スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月??

先ほど、母が、お天気模様をみながら
「今年は、6月に雨があまり降らなくて、7月になってから雨ばっかりだわね」
と言いました。

「は??」
と聞き返すと
「まだ7月よね?8月??」
と・・・・・

9月です・・・・・・

あぁ、やっぱ、ダメなんでしょうか・・・・

今年、MRIをとったときに、海馬の萎縮はみられなかったし、長谷川式も30点近かったんですが・・・。

父と同じく脳梗塞のケはあったんで、今は血の流れを良くする薬は飲んでいますし・・・。

確かに、物忘れは目立ってはきていますが、まだ「高齢による物忘れ」の範囲だと思うんですが・・・

とか思っていたら、先ほど、またわけのわからないことを言い出しました。
お友達からいただいたトウモロコシ。
もう、全部とっくのとおに食べ終わっているのに、別のトウモロコシを食べながら
「これ、こないだいただいたトウモロコシ。おいしいわよねぇぇ」
と・・・・・

私、なんか、そんなに悪いことしたんでしょうか・・・
二親とも、認知症とかって・・・・・

でも、まだ、そんなに同じ話の繰り返しが多いわけでないし、日常生活に支障はないし、ちょっと物忘れと勘違いが目立つ程度です。
まだ、間に合うはずです。

また、医者に行ってきます。

どうか、神様、まだ間に合いますように!!!!

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

お母さんの 事は季節感がどうとかというのではなく・・・
勘違いだけなんでは?
まだ9月になって3日目です・・・私なんか毎日 デイの連絡ノートに
日付書くのに、カレンダー見ないと自信ありません(^^;
でも 年齢的にも病院受診した方がいいかもですね!
どんな病気でも、早期発見 早期治療が有効?ですものね!
きっときっと、間に合います!!

コメントありがとうございます

>>うさぎさん
まだ、8月と間違えるなら仕方ないな・・・と思えるんですが、やたらと「今年の梅雨はあまり雨がふらなかった」というところに、こだわりをみせるのが不安です。
トウモロコシ(例のです、美味しかったのは本当です)のことも、不安ですし。
仮になんでもなくて、大げさといわれたとしても、お医者さんに「なんでもない」と言われれば安心できますし。
ありがとうございました。

絵莉さん、こんばんは。


お母様はお父様の介護のストレスによる鬱症状からの物忘れかもしれませんね。あまりストレス状態が長く続くと、それこそ本当に認知症になってしまうかもしれないので、お父様のショート・ステイなど始めた方が良いのかも知れませんね。

80歳を過ぎると三人に一人は認知症だとか。さらにこれはちゃんと認識されている患者の数であって、実際はもっと多いそうです。「高齢による物忘れ」と「認知症」の境目は不連続ですし、例外なく誰もが20代の時より40代では物忘れが目立っているハズです。一方、ガンですらも免疫力によって自然治癒することも多いです。あまり病気と決めつけたり不安に感じたりせず、ここは努めて冷静に対処しましょうよ。

母が最初に診てもらった専門医は、「決して誰かが悪かったとせいでこの病気になった、という発想をしないでください」と言っていました。しばしば思い出す言葉です。自分たちの生活史を反省したり、介護者が罪悪感を抱いたりするのではなく、むしろ客観的にその状況でできることをしなさい、というメッセージだったように思います。今できることは、まずは「深呼吸」です!落ち着いて、落ち着いて!深呼吸してからお医者さんに行きましょう。

私も曜日感覚無くなって^^;

たぶん、絵梨さんご自身が、大きな記憶間違えや物忘れのご経験がないので、ショックは大きかったでしょうねぇ~。
もう、季節を気にしなくても良いし、月日も曜日も全く気にしなくても良くなったお年よりは、自分に関係の無い事は忘れるのです。忘れても、そばに誰かがいる訳で、ますます、覚えていなくても全く問題なくなるから、必要最低限だけを覚えていれば、済みますものね。
私ももう、忘れっぽくて、大変な日々です。
早期発見、早期対応に越した事はないので、念の為、病院受診ですね。
大丈夫大丈夫!
私も三人両親ズとの生活を何とかやっていますから、(内、二人の母がなんとも・・・・)デイの日数を増やすなどして、外からの刺激を一杯頂きましょう。
攻撃的でない物忘れの認知症は、お薬より、刺激(デイとか、おしゃべり対応とか)だと感じていますから。

神様、どうか、絵梨さんにこれ以上の重荷を背負わせないで下さい。

認知症であるかないか・・・
判断しかねる感じですね。
気軽に大丈夫だよ!なんて言えないから
中途半端な言い方で御免なさい。
ただ、自分一人で抱え込まないで下さいね。

軽々しく言えませんけれど、お母様、お父様のことでかなりストレスを抱えていらっしゃるので、鬱状態からくるもの忘れ、も十分考えられますね。
いずれにしても、早い受診は必要ですが、それからまたゆっくり考えましょう。検査結果次第で、いろんな対策がたてられるはずです。

絵莉さん、絵莉さんが悪いわけではありません。決して自分を責めたりしないでくださいね。

私も神様に祈っています。

こんにちは

ひとりで無理しないでください。。。
ご両親の事、アレコレ考えてしまう気持ち、とても良くわかります。
家のばあちゃんも、明らかに「おかしい!」と思う時があり、少し前に検査してもらったけど、結局異常がなくて、物忘れの範囲なんだと言う事でした(汗)

絵莉さんは何も悪くないから、くどいですが、無理しないでください。

コメントありがとうございます

>>まつこさん
そうですね、ストレスもあると思います。
母よりは、まだマシなはずの私でもストレスが大きいですし。
近々、父のもうひとつのデイが決まりそうなので、そうしたら、ショートの方も検討してみようと思います。
母も、70代半ば、認知症でなくても物忘れが目立って来てもおかしくないのかもしれないです。
あまり、イチイチ過剰反応しないでいきたいと思います。
ありがとうございました。

>>hiroさん
そうですねぇ。人間の平均寿命からいけば、私はまだ若い部類ですので、うっかり忘れはあっても、大きな忘れ方や勘違いはしたことがないので、それを目の当たりにしてショックだった、というのもあると思います。
イケナイなと思うのは、そのショックを母に悟られてしまうことですね。
母も認知症かと思うと、本当に、泣きわめきたくなるくらいつらくて、父のことがあるので、過剰に反応してしまうのです。
もう少し、冷静になれないと、ダメですね。
母には、外部からの刺激が本当に少なくて、これが心配です。
半日のデイをもう1日と思っているのですが、たった週1の半日デイすら、行ったり行かなかったりでして・・・。
もうちょっと頑張ってみます。
ありがとうございます。

>>にょんらさん
ありがとうございます。
1人で抱え込みたくはないのですが、兄は全然当てにできませんし、こないだなど「愚痴だけなら、電話してくるな」とまで言われてしまいました。
せめて、このブログで吐き出して、アドバイスいただけるのが心の支えです。

>>翡翠さん
母は、いろいろ言っているにもかかわらず、自発的に外出とかしませんし、唯一自分のこととして時間をとっているのが、週1のヨガだけなので、もう少し何かしてほしいところです。
でも、結局の所、本人の気力次第な部分が大きく、私がやいのやいの言っても、逆効果になることもありえますし、本当に悩ましいところです。
お祈りありがとうございます。

>>ほくちゃんさん
ほくちゃんさんの、おばあちゃんも、相当なお年ですよね。
頭では、高齢になればなるほど、高齢者の物忘れと認知症の境が、あまりなくなっていくようですが。
1日1日が楽しければ、それでいいんでしょうね。
なかなか、悪い面ばかり見がちなのが、私のイケナイところかもしれません。
もうちょっと、出来ている部分に目をむけてあげなくては、母に可哀相かな、という気がしてきました。
ありがとうございました。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。