スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメでした

ショートステイ初体験、失敗しました。
着いて、早々に「帰りたい」と言い出したようです。

やはり、デイとは全然雰囲気がちがいますし、なにしろベッドがあって個室というのが、父にはダメだったようです・・・。

最初から強い拒否反応を抱かれてしまったので、ここは、大人しく引き下がることにしました。

「なんか、邪魔者にされたみたいだ」
「ここに泊まるくらいなら、山に行って一人で生活する」
と言い出されては、無理強いもできません。

連絡を受けてケアマネさんが来てくださって
「デイに来ている方たち、全員にお試ししていただいているんですよ」
とか、言ってくださったのですが
「今日は帰る」
の一点張りでした。

やはり、まだちょっと早かったのでしょうか・・・・

ケアマネさんは「これが最後のチャンスというワケじゃありませんし」とおっしゃってくださいましたが、当分は「もう一度」とは、ちょっと考えにくいです。

もちろん、先のことを考えたら、またチャレンジはしてみますが。

デイがすんなりといったので、私の方も考えが甘かったようです。
もう少し、根回しをして、はじめからケアマネさんに来ていただくとかすればよかったです。
まだ、「じゃ、来月もう一度」とは考えられませんが、この次はもう少し慎重に行こうと思います。

ケアマネさんが、「全員にお試しを~」とか話をしていたときは
父も調子を合わせて
「じゃぁ、今度遊びに来ちゃおうかな」
「泊まっちゃったりして」
なーんて、ほんとに調子の良いことを言っていたので、はじめからケアマネさんにサポートをお願いしていれば、今日だってうまくいったかもしれません。

でも、仕方ないです。
「今は難しい」ということ、「そういう手がある」ということがわかっただけでも、今回は良しとします。

お昼の時点で帰ることになってしまったので、外食をして、ショッピングセンターで遊んでから帰りました。
ゲームセンターで、リラックマのぬいぐるみをUFOキャッチャーでゲットできて、父はゴキゲンです。
(とったのは、もちろん私です)

応援してくださった方々、ありがとうございました。
当分は様子見ですが、またチャレンジしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

駄目でしたか・・・・・・・
しかし チャンスはまだまだあります!
お父さんは 直ぐ忘れられても まだまだ自分の思いをしっかり?持っておられるだけに
説得も難しいですよね・・・・・・・

今度は ケアマネさんと作戦をねって挑戦
して下さい(^o^)v

コメントありがとうございます。

>>うさぎさん
そうなんですよね。
「~したい」という意思だけは、まだしっかりと持っているので、自分の好まないことは「したくない」という主張もまだ出来てしまうのです。

時期尚早だったかなぁという気がしないでもないですし、がっかりしていないと言ったらウソになりますが、これに懲りずにまたチャレンジしてみようと思います。
ありがとうございました。

うーん、残念…

確かに、「嫌だ」と言ってるものを、無理強いする訳にもいきませんが。

施設も、また、あっさり家族に連絡して来ましたね。
暴力を振るうとか、モノを壊して大暴れするならともかく、大抵のステイ初心者は皆帰りたがるんですから、そこを宥め、上手に順応させるのも、施設の手腕ではないかと思うのですが。

うちも初ステイは、「ワタシ休みたいからステイに行って」とは言えず、本人を説得出来る自信も無く、「ワタシ、入院して治療することになりました」と嘘ついて、施設の方にもそれで話を合わせてもらって、送り出しました。

嘘は良くないんじゃない?と義姉上から苦言を頂き(お爺ちゃんだって、ちゃんと説明すれば分かってくれる…って、それが出来ないから嘘までついたんです)(義姉上の前では、そりゃー聞き分けのいい、愛想の良いお爺ちゃんですよ)、ヨメ入院偽装作戦は、それでも3回くらい使いましたかね。

ケアマネさんや施設の方も、きっと力になって下さいますから、どうか諦めずに、また挑戦なさって下さい。


コメントありがとうございます。

>>POTEさん
一応「無理強いはしない方向で」という方針だったので、連絡してきたのだと思いますが、私も「もうちょっと・・・」とは思いました(^^;
父は、まだしっかりしている部分も残っているので、逆に扱いにくく敬遠されてしまったのかな・・・とか思わなくもないです。

私の読みが甘かったせいもあるので、次回の挑戦時にはじっくりと作戦を練っていこうと思います。
すぐには無理ですが、大丈夫です。まだ諦めてはおりません。
ありがとうございました。

そうでしたか・・・

絵梨さん、
一歩踏み出したのですから、
落胆することはありません。
もしかしたら、夜にお一人になることが、
不安だったのではないでしょうか?
大部屋の4人部屋とか、人の気配のある施設がお父様には向いているのかもしれません。
少し、間を置いて、
今度は、ショートステイ先で、何か行事の入っている時をねらって、
ケアマネさんにお願いしてみるのも良いですね。
なかなか、利用者には解らない施設行事ですが、ケアマネさんから聞いて頂けば、解ると思います。まずは、楽しいイメージを持っていただくために、そういう手だても必要かもしれません。
まだまだ、たくさんやり方はありますから。
チャレンジして下さいね。

No title

絵莉さん、お疲れ様でした。

またいずれ機会もあると思います。どうか粘り強く、再挑戦してみてください。

我が家は「(3月の地震の後で)余震のおそれがあり、電力も供給停止になるので、一人暮らしの人にはしばらくの間、転居をお願いしている」という『行政指導』をケアマネさんに演じていただきました。母はそれなりに納得していました。

無理やりというのでなく、それなりに本人の納得できるストーリーというか、根拠があるといいように思います。認知症と言っても、判断力はある程度ありますから、「社会のため」とか「家族のため」というような大義があれば、それを受け入れるという心構えは持てるような気がします。

たとえば絵莉さんとお母様がどうしても2泊程度家を離れなければならない予定があるから、その日は泊まりに行ってほしいとお願いするというような方便も有効なのではないでしょうか。嘘というより、本人が納得するための根拠づくりのように思います。

次こそはうまくいくように願っています。

コメントありがとうございます。

>>hiroさん
そうですね。今まで「使ってみたい」というだけで、実際に利用までは至らなかったのですから、小さくとも一歩は一歩ですよね。
失敗はしたけれど、学んだことはあるので、これはこれで良しとします。
最近は、個室のところが多いですが、4人部屋とかも検討してみたいと思います。
行事があるときとか、いいかもですね。
ありがとうございました。

>>まつこさん
なるほど、やはりまつこさんのところも、ストレートにはいかなかったのですね。
施設に関しては、ほんとに、いままですんなり来てしまっていたので「なんとかなるだろ」くらいに考えていたのが甘かったです。
次回は、何かストーリーを考えたいと思います。
ありがとうございました。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。