スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事介助

食事介助の必要が出てきました。
とはいっても、父のことではなく(^^;

犬のことなのです。
夏くらいから、サクラが食事を残すようになりまして。
暑いから、食欲がないのかな・・・くらいに思っていたんですが、涼しくなってもまだ残します。
しかも、残すのはドライのほうばかりでして。
缶詰のほうは食べるんです。

贅沢病か?
とも思ったんですが、どんどん痩せてきちゃうし。
しかたなく、缶詰を多めにしてやっていたんですが、それでも、ドライは残してしまいます。

しかし、食べている様子をみていると、どうにもドライは食べにくそうに食べています。

ハタと気がついて、今度は、ドライにお湯をかけて完全にふやかしてからやってみました。
したら、今度はきっちり食べました。

歯が悪くなっていたんですねぇ。

うちの犬も、もう14年になり立派な老犬です。
介護が必要なのは、人間だけではないようです(^^;;;;
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

絵莉さん おはようございます。

サクラちゃんも具合悪くなったんですか?・・かわいそう!
私 ウメ吉君が一番 歳いってると思ってました?
動物社会でも 介護が必要になってくるようですね・・・・
お大事に してあげてくださいね!
サクラちゃんには、ごめんですが・・・食介必要がお父さんで
なくてよかったです。

絵莉さん、こんにちは。

あらら、さらに老犬介護ですか・・・。ご苦労が続きますね。でも、うさぎさんが書いていらっしゃるように、お父様じゃなくてよかった。タイトルを拝見したとき、病態が急変してしまったのかと思い、「えっ?」と息をのんでしまいました。

ペットを飼っていないので想像なのですが、犬の介護って、比較的心の余裕を保ったままできそうな気がしますけど、いかがですか? 人間の介護は言語コミュニケーションが介在するだけに厄介というか・・・。

コメントありがとうございます。

>>うさぎさん
実をいいますと、ウメ吉が一番若いのです。
とはいっても、半年違いなんですけどね。
一番わかいウメが・・・・と思っていたら、お姉さんのサクラも寄る年波には勝てなかったようです。
でも、同じ年のモモは大丈夫なんですけど(^^;
とりあえず、食事させる方法が見つかったので、よかったです。
ありがとうございました。

>>まつこさん
すみません、どきっとさせるタイトルで。
父は、まだ当分は大丈夫そうです。何事もなければ。
食事マナーの悪さに目をつぶるだけです(^^;

犬の介護は、人間よりはラクですけれど、犬も年を取るとワガママになりますよ(^^;
って、うちの犬だけかもですが。
こういっては身も蓋もないですが、犬のほうが圧倒的に寿命が短いのがわかっているので・・・・という面もあります。

お疲れ様です。

サクラちゃんも…食事の介助が必要になって来たんですね~。。。
生き物だから、こればかりは仕方無いのかなぁ。
14年というと、すっかり家族の一員なんですよね^^

コメントありがとうございます。

>>ほくちゃんさん
犬も高齢になると、いろいろあります。
だからといって、14年も一緒に暮らしてきたものを、手放すわけにもいきませんしね。
最後までうちで面倒みてやりたいです。
ありがとうございました。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。