スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェロ教室

今日は、本当ならチェロの日でした。
でも、本人が行かないと言ったようで、お休みとあいなりました。

うーむ、そろそろ、やめ時なのかなぁ・・・・

間違いなく「上達」はしてません。
おそらく、毎回同じことの繰り返しなのでしょう。
でも、別にこれからプロになろうってわけではないですし、行けるうちは・・・と思っていましたが。

たぶん、行けないわけではないのだと思います。
先々週は、ちゃんと行けました(先週はもともとお休み)

「行きたくない」という気持ちが父の中で強くなってきているんじゃないかな、と思います。
1人で出かけるのが不安だという気持ちと、それと上達しないからつまらないんじゃないかな、と。

父はけっこう多趣味な人間でして、スポーツもそこそこ、手先も器用だし、絵もそこそこうまいし、ヴァイオリンなどもやっていたし、囲碁将棋なども好きでした。
わりと、なんでもすぐに人並み以上には出来ちゃうので、それが逆にあだとなって、器用貧乏になってましたが(^^;

その父が、今は何も出来ない・・・といってしまってはちょっと言い過ぎですが、かなり色々できなくなっています。
年齢のわりにはうまくできることもありますが、父が思っている水準ではないのです。
おそらく、チェロも「もっとうまく弾けていいはずなのに」という思いがあるんじゃないでしょうか。

なまじ器用なだけに、ヘタはヘタなりに楽しむ、ということが出来ないんですね。
理想はあくまで高く。
やるからにはカンペキ(とまでいかなくても、そこそこ)を目指す!!
というタイプなんですね。

ここまで書いて、「あぁ、私の父親なんだな・・・」って気がしてきましたが(^^;;;
介護でも妥協が許せない性格なのは、父親譲りでしたか。
はた迷惑な<え、そこ?

脱線しましたが、私の中でチェロ教室をやめるのは、父が迷子になっちゃったりして教室に通うことができなくなったとき・・・と思っていましたが、そうではなくてもやめ時が来ているのかな、という気がしてきました。

せめて、「楽しい」と思ってくれるなら、通わせたいのですが、楽しくないのなら意味がないです。
なんだかんだと、理由をつけて行きたがらないのは、やはり「行きたくない」んでしょう。

だとしたら、やめさせてもいいかな・・・と思います。
ぶっちゃけ、お金もかかりますし・・・
週3.5回のデイの月額負担金より、月3回のチェロ教室のが高いんです(^^;

そのかわりに、金曜日に、半日デイを入れる・・・という手もありますし。

チェロ教室は大手の楽器屋さんでやっているもので、別にリハビリとか老人介護を目的としてやっているわけではないです。
認知症患者相手のノウハウもないでしょう。
けっこう長く通っているので、ある程度は慣れてくれていると思いますが。

それにしても、あまり迷惑にならないうちに・・・とも思いました。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

全体としてはもちろん下降線でしょうけれど、うちの母の様子を見ていても、日によって「できる日」と「できない日」があるような気がします。体調によっても違うようですし、お天気によっても左右されるようです。お父様のチェロも、また行きたい気分の日もあるかもしれませんよ。あんまりお休みが続くようなら、お月謝がもったいないですけどね。

お父様のご趣味、びっくりしました。
本当に器用な方なんですね。
やはり病気や歳等の理由で、段々と臆病になっちゃいますよね。。。
でも、少しでも楽しんで頂けたら、私も嬉しくなります。

コメントありがとうございます

>>まつこさん
ムラはありますね~
ただ、ここのところ全体に「楽しんでいる」という感じがないので、どうかなーと思っています。
かといって、「できない」と決めつけるのもなんですし。
悩ましいところです。

>>ほくちゃんさん
はい、ホントに器用なんです。
でも、なまじ器用なのがあだとなって、ひとつの趣味が長続きしないんだと思います。
自分はこんなにできた、ってプライドばかり高くなりがちですし(^^;
本当に、楽しんでいけるのなら、続けさせたいんですが、今はデイくらいがちょうどいいのかな、という気もします。
幸い、デイは楽しく行っているようですし。

絵莉さん こんにちは!

チェロも長く ならわれてるんですね?

せっかく 続けられてきたのに、辞めるのも・・・・
でもそれが ストレスになるようだったら お父さんの
為にはならないし・・・・
悩む ところですね!

コメントありがとうございます

>>うさぎさん
チェロは、もうけっこう長くなります。
習いたくて習い始めたのですから、行ける間は・・・と思うのですが、行くことが父のストレスになるなら、やめたほうがいいと思いますし、でも、まだどっちかなぁ・・・・って気がして、決断しかねるところです。
何か決定的に「やめたほうがいい」ってことがあればいいんですが(^^;

うーん、ちょっと残念ですね。

私の母の場合、少しでも刺激になればと、母が子供のころから習っていたお筝を一緒に習いに行っていましたが、段々、必ず同じ所で間違えて、何度言われても覚えていないので同じところから進まず・・・母はこんなはずではないと自分で思ったことでしょう。結局、本人が嫌になって、もう行かないと言い出しました^^;;;

お父様も長い間チェロを習われてきて、ここのところ少し前に進まなくなってしまい、それがご自分でも分かっているので「楽しくない」ということなのかもしれませんね。

無理強いもできませんし、でもせっかく好きで始められたので、残念ですね。もう少し様子を見て・・・ではお月謝がもったいないですか??

コメントありがとうございます

>>翡翠さん
本人が「嫌だ」と言わなければいいんですが。
中途半端に、「今日はやめとく」という日が多くなると、やはり月謝代はもったいないです(^^;
ただ、父も自分が行きたいのか行きたくないのか、はっきりはしてないのかもですので、もうちょっと様子をみてもいいかなとは思っています。
ありがとうございます。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。