぎさんからもアドバイスいただきました、クリップライトをつけることにしました。

最初はつける場所がないわ・・・と思っていたのですが、その壊れてしまった蛍光灯を取り外してしまえばなんとかなることに気が付き、取り付けました。

フードがあると洗面所全体を照らせず暗いので、フードの取り外しができるものを選び、球になっている蛍光灯をつけました。
今までとは、若干感覚がちがいますが、なんとかいけそうです。
しかもこれなら、2500円。

庭の門扉は取り替えないとどうしようもなさそうなので、ほかの出費はできるだけ抑えておきたいので、助かりました。

父も「明るいねぇ」と、付けたり消したりしています(^^;
蛍光球の寿命が短くなるから、やめてー。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

ほんと!・・・・・・初心忘れるべからず ですね!

介護の始めは、冷静に対応できてたことも
最近では、せっかちになったり、思い悩んだり・・・
心に余裕がなくなってきたのでしょか?

洗面台の電気・・・私の提案がお役にたったようで
よかったです(^0^)v

でも、つけたり消したりしてたら・・・壊れそう(→o←)

コメントありがとうございます

>>うさぎさん
父の場合、デイも気に入って通っているので状態もまぁまぁ良い方なので、欲が出ちゃうんでしょうね。
もっとよくなるはず!!と。
あんまり欲張りすぎても、疲れてしまうので、少し深呼吸して落ち着いて行こうと思います。

洗面台の件、ありがとうございました!
ばっちりです。
つけたり消したりで壊れても、これなら取り替えもラクですし・・・って壊すな、ですけどね~(^^;
父も慣れれば、必要以上にはやらなくなる・・・と信じてます。

こんにちは^^
私は…初心なんて…覚えてなかったりします(汗)
だから反省することもなかったりします(笑)
けっこう 行き当たりバッタリだったりします^^;


ポータブルトイレ、ベッドの片隅に置いてあるけど
いつの間にか ばあちゃんの中では「お守り」と化しているようです(笑)

力を抜いて 行きましょー!!

コメントありがとうございます

>>ほくちゃんさん
「行き当たりばったり」それくらいでいいのかもですね~
私も、初心ってほど強く心に誓ったわけでもないのですが・・・。

ポータブルトイレは、「お守り」ですか(^^;
ああいうのも、なかなか難しいのかもですね。

今夜も、なにやらバタバタしてましたが、「きこえなーい、きこえなーい」と自分に言い聞かせてました(笑)

穏やかである事♪

蛍光灯、工夫をされて、お父様もほっとなさったことでしょうね。
行きつ戻りつする認知症の症状・・・
継続こそ力なりと今痛感して入る日々です。
時々爆発したり、夫婦喧嘩をしたり、親子喧嘩をしたり、良いのだと思います。気を使わずに過しているってことですから。
平均して穏かであれば、それが一番大事なこと・・・
外で不機嫌で無いという事は、外で気を使っているからですものね。家ではありのままで良いですよね。
その内に、耳に入らずに頭の上を行ったり来たりしてくれますからねぇ~~~笑。
そして、時にはその場から立ち去る事も大いに効果ありだと私は思っていますよ。自分自身の平常心の為に。
夫婦は多少の喧嘩も大丈夫です♪もう、何十年のキャリアがありますものね。お父様&お母様。
話を戻しちゃってゴメンナサイ。汗汗・・・

我が身となると・・・

正しい介護のあり方も対処の仕方も、知識として頭に入っていても、日々の現場でそのとおりにはできませんよね~
また他人様が悩んでいることであれば、こうすれば、こう考えれば・・・と適確にアドバイスできても、我が身のことなると上手くできません^^;;;
私が特別ダメだったのだと思いますが、日々失敗多し、時々良い感じ~の自宅介護でした^^;;;

絵莉さんのお父様はまだまだ初期なので、出来れば何とかしたい!といろいろ期待してしまうお気持も良く分かりますので、失敗もありいい感じの時もありの日々でまずは過ごしていければ良いのかなぁと思います。

それにしても、絵莉さん、お仕事と介護と門扉の修理や蛍光灯等お家のメインテナンスと・・・お家の中で1人何役ものお役目、本当にお疲れさまです。。。

コメントありがとうございます

>>hiroさん
蛍光灯の件は、父は「明るすぎる」と文句を言っております(^^;
何事にも倹約精神旺盛な父には、100W相当(消費電力は20w)の明るさは明るすぎるようです・・・

「その場から立ち去る」のも必要ですね。
母が、台所掃除に逃げるのも、無意識にそれを実行しているのかもしれないです。

そうですね。もう50年近く夫婦してるんですから、父も母のきつい物言いには慣れているはずですし、多少のことではどうってことないんでしょうね。
なるべく、見ないフリ聞かないフリで行こうと思います。
ありがとうございました。

>>翡翠さん
まさしく、「我が身のことになると」なかなか実践できないものですね。
私も、しょっちゅう「ほどほどに!」とか「70点で上等」とか言っているクセに、自分のことになるとついつい・・・

翡翠さんが特別ダメだった、なんてことないと思いますよ~~
少なくとも、ブログからはお母様への思いが伝わってきましたし、思うようにいかないことはあれど、根底にその気持ちがあることが大切なのだと思います。

私は、今は家の中で「お父さん」的な役割を担っていると思っています。
壊れ物の修繕とか、車の運転とか、通常お父さんがやることですもんね。
なんとか、母とうまくやっていければと思っています。
ありがとうございました。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。