スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の使い方

認知症になると、困ったことのひとつに、「お金の管理」が難しくなるというのは、良く聞きます。
父は、幸い「もともとお金の管理をしない人」だったので、これはほとんど困りませんでした(^^;

家のお金のことは、すべて母まかせだったので、父が認知症になったからといって、困ることなどひとつもありません。

普段も、さほど自分で財布を出して何かを買うということも、あまりなかったので、それほど影響はないです。

ただ、逆に、何か用があってお金を持つと、それがとても気になるらしく、お財布にいつもよりお金が多く入っていると、何度も何度も確認するようになりましたが。
あと、おつりを返したかどうか、とても気にします。

認知症によるお金関係で影響があったのはそれくらいなんで、それほど困ることはない、と言っていいでしょう。

そんな父とお金の使い方を巡っての攻防戦(?)がありました。
(ほとんど、ジョークの応酬です)

今日、私がデパートの広告に載っていた、「うなぎ御前」の写真をみて
「これ食べたいなぁ」と言ったところ、
母は「いいわねぇ」と答えたのですが、
父は「そうかぁ?うなぎ、そんな好きじゃないし・・・」とあまり乗り気でない様子。

そんなとき母はすかさず
「じゃ、パパだけ、別のお店で食べればいいわ」と<もちろんジョークです

父は
「いいよ、じゃぁ、お金置いていってくれれば留守番しているから」と応酬

母と私は
「よく言うよねー。1人じゃご飯食べないクセに。お金使わないクセに」
と母娘タッグで、追い打ちをかけます(笑)

父、負けじと
「お金持っている、ってだけでうれしいんだよ」


「いいよ、1万でも2万でも置いていってあげるよ。どうせ1円も使わないんだから」

旗色悪いと感じた父は
「いいんだよ。パパは、お前達がいろんなもの買って喜んでくれるのが、うれしいんだ」
と、演技がかった口調で攻撃方法を変えてきました。

母娘タッグは容赦なく
「じゃ、もっと喜んでもらうために、お金使おうね~~」

最後は、父は猫にむかって
「なんか言ってやれ」と話しかけていました(笑)


こんな会話ばっかり、出来ればいいんですけどね~~
父は旗色悪くて嫌がるかもしれないですが(^^;



スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

絵莉さん。。。。暑いですね(^^;

御飯食べて うとうとして寝てしまったみたいですが・・・・・
暑くて 15分で目が覚めました(笑い)

3人の会話を聞いてると、お父さんが病気だなんて・・・・・
とても 穏かで心がほっこりしてきます。

お父さんは、一人仲間はずれされて、ちょっとすねてるようで
又 猫ちゃんに
>「なんか言ってやれ」と話しかけていました

なんか 想像して笑ってしまいました(^-^*)

お母さんも、調子がよさそうですね!
穏かな日が いつまでも続くように・・・・。

コメントありがとうございます

>>うさぎさん
蒸し暑くてイヤですね~

ほんとに、この会話だけなら、父が認知症なんて思いませんよね。
こんな会話も出来ない日が来るだなんて、今は信じられません。
でも、来るんですよね・・・。

と、暗くなってもしょうがないので、そのときはそのときと割り切って、今はすこしでもこの状況が続くようがんばるしかないですね。

母も、低空飛行ながらがんばってます。
ありがとうございます~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事

私のブログのコメントへのお返事をすぐ上↑のコメントでしました。内緒コメとしたので、お気づきにならないかと思ったので。念の為に・・・^^
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。