スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートステイ

先日のこともあり、やはりなるべく早めにショートステイを利用しようかなと思います。
うまくいくかどうかわかりませんが・・・。
一度試してみて、父が嫌がらなければ、定期的に利用できるようにしようかな、と。

それができれば、私も母も気持ちのリフレッシュができるので、父がいる日でも、もう少し心に余裕ができるでしょうし。
それに、やはり、私もまだまだ旅行とか行きたいんです。
でも、今の父と母では、二人きりでは難しいと思うので・・・・。

と思って、ケアマネさんに電話をしないと・・・と思っているのですが、「いざ」となるとなかなか踏ん切りがつかないものですね。

在宅介護を続けていくためには、避けて通れないし、
うまくいけば、今より良い状態で介護が続けられるということ。
ということは、頭ではわかっているのです。

家で、何度も同じことを言ったり、
いらんこと繰り返す父にうんざりしたり、
そういう気持ちで介護に当たり続けるより、
プロの方にお任せして、気持ちをリセットした方が良い

わかっているんです。

でも、ケアマネさんに電話をすることをためらってしまう自分がいます。

デイサービスのときも、「どうだろう??」と思っていましたが、
うまくいきました。

ショートだって、うまくいく可能性が高いんじゃないかと思います。

介護生活も4年目です。
ショートステイ利用したっていいじゃないですか。
いえ、きっと、すべきなんです。

なのに、電話がかけられないんです。

利用して欲しいのに。
出来た方が、きっといいのに。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私が始めてショートを考え出したのは 今の絵莉さんと
同じ様な思いをしてた時だった思います・・・・

しかし中々決断はできませんでした!

環境が変り 帰ってきたときに悪くなってるのでは?
ショートに送り出すことが 追い出したように思えたり・・・・

でも期待に反して?? 上手くいきました!
一度利用して 合わないと思えば又次を探せばいいし
もっと 気持ち楽にして考えてみたらどうですか?

案外・・・案ずるよりうむが安しかも(^-^*)

きっと、上手くいきます

ワタシも、うちの爺様はお泊まり(ショート)なんてゼッタイ無理無理…と信じ込んでいました。

うちの場合は、入院中の婆様と、在宅の爺様の世話にあっぷあっぷしてるワタシを見かねたケアマネさんの先導で、あれよあれよという間に話が進み、初めての利用なので、慣らしの意味も含めて二泊三日くらいかな~と思っていたら、初のショートは10日間でした。

ととと10日間~?と、初めての荷造りに右往左往し、持ち物、着替えに名前を書きながら、ホントに行かせて大丈夫なんだろうかと、送迎車に乗り込む迄迷いに迷い、気分は初めての遠足を前にした幼稚園児の母親同然でした。

結果は、スタッフさん達の御尽力のおかげで、帰宅願望もなく、マイペースで機嫌良く過ごしていたらしいです。

何より、ワタシに与えられた自由でパラダイスな時間がどれだけ嬉しかったことか。

気持ちがリフレッシュ出来たうえ、自分が楽したいからショートに行かせたという罪悪感から、帰宅した爺様には優しくなれましたし、多少の我がままな言動も聞き流せる余裕が出て来ました(笑)。

ケアマネさんに電話してみましょう。
頑張って。

No title

絵莉さん、こんにちは。

複雑なご心境、想像できるような気がします。介護をされている方は、みなさん同じような気持ちを経験をなさるようですね。

でも、きっと大丈夫ですよ。お父様、もともと社会性のある方でいらっしゃるから、専門の介護職の方やご一緒に宿泊される他の方たちとも、スムーズに対応されるのではないでしょうか。

読者のみなさんも皆で応援していますから、がんばってケアマネさんにお電話してみてください!

No title

>>うさぎさん
「ショートに送り出すことが 追い出したように思えたり・・・・ 」
まさしく、その通りです!
なんだか、邪魔者扱いするような気がしてならないんです。
そして、それは半分当たっていますし・・・

でも、それで状況が良くなるのなら、結果オーライのはずですよね。
とりあえず試してみることが大事ですよね。
と、今、自分に必死に言い聞かせています。

ありがとうございます。

>>POTEさん
いきなり10日ですか!?
それもすごいですね。
とりあえず、2泊くらい試してみて・・・・と思っているのですが。
父は、ちやほやされるのが大好きなんで、介護士さんたちとはうまくやれると思うんですけど。
やっぱり、私たちの気持ちの余裕も大切ですしね。
というか、それが何より重要ですよね。
勇気を振り絞って、電話してみようと思います。
ありがとうございます。

>>まつこさん
たぶん、みなさん通る道なんでしょうね。
私も、ひとに対しては「気持ちの余裕が大切ですよ」とか言えるんですけど(^^;;;;
自分のこととなると、矛盾した気持ちが戦ってしまいます。
これは、たぶん、将来、特養などを検討するときにも感じることだと思いますが。
うまくいくことを信じて、電話してみようと思います。
ありがとうございます。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。