スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の父の状態

ちょっと、介護記録的なことを。

やはり、最近父の具合が進行しているのかな・・・と感じます。
短期記憶障害が、とにかく悪くなっているのは、まぁ仕方がないとして。

父が話していることが、なんだかわからないことが増えました。
もちろん、まだ普通に会話できることもあるのですが、何を言っているのか不明なことが増えてきたな、と。
そういうのは、大抵、半分は独り言のような感じなので、特に返事しなくても大丈夫なんですけれど。

時間の概念も、以前にも増してあやふやになっています。
あらぬ時間に、犬の散歩に行こうとしたりしますし。
犬の散歩も、長かったり短かったり不安定になっています。
どうかすると、1時間近くかかったりするときもあれば、20分程度で帰ってきてしまったりします。
犬は老犬なんで、短い分にはかまわないのですが、さすがに連れているのが健康なモモだけとはいえ、1時間は長すぎます。
モモだって、15歳なんです。

絵を描く集中力が衰えてきたなと感じます。
以前は、1時間近く描いていることが出来たのに、今はせいぜい30分程度です。

それと、こないだも書きましたが、徘徊の危険性が出てきました。
安心ナビでなんとかしのいでいますが、これからますます気をつけないといけないなと感じています。

あと、困ったこととしては、便失禁・・・というほどひどくもないんですが、ちょっと漏らしてしまうことが目立ってきました。
どうも、少しおなかが緩めらしくて、ちょびっと汚してしまう、という程度なんですが。
父も恥ずかしいらしく、きちんと申告されないのが困りものです。
尿漏れパッドというのはありますが、便漏れパッドってないですよね。
生理用ナプキンで代用でしょうか!父に生理用ナプキン(笑)
でも、おなかが緩いのは根本的解決が必要ですよね。

アリセプトを飲ませ始めて、半年。
もう効き目があまりなくなってしまってきたのでしょうか・・・

ここには、悪いことばかり書きましたが、もちろんまだ出来ることもたくさんあります。
集中力が衰えたとはいえ、まだ毎日絵も描いていますし、会話だって普通にできる方がまだ多いです。
冗談も言います。
足腰は、椎間板ヘルニアなどどこ吹く風という感じです(再発が怖いんですが)
なので、悪いことばかり考えても仕方ないですけれどね。
やはり、どんなに頑張っても進行してしまう病気なのだなぁ、と実感しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

介護のキーパーソンとして

正確な現状把握は大切なことです。

希望を捨ててはいけないけれど、病気や老いは非情なもので、どんなに一生懸命頑張っても思い通りにならないことはたくさんあります。

相手の尊厳を損なうこと無く、ある時はおだて、ある時は毅然と言い聞かせ、自己嫌悪と反省と諦観と納得で、どうにか凌いでいる毎日です。

悪いことばかり考えるなという叱責や励ましは、人の感情としては当然でしょうけれど、現実に◯◯が出来ない、××してしまう、だからどうフォローするべきか考えなければならないわけで、××したら△△して躱す、防ぐ、引き取る というように、常に起こりうる事態と対応策を予め想定しておかないと、いざという時満足な対応が出来ません。

自己申告はまるで当てになりませんから、体温や顔色、日中の様子、便の状態で探っていくしかありませんが、何だか大昔の、餌の食べ具合とか、糞の状況を日誌に記録してた、生きもの係やってた頃を思い出します。

こうやって人間から生きものになっていくんだなあと、しんみり思ったりします。

絵莉さん、こんばんは。

うちの母の認知症もやはりはっきりと進行しています。朝晩の電話も、会話をするというよりも、無事を確認するという目的になってきました。一喜一憂するとこちらの精神が消耗するので、とにかく変化を淡々と受け入れて、あきらめつつ対応を模索するという感じです。「老いる」というのはたいへんなことですね。

負のエネルギーの渦に巻き込まれてしまわないように、健康な人たちとの付き合いも大切だなと、改めて思うこのごろです。


絵莉さん こんばんは。

認知症・・・毎日が一喜一憂ですよね!

でも、お父さん あんなに繊細な絵を描かれるんですもの
まだまだ・・大丈夫のように思えます。

便失禁・・・本人ににとってショックな事!
プライドを傷つけないようにしてあげなければ・・・
家族の対応が難しいですよね。

絵莉さん

少しずつ病気が進行していく、傍でどんなに頑張っても止められないのが悔しく悲しいですが、それが現実ですものね。

でも、出来ることがたくさんあり、お父様ご自身が楽しめることもまだ沢山ある、そう思って日々乗り切っていくしかないのでしょうね。
あんなに素敵な絵がたくさん描けるお父様ですもの。なるべく良いところだけ見ていきましょうよ。

コメントありあgとうございます。

>>POTEさん
現状把握は大切ですよね。
いいこともあるので、必要以上に悲観的になる必要はないですが。
本当に、自己申告はまったくアテにできないですしねぇ。
医者に行くと、「全然なにも問題ないです!!」と堂々と言っていますからねぇ(^^;
もちろん、先生の方も、それがアテにならないことは承知していてくれますが。
「生き物係」とは言いえて妙です(笑)

>>まつこさん
日々、進行していくのを感じているのはつらいですよね。
あまり、こだわりすぎずに淡々と受け入れられるのが一番いいんでしょうね。
普段は、わりと気にしてないつもりなんですが、ふとした拍子に「あぁ、これもまたできなくなっている・・・」と落胆してしまうことがあります。
健康な人とのつきあい、大事ですね。
なるべく、心がけようとおもいます。

>>うさぎさん
絵の技術そのものは、衰えてないのですが、つい数ヶ月前までは1時間くらい描けていたのが、今はせいぜい30分がいいところなんです。
なので、1枚の絵の完成に時間がかかります。
時間とか気にしないでいればいいんですけどね。
絵を描くのをやめちゃうと、またいろいろ何度も同じことを聞くので、なるべくなら描いていて欲しいのですが(^^;

>>翡翠さん
絵を楽しく描けるし、デイも楽しく通っているので、それでよしとしなくてはいけないのかなぁ、とは思っています。
進行は、だれにも止められないですものね。
アリセプトだって、「進行をゆるやかにする薬」ですし。
のんでいなかったらもっと進んでいるのかもしれないですよね。
そう思って、見守っていこうと思います。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。