スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ

今朝の父は、あんまり具合良くなかったです。
朝は、寝ていたせいか血流が悪くなっているんでしょうね。
なかなか、痛みで起き上がれないようです。

しばらくすると、調子よくなってくるのですが。

その分、朝、犬の散歩に行かせないのは、全然ラクなんですけどね。
本人も「行けない」と思うらしいので。

一方で、夕方はだいぶ調子よくなってきているので、「行ける」と思ってしまいます。
そこを行かせないと、ちょっとスネモードに入ります。
正直なところ、ほかのことはともかくとして、犬の散歩だけは、家族として避けておきたいんですよね。
多少の中腰とかまで、イチイチ目くじらたててられませんけど。

でも、一番ストレスになるのが、犬の散歩であることも、また確か・・・・

難しいところです。

デイサービスの許可が下りたのは良かったですが、朝、あの調子では行けるかどうか・・・・
ちょっと、遅れていくという手もあるな、とは思っていますが。

現在の家にいる状況は、ほんとに良くないです。
私依存が進んでますし。
この依存が、私にはイヤでイヤでたまりません。
冗談じゃない、って思います。

父の面倒を見るのがイヤなわけではないのです。
父が、私にすがるのがイヤなのです。
すがられると、縛り付けられているような気がして、苦しくなります。

デイサービスに行けるようになれば、日常に戻って、私依存が薄まるんではないかと期待しているのですが・・・・・
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

絵莉さん こんにちは。

ウメ吉君のお散歩 よほどたのしもいされてるというか・・・・
ウメ吉君が、可愛いのでしょうね!
>父の面倒を見るのがイヤなわけではないのです。
父が、私にすがるのがイヤなのです。
すがられると、縛り付けられているような気がして、苦しくなります。

この気持ち すごく良くわかります!
私も絵莉さんとよく似たところがあり・・・すがられたり 頼りにされると自分をの気持ちを抑えてでも一人で頑張ってしまうんです。
その結果・・・・・・・・です(-"-;;)
御互い 頑張り過ぎないように心掛けましょうね!

お疲れ様です^^

私依存、と言う言葉、私もばあちゃんを担当してくれた初めてのケアマネさんに言われた事があります。

どこまで突き離して良いのか、という事を真剣に考えた時がありました。
でも、本当に状況って、ちょっとしたきっかけを機に、変わるものだという事も知ったんです^^

>父の面倒を見るのがイヤなわけではないのです。
父が、私にすがるのがイヤなのです。
すがられると、縛り付けられているような気がして、苦しくなります。<
とても良くわかります。

実際に目をそらすわけにいきませんものね。。。
ボチボチ行きましょう^^

コメントありがとうございます

>>うさぎさん
犬が大好きな父ですから、犬の散歩は、ぜひとも自分が行きたいんでしょうね。
その気持ちはもちろんわかるので、行かせてあげたいのはヤマヤマですが、これを毎日やらせたら、ヘルニアがぶり返すのは必至ですので・・・・
さすがに、そこまで「まぁいいか」とは思えないんですよねぇ・・・。

父にすがりつかれられると、逆に距離をとりたくなります。
本当はそれくらいでちょうどいいのかも、と思ったりもします。
お互い、「出来ないものはできない」と見極めていきましょうね。
ありがとうございます。

>>ほくちゃんさん
ほくちゃんさんのところもですか~
距離感って、難しいですよね。
ずっと安定していればいいですけど、ほんとに、ちょっとした状況で、がらっと変わってしまいますし・・・
所詮は臨機応変でやっていくしかないんでしょうか。
今回、私がパニックになったのは、そのあたりの柔軟性に欠けていたからかもしれませんね。
ボチボチ行きます。
ありがとうございました。

デイにいけると良いですね。

今まで、ゆっくり、ゆっくり、体を動かしていらしたから、朝は多少お辛いかもしれませんね。
とりあえず、朝食を食べて、体を慣らし、お迎えに間に合えば、行って頂き、間に合わなかったら、絵梨さんのご都合で遅れて・・・その繰り返しを徐々にやって行けば、お父様のペースも徐々に元に戻りますね。
今は大変ですが、1日家に篭ってしまうよりは、その方がいいですものね。
私もありますよ。「hiroさんが居ないと何にも出来ない」と言われる瞬間、どぉ~~~と重くのしかかるものを感じてしまいます。でも、適度に距離をおいてますけどね^^;笑。
絵梨さんの気持ちが楽な方へ楽な方へと考えて下さいね。
それは、決して悪い事じゃないですよ。
絵梨さんが心が楽であることが、結局はお父様の心の安定にも繋がるわけですから。
無理しないようにしましょうね。
ケアマネさんには、心の内をオープンにして、楽になるサービス計画を考えて頂きましょうね。

絵莉さん、こんにちは。

「すがられるとイヤ」というのは自然な気持ちだと思うので、ちょっと突き放さざるを得ない状況があっても仕方ないんじゃないでしょうかね。仕事や友人関係や、まずは自分の生活あっての介護です。あまり罪悪感を感じずに、やっていきましょう。多少、できないことがあっても、それでもお父様は、本能で娘に感謝していらっしゃると思いますよ。

コメントありがとうございます

>>hiroさん
今朝は、お迎えの時間に間に合うかわからなかったので、こちらで送っていきます、としました。
朝、起きるのはつらそうだったので、お風呂に入れてみました。
したら、いくらか大丈夫そうでした。
しばらくはそんな調子でやってみようと思います。
ありがとうございました。

>>まつこさん
そうですね。「おまえがいないとダメだ」とか言われてからは、ちょっと距離を置いています。
冷たいとか思われない程度に。
出来ないものはできないと諦める潔さの必要性を、ひしひしと感じています。

ありがとうございました。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。