スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己嫌悪の塊です。

すみません。以下は、ながながと私の自己嫌悪な愚痴の垂れ流しです。

言い訳しますと、少々夏バテ気味で、体調が悪くイライラしていました。

夕飯どき、母も、若干調子が悪そうには見えました。

元気なのは父だけです。

今日の夕飯は、ホタテのお刺身でした。

父は、「あまいねぇ」と言って食べています。

「ママ、これ甘いよ~」
と、母を名指しで、父が言いました。

母はうんともすんともいいません。

父はぼそっと「通じないでやんの・・・」と言いました。

その瞬間、プチっと切れてしまい
「返事くらいしなさいよっっ!!」
と、怒鳴りつけてしまいました。

母は、食べかけていた食事をやめて、外に出て行ってしまいました。
とはいっても、うちの敷地内にいたんですが。

私が外に出ようとすると、逃げるように家の中に戻ってきた母に
「言いたいことがあるんなら言えばいいでしょうっっ」
と追い打ちをかけてしまいました。

父は、オロオロしていました。

必死に「仲直りしようや、な、な」と言っている父がいじましいです。
ごめんね、父。

母は、「頭冷やしてくるから」と私に言いに来ました。

そのとき、一応、手短にですが、謝ったのですが。

あー、どーして、私ってこーなんでしょうか。
瞬間湯沸かし器といいますか。

母の対応の悪さに、目をつぶろうつぶろうと思っているんです。
なんだかんだいって、母なしに父の介護は成り立ちません。
母がいなければ、私は仕事もロクにできないでしょう。

それなのに。

父にまで心配かけて。

私は、ブログもやっていて、こうやって愚痴をこぼす相手がいます。
その気になれば、誰かに電話して話を聞いてもらうことも出来ます。
母には、何もないんです。
私より、ずっとずっとストレスがたまっているのに。

それがわかっているのに、なんで、こうやらかしてしまうんでしょう。

さっきから、父が、オロオロしっぱなしです。

「パパが悪かったのかなぁ」
とかいってます。

こんなときに、父の優しさが痛いです。

両親を一番フォローしなくてはいけない立場なのに、なんで、私がキレてんでしょう。

母が「頭冷やし」から帰ってきました。
また、あとで、きちんと謝ろうと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

絵莉さん、こんばんは。

いつもがんばっているから、絵莉さんにも疲れがたまっていたんだと思いますよ。お母さまもお父様への対応のことで、ご自身を責める気持ちも抱いておられたでしょうから、絵莉さんにそれをとがめられたときに、動揺されたでしょうけれど、理不尽に非難されたとは感じられていないと思います。

たまに爆発すると、家族の中にたまっていたマグマみたいなものが放出されて、そのあとは少し落ち着かれるのではありませんか。それにとっさのときに、お父様が「仲直りしよう」と仲裁してくださったというのは、感動的です!介護される一方の老人というだけではなく、奥様や娘さんのことを配慮する愛情ある家族の一員という面をはっきり見せてくださったのですから。

明日は少しぎこちなくても、家族ですからお互いよーく分かりあっていると思います。心配しないで、今晩はゆっくり休んで心身をいたわってください。

みんなが見守って、応援していますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

絵莉さん、こんばんは。少しご無沙汰していました~

書き込み見て、泣けてきました。
何故なら・・・絵莉さんは、日々もう精一杯頑張っているんです!(これは私だけではなく、ここに訪れる皆さん全員、そして絵莉さんを直接ご存じのお友達等皆さんそう思っていると思います)
そんな中、ふと心と体が弱くなることがあって当たり前です。
そしてお母様も、日々精一杯で、たまたま「ホタテ」の時は、どうしても軽い言葉を返すことがお出来にならない状態で・・・絵莉さんがこうして自己嫌悪に陥っておられるように、お母様も心の中で絵莉さんとお父様に謝っていらっしゃると思います。

介護家族として、精神的に一番辛い時期に絵莉さんとお母様はあるのだと思ってしまい、つい、泣けてきました。(私はもっとひどい状態>母に直接キレていたこともあったので・・・)

でも、また明日には、間違いなく前向きに元気になれるのです。ならなくては自分もやっていけません。
前に進む調子の良い時もあり、後退もあり・・・で行きましょう。

そうそう、お父様のフォロー、私も素晴らしいと思いました。

絵莉さん こんにちは。

この暑さでは、いらいらしますよ!

昨日は、いつもと様子がちがい、お父さんが ホローに入って

くださってたようですね(^-^*)
お互い いらいらしてると、なんでもない言葉が胸につきささる
ことってあります。
でも 昨日のお父さんはr頼もしかったです・・・・
>「パパが悪かったのかなぁ」
なんか お父さんの優しさが素敵です。

もう、お母さんとは仲直りできたでしょうか?

コメントありがとうございます。

>>まつこさん
マグマが吹き出したのは、私だけで、結局母は何もいわなかったのですが・・・・
なんにもいってくれないんですよね。
たぶん、不満もあると思うんです。
一番きついのは母ですから。「もうちょっと労ってくれたっていいでしょ」くらい思っているんじゃないかと思ったりするんですが。
私に対する負い目のようなものが、それを言わせないんじゃないかと思うと、余計自己嫌悪になったりします。
でも、一応仲直りはしました。
多少のぎくしゃくというか、お互い気を使っているなと言う面はありますが、すぐ持ち直すと思います。
ありがとうございます。

>>翡翠さん
一番辛い時期・・・そうなのかもしれないです。
何が辛いのかわかりませんが、父が認知症と診断されて1年と8ヶ月たち、概ね良好な方だとは思うのですが、緩やかにきているからこそ、緩やかにストレスがたまっているのかもしれません。
人間ってワガママなものですね。
「良好」であることを、当然と受け止めてしまって、そのありがたみを感じなくなってきたのかもしれません。
良いときも悪いときもある、そのことを常に忘れないようにしないといけませんね。
ありがとうございます。

>>うさぎさん
ほんとに、父には悪いことをしたと思っています。
オロオロして、「仲直りしてくれよ~」ってずっと言っていました。
本当に本当に、父は優しいのだなと実感して、その優しさが、夕べは逆に辛かったです。
おかげさまで、一応仲直りはしました。
まだ、ちょっと引きずっているというか、お互い気を使っている部分はありますが。
しばらくは仕方ないですよね。
ありがとうございます。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。