スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ため息も出ます。

朝から愚痴です。
ちょっと、いつもとは違うことですが・・・・

身内の恥(?)をさらすようですが、兄は×1で再婚していて、前妻のと間にひとり子供がいます。
もう、10年以上前に離婚しました。

現在の奥さんとの間には2人子供がいます。

今、前妻の子がうちに来ています。
高校生にもなるのに、まだおじいちゃんおばあちゃんの家に遊びに来てくれます。
両親は大変喜んでいます。

去年も来たのですが、ちょうど来たのがお盆時期だったのと、兄たちがいつも連絡なしにうちにくることで、バッティングしてしまい、門前払いをしてしまったという事件がありました。
そのことで、兄たちは非常に怒りました。

今年はそれを避けるために、事前に来るときは連絡してくれと言っておいたのです。
で、昨日連絡があり、今日来ることになったので、私が姪を家から連れ出して、しのぐつもりが、ちょっと父が夏バテしたのか体調を崩し、いろいろ大変そうだったので、断りの連絡を入れたのです。
それより前に、いろいろバタバタしていたせいか、兄が敏感にかぎとり、姪が来ていることがバレてしまい、また兄が怒ってしまいました。

母は、「何も孫にあうのに、悪いことなんかしてない」と言い張ります。
このあたりが、兄の感情を逆撫でするのだと思いますが。

兄は、「会うなとは言わないが、今の嫁の立場を考えて家に入れるのはやめてくれ」、と言います。

兄の言い分が全然理解できないわけではないのですが・・・・。

両親はもちろん、初孫が遊びに来てくれることが嬉しいです。
姪の方にしても、もしかしたらじーちゃんばーちゃんに気を使ってくれているのかも知れないですが、毎年夏になると「遊びに行きたい」と言ってくれるのです。

それを、どうして断れるでしょうか。

兄にしてみたら、今の家庭が大事でしょう。
それは、わかります。
なんだかんだいっても、今一緒に暮らしている人間が優先されるのは仕方のないことです。

私たちが、姪に孫に会うのは、ぶっちゃけていえば、夏だけのことです。
来年は、受験生ですので、遊びに来るのは難しいでしょう。
それが済めば、大学生。
もう、泊まりで遊びにくることなんてないんじゃないかな、と思います。

そんなに、悪いことでしょうか。
時期が悪いと言えば、悪いのかもしれないです。
でも、部活をやっている高校生です。
この時期しかないんです。

去年の事件があってから、つぎに兄たちが来たのは、翌年の正月でした。
たぶん、今回もそうなるでしょう。

このことが絡むと、兄は非常に頑なになります。
私たちの方が思いやりが無くて、自分が被害者だという姿勢を崩しません。

「もとを正せば、だれのせいか」というのを言ってしまうのは簡単ですが、それを言ってしまってはおしまいと思っています。

それを言わないことだけが、兄に対する思いやりかな・・・と思うのですが、兄は私たちに思いやりをしめしてはくれなさそうなので、いつか言っちゃうかもです(^^;;

今年こそは、穏便に済ませたいと思ったんですけどねぇ・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お辛い夏ですねぇ。

そういう人間関係の板ばさみというのが、一番辛いですよね。絵梨さんもお母様も間違っては居ないと思います。
せっかく、それぞれの思いを汲み取って、段取りをつけられたのに、このお盆という時期は、いろいろありますよね。
状況は違いますが、その絵梨さんの思いはとても良く解ります。板ばさみの気持ちという意味が。
お疲れさまです。吐き出せて良かったと思います。
今、オルゴール音楽URLを私のブログに貼りました。
しばし、癒しの時を過ごして頂ければと思います。

コメントありがとうございます

>>hiroさん
ありがとうございます。
気持ちとしては、両親よりなんですが、兄と揉めたくない・・・という事情もあり、複雑です。
今でも、そんなに頼りにならない兄ですが、これでますますアテにしにくくなるなぁ・・・という面もあります。
まぁ、ほっっとに、限りなくアテに出来ませんけれど(^^;
癒しの記事、ありがとうございます。

こんにちは。

その姪の方ってお兄様のお子さんなんですよね??? なんか状況を複雑にしすぎているのはお兄様ご自身みたいな気もしますが・・・。

ただ家族にちょっと問題ごとがあると、親は気力が出てしっかりするという場合もあります。そういう効用もあると考えて、目をつぶるしかないですね。

「おばちゃん」も各方面にいろいろ気遣いして大変ですが、がんばってください!

コメントありがとうございます

>>まつこさん
そうです。兄の子です。
もう、兄は10年以上会っていません。
口では「会いたくないワケじゃない」といいますが、会おうとはしません。
「親は気力」という効用があればいいのですが・・・・
なにはともあれ、姪に罪はないのですから、がんばります~
ありがとうございました。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。