スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらためて、がんばりません。

昨晩、久々に熟睡できました。
まだ、寝付きはとても悪いんですが、浅い眠りを繰り返していたのが、きちんと眠れたような気がします。
なので、そろそろ復帰していこうかな、と思います。

ご無沙汰しておりまして、たくさんの励ましのコメントやアドバイスを放置したままにしておりまして、すみません。
ひとつひとつが、心に響いて、読むたびに泣いてしまいました。

辛いことはたくさんあるけれど、ネットの向こう側とはいえ、こんなに私のことを気にかけてくださっている方がいると思うと、勇気づけられました。

ここしばらくは、薬を飲んで、休んでいることが多かったです。
その間、いろいろ考えた・・・・というほどでもないんですが。

父の状態は、まだ要介護度1で、軽いです。
食事、着替え、トイレ、お風呂など、すべて1人で出来ますから、そんなに手がかかるわけでもありません。
デイサービスにも週に4回行ってくれています。

なのに、なんで、こんなつらく感じてしまうのか・・・・
世の中には、もっと大変な方達がいっぱいいるのに、自分が情けなくなりました。

ただ、手がかからないとはいえ、認知症。
応対にはそれなりに気を使います。
怒りっぽいことがあったり、鬱っぽいことがあったり。
それを回避するために、ちょっと頑張りすぎたのかな、という気がしました。

特に今年は、前立腺ガンや椎間板ヘルニアなどあり、父のことに割く時間が増え、夜などは気を紛らすために、週の半分以上、夜外に連れ出したりしていました。

ひとつひとつは、大したことではなかったですが、塵も積もれば山となるで、父のことで気を使いすぎて疲れてしまったのかな・・・・という気がします。

いただいたコメントの中で、「いずれは、そばを離れられないときがくる」というのがございました。
逆を言えば、今は離れていても大丈夫ということですので、そんなに躍起になって気を使わなくてもいいかな、と思えました。

「家を出る」というのも一つの選択肢ですが、やはり母のことを思うとそれも難しく。
なので、せめて自分の部屋にいる間は、父のことは忘れることにしました。
なにもしないでいると、物音や話し声など気になってしまうので、ヘッドホンで音楽など聴いて、シャットアウトしてしまおうかな、と。

この夏から、絵を描かせることが、とても有効だとわかったので、もう夜も絵を描かせています。
夜、外に連れ出すのは、週に1回程度に減らしました。

そんな風にして、なんとか頑張りすぎずにやっていけたらな、と思えるようになりました。
ブログもぼちぼち復活していこうと思いますので、またよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お帰りなさいです^^

少しずつやっていけばいいんですよね。
考え過ぎも精神的に良くない事です^^;

家のばあちゃんは絵の模写もできません。
だからぬり絵からのスタートになりました^^;

ボチボチ進みましょう^^

ほんと 良かったです!

ほくちゃん流・・・ぼちぼち行きましょうです(^0^)v

お父さん お母さんも大切ですが、自分の事も大事に
してあげてくださいね!
ゆっくり元気になってください。

おかえり~^^

絵莉さんが キツイ状況からすこし元気がでてきて うれしいな!
私も『頑張らない』で『楽楽』な日々を細く長く維持していけたら・・・と思っています
何気ない小さな事がいつの間にか積もってきて・・・自分でも気付かない内に・・・というのはよくわかりますから
ホント 自分を褒めてあげたり大事にしてあげるのは大事なことかも


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

>>ほくちゃんさん
絵は、若い頃描いていたかどうかでずいぶんちがいますからね(^^;
父は、ブランクがあるとはいえ、描いていたので、今でも描けるのだと思います。
おばあちゃんも、ぼちぼちいきましょう。
ありがとうございました。

>>うさぎさん
まだまだ、完治とはいかないようですが、ぼちぼち更新していこうと思っています。
最終的には、私が倒れてしまっては立ち行かないことも多いと思うので、無理をしないでいこうと。
ありがとうございました。

>>スミレココさん
そんなに大変なことでないから、小さいことの積み重ねだから、逆に疲れている自分に気がつかないことってあるのかもしれないですね。
細く長く続けていかなくてはならない介護ですから、そんなことも気をつけないといけないなと反省しています。
お互いに、あまり疲れすぎない程度にやっていけるといいですね。
ありがとうございました。

>>管理人のみ閲覧さま
ありがとうございます。
頑張り過ぎないとはいっても、なかなか難しいですよね。
なんとか、楽な方向に・・・・と心がけていきたいと思います。

>>管理人のみ閲覧さま
片目方耳をふさぐ、くらいがちょうどいいのかもしれないですね。
いろいろ気になってしまうけれど、いろいろ言いたくなってしまうけれど、スルースルーの精神が大切かもしれません。
うちは、相手が「父」だから、多少の遠慮があるのかもしれません。
これが母となると、また話は別なんですが・・・。
ありがとうございました。

はじめまして、中嶋といいます。突然のコメントで失礼します。
http://ameblo.jp/kaigoninn/entry-10405688173.html
↑こちらのページで、こちらのブログをリンクさせていただきました。
もしよろしければ、相互リンクしていただけたらと思います。ご検討いただけますと、うれしいです。よろしく願います。

ゆっくりね

絵梨さん、身体の不調が外に現れて良かったと思っています。脳や心の疲れって、外からでは誰にもわからなくて、自分でさえも気づかずに、頑張り続けてしまうんですよね。
でも、絵梨さんご自身の体からのSOSが出た事で、身体の限界点みたいなものを感じ取ったのでは無いでしょうか?
私も自分の体に赤信号が出て、これは、自分自身の生活を見直す時期だと察知しました。
認知症家族のあれこれを心を砕きながら、接して行き、生活をし続ける事にこれほどの大変さがあろうかとは思いもしませんでした。見えない疲れが溜まっているのですよね。
絵梨さんご自身の生活のリズム(まずは心に良いことを取り入れる)を整えて、絵梨さん中心に生活が回って行く位のお気持ちでお父様やお母様の介護サービスを考えて良いのだと思います。
要介護1とか2の方って、半分しっかりしている部分があるので、全てを入り込めない分、なかなか大変な時期だと思います。只今、母も要介護2となっているので、義母の昔を思い出しながら、この時期の方がある意味大変かも???とケアマネさんと話している所ですよ。
絵梨さん、決して、無理をなさいませんように。
絵梨さんが笑顔で余裕が持てる生活が一番大事です♪

絵莉さん、こんばんは。

気持が前に向いてきて、少し元気が出てきて本当に良かったです。
ふとした時に、あぁ~自分はこんなにも疲れていたのだ、弱っていたのだ、と気がつくことがありますが、絵莉さんはお一人で何役もこなされて頑張り過ぎて、気がつくのが少し遅くなってしまったかもしれませんね。。

ここで一旦リセットできて本当に良かったです。
小さいことは気にしない~大まかな方向が間違っていなければそれで良し!位の気持でいければ良いかなと・・・

絵莉さん、こんばんは。

うちも初期(でも介護認定は要介護1でした。思ったより手厚く認定されました)ですが、それでも負担感あります!うんとあります。肉親であれば、これを負担に感じないことは絶対ないと思います。絵莉さんは、これに加えて、ガン治療とか椎間板ヘルニアの心配まであったんだから、巨大な負担感を感じて当たり前だと思いますよ~。

老いていくのは人生の一大事業の一つ。それに身内として付き合うんですから、まっとうにやればやるほど心身を削る思いをしてしまうと思います。その辛さにまで罪悪感を感じたりせず、ブログっていっぱい愚痴を吐き出しながら、連帯してやっていきましょう。

親は親の老いを背負っています。でも次の世代の私たちには私たちのそれぞれの人生があります。できるだけのことをしてあげて、そして私たちは次の時代への架け橋として未来に向けて生きていきましょう!!!

コメントありがとうございます。

>>中嶋さん
リンクありがとうございます。
こちらでも、させていただきます。
これから、よろしくおねがいいたします。

>>hiroさん
本当に、やっていることは、ひとつひとつは、大したことではないのに、自分が思っている以上に身体や心は負担に感じていたのだなと実感しました。
まだまだ、いろいろ気にしてしまうことはあるのですが、あえて耳をふさいで「気にしない気にしない」とするようにしています。
介護度は、いくつになっても、そのときそのときの大変さがあるのだと思います。
軽いから大丈夫、とか思わないで、いろいろサービスを利用していきたいですね。
ありがとうございました。

>>翡翠さん
父の認知症の進み具合をみていると、たぶん、これで間違ってないのだと思いますが、ついつい森を見ないで木ばかり気にしてしまう状態だったのだと思います。
方向性としては間違っていないと信じて、小さなことにはこだわらずいけたらいいな、と思っています。
ありがとうございました。

>>まつこさん
認知症だと、介護度1はつきやすいようですね。
サービスを利用する上ではありがたい限りです。

ある程度は親の人生は親の人生、そして自分の人生は自分のものとわりきっていければいいのですが。
ときどき、自分の人生って、なんだろう・・・・って考えてしまうのがつらいところです。
なるべく、楽しい未来を思い浮かべたいのですが。
ありがとうございます。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。