スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイサービス

先日、初めてデイサービスを利用した。

まだ、介護保険の認定が出ていないので、医療保険で出来るところを利用。
実はそこはかかっているお医者さんでやっているところで、「あそこなら医療保険でも利用できるから」とすすめられた場所だったりする。
お医者さん、営業熱心。

営業熱心なのはいいんだけどさ
「あそこは、碁もやっているから」って話だったので、そりゃいいや、とつれていったんだけど、実はやってないんだと!!

そりゃないよーー。
父には「碁も出来るからね」と説明していたので、父は碁会所と勘違いしちゃうくらい碁を楽しみにしていたのに。

当てが外れてがっかり。

でもとりあえず、介護士さんの上手な説得のおかげもあって2~3時間ほどいることに。

正直こういうのって、男性だと難しいんじゃないかなーっておもったんだけど、ほんとに介護士さんってうまいんだなぁ。
尊敬。

迎えにいったときは、介護士さんと楽しそうに話していた。
でも、介護士さんとしか話してなかったんじゃないかと、ちょっと不安。
だって、これから、行くたびに介護士さんとだけ話すわけにもいかないし。

あとで、介護士さんに聞いた話だと、ちょっとはほかの利用者ともおしゃべりしていたとのこと。
ちょっと安心。

しかし、やっぱ、碁が出来なかったのはショックだったらしくて、
帰ってきてから、そのことを何度も言われたのはつらかった。

一応、一人だけだが、やりたいといっている人はいて、道具さえあれば出来るんだと思うのだが。
「一人も碁をやってる人はいなかった」と言われると、つらい。
いいわけしても仕方ないので、「ごめんねぇ」と言っているが。

まぁ、でも、介護士さんのことはえらく気に入ったらしくて、「いい兄ちゃんだよな!!」としきりに言っていたけれども。

ただ、いうなれば老人ホームみたいな場所だから、そんなところに行かなくちゃならない、というのがショックではあったみたいだ。
「どうせなら、あそこで働かせてくれないかな」とか言っていた。
まぁ、お手伝いくらいなら出来るかもしれないが・・・。

場所はさほど気に入ったわけではなさそうだが、「どこかへ行きたい」という気持ちはつよいらしく、「あそこは、予約しないと行けないのか。いつでも行っちゃダメなのか」とか、何度も何度も何度も聞かれる。
そのたびに、「ちゃんと行くようになれば、毎週何曜日とか決めて行くようになるんだよ」と言っているが。
同じことを聞かれることが増えたのがちょっと痛い。

でも、これは「行く気」の表れであると思うので、ある意味「絶対行かない!」とか言われるよりはいいのかもしれない。
しばらくは、あーだこーだ、いろいろ聞かれると思うし、つじつまのあわないことも続くとは思うが、2~3ヶ月すれば慣れてくれる・・・・んじゃないかな、と期待。

とにかく、気長に気長に、焦らず焦らず。
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。