スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事介助にショートステイ

やっと少し落ち着いてきたような。
毎日食事介助をしています。
とはいっても、犬ですけどw

お医者さんに「もうダメ」と言われたのに、奇跡の回復をとげてきたのですが、どうもボケてきてしまったようでして。
自力で、水を飲まない、食事をしない。
一度立ったら、倒れるまで自分からは横にならない。
という状態の犬です。

犬用の介護食に、人間用のとろみをつけるのを足して、完食するまで口に運んで食べさせてます。
立ったら、適当な頃合いを見計らって、横にさせてやっています。

これって、人間だったら要介護度3くらいでしょうか???
でも、残念ながら、犬に介護サービスはありません~~~

犬の面倒は、ほぼ私が全部見ており、父にはもちろん、母にも難しいので、
犬が逝くか、自力で飲食できるようになるか、どちらかにならないと、私は外出不可能です・・・。
とほほ。

父は、リスパダールの0.5mlを1日2回、夕方と夜に服用させるようになったら、夜わりとスムーズに床につくようになりました。
こっちは、ホッと一息というところですね。

でも、先月の慌ただしさの中、「もう、ショートを使うしかない!!」と予約を入れたので、せっかくなので、お試ししてみようと思います。

来週の水曜~金曜です。

すごい緊張します。
リスパのおかげで、ショートを使わなくてもしばらくやっていけそうなので、断っちゃおうかなんて思わなくもないです。
でも、ここで、また先延ばしにすると、機会を失いそうなので、思い切って・・・
あぁ、でも、緊張します。
うまくいかなかったら??

まぁ、そんときはそんときですよね!!
当たって砕けろ。
デイだって、「ダメだろうな」と思って行かせたら大丈夫だったし!

あぁ~~~
持ち物に、名前をつけないと・・・
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

絵莉さん こんにちは。

ご無沙汰してました(*_ _)人ゴメンナサイ
ワンちゃんのお世話大変ですね・・・・・・

お父さんリスパダールで 落ち着かれてるようですね!

ショート せっかく予約されたんですから お父さんに合うかどうかは試されてから 考え
られたらいいのでは・・・・・・

段々絵莉さんの時間がなくなっていくようですが 無理しないで下さいね。

コメントありがとうございます。

>>うさぎさん
いえいえ、こちらがすっかりご無沙汰してしまっておりまして。
犬は、だいぶ食欲も出てきているようですので、もう一息で自力で食べてくれるようになるんじゃないかと、そこはかとない期待を抱いているんですが・・・
「食べさせてもらう」に慣れてしまって、本当は食べられるのに食べないんでは??とか思ったり(^^;

ショートは、この先のことを考えると、いつかは利用しなくてはならないのですし、思い切って試してみようと思います。
もう、あさってです。
緊張します~~~

No title

絵莉さん、こんにちは。

ショート、ぜったい思い切って利用なさった方がいいですよ!「介護や育児は社会全体の責任で分担すべき」という面もあると思います。お父様、社会性のある方だから、大丈夫ですよ、きっと!

ワンちゃんも手厚い介護を受けて幸せですね。

絵莉さんのところも

うちは、爺(要介護4)婆(要介護3)の、ダブル介護ですけれど、絵莉さんもダブル仲間になってしまわれているような…
ホントにお疲れ様です。
ショートを利用する前は、ワタシも、送迎車が走り出す瞬間まで、迷い続けてました。
前夜まで洗面具やら下着に名前書きながら、気分は、初めての遠足に子供を送り出す幼稚園児の母(笑)でしたよ。
でも、利用して正解でした。
要介護者と主介護者が距離を置く事は、特に主介護者の負担軽減の為には必要です。
僅かな日にちでも、離れる事で、気分は楽になりますし、罪悪感から(笑)優しくなれます。
わんちゃんのことがあるので、泊まりに行ったりは出来ないでしょうけれど、それでも、一度ショートを経験なさるのは、今後の為にも良いと思います。

コメントありがとうございます

>>まつこさん
「社会で分担」そのために、介護保険があるのですよね。
共倒れにならないためにも利用した方がいい・・・
それは頭ではすごいわかっているのですけれど(^^;
断りの電話をかけそうになるたびに、気持ちを理屈で抑えつけています。

>>POTEさん
そう言ってくださると「あぁ、みんな同じなんだな」と思えます。
せめてと思って、かわいい物好きの父のためにネームタグはかわいいのにしました。
「かわいいねえ」と無邪気に喜んでいる父を見ると、ちょっと心が痛みます。
まだまだ続く介護生活のことを考えたら、利用するべきですよね。

No title

絵梨さんご無沙汰ばかりでごめんなさい。
ショートステイは、デイ以上に精神的に辛いものですね。
でも、こればかりは、本当にやってみなければわかりませんものね。
「案ずるより産むがやすし・・・」です^^
ワンちゃんも大変のご様子、外出ができない事は、本当に辛いしストレスたまりますね。
何か良いリフレッシュタイムを見出さると良いのですが。
絵梨さん、ショートステイは、自分自身の気持ちを一度リセットして、気持ちを立て直すために必要なんです。
「離れる時間が愛育てますよ^^」
そして、優しい気持ちも復活します。
長く続く介護生活の栄養剤とでも言いましょうか。
お父様のショートステイ、良い方向へと進むようにお祈りして居ますね。

コメントありがとうございます。

>>hiroさん
いえいえ、こちらがすっかりご無沙汰しておりまして。
コメントありがとうございます。
「案ずるより産むが易し」
その言葉を信じて、断りの電話をかけたいのをぐっと我慢しています。
うちは、まだまだ介護生活、長く続きそうですので、「これも必要なこと」と言い聞かせています。
ありがとうございます。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。