スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう

前の記事にコメントをくださった、うさぎさん、hiroさん、レス遅くなりまして申し訳ございません。
ありがとうございました。

犬は、とうとう、動けなくなりました。
前足が硬直してしまって、立つことが出来ません。
もう、本人にも立つ気力がなくなってきているようです。
ごはんも、あまり食べません。
固形物は受け付けず、完全に液体のものでないと飲み込みません。
それも、ほんのちょっとです。

お医者さんいわく、心臓はしっかり動いているということですが。
動けなくなると、それも危なくなるので、前足をマッサージしてやってくださいとおっしゃってましたが、
マッサージしたときは少し柔らかくなるのですが、またすぐ堅くなってしまいます。
つきっきりで、マッサージしつづけるわけにもいきませんし。
それに、本人にあまり立とうという気力がなくなっているようなので。
ちょっと前までは立ちたくて暴れていたクセに。

夜は、私の部屋で寝かせることにしました。
ひーひー言っても、これならすぐ対応できますし、なにより、父を起こしません。
私自身も、寒い玄関で面倒みるより、自分の部屋の方がラクですから。


そして・・・
「とうとう」なのは、犬ではなくて、母です。
今日は、母の受診日だったのですが、犬のことがあったので、付き添いできず一人で行ってもらったんです。
でも、いろいろダメだったようで・・・
「ちょっと物忘れが多いようなので、この次はご家族の方が一緒にいらしてください」
と言われてしまいました。

「とうとう」とはいっても、うすうすはわかっていました。
最近の物忘れの多さは、単なる「物忘れ」の域を超えていることは。
忘れたこと自体覚えてないことも増えました。
勘違いも多くなりました。

とうとう、母も認知症の仲間入りです。

わかってはいましたが、とうとう来たか・・・・という感じです。
まぁ、まだ、全然軽度な状態ではありますが。

受け入れなくてはいけないのでしょうね。

受け入れることが、認知症患者にとって最善の道なのは、父のことで実証済みなので、頭では充分理解しているんですが、気持ちが拒否してしまいます。

父も母も認知症
(そして、兄はあまり便りにできない)

その八方ふさがりな状態にも、「もう、どうしたらいいの!!」って感じですし。
まぁ、そんなこといってもしょうがないですけど。

というか、これを書き始める前には、号泣していたんですけど。
「もう、いや!!!!」って絶望的な気分だったんですけど。

なんか、書いていたら落ち着いてきました。

父の時もそうでしたが、母のことも、少しずつ少しずつやっていくしかないですね。
いっぺんに、いろいろなんとかしようと思わずに。
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

No title

絵莉さん、こんばんは。

なんと書いたらよいのか、言葉が見つかりませんが、どうか一人だけで抱え込まず、絵莉さんご自身の人生を大切になさってくださいね。お兄様があまりあてにできなくても、社会のネットワークを大いに活用して、どうかご自身の支えとしてください。ネットのこちら側からではありますが、いつでも応援しています。

コメントありがとうございます。

>>まつこさん
ありがとうございます。
まだまだ軽度ではありますが、油断しているとボディブローをくらうようなポカをしてくれるので、ときどき途方に暮れてしまいます。
せいいっぱい、介護サービスなどを利用しつつ、支えていきたいと思います。

No title

絵梨さん、
お気持ちお察しします。
まつこ様のおっしゃる通り、遠くの身内より近くの介護サービスだと思いますので、
ケアマネさんと十分にご相談なさり、
最大限にサービスをお使い下さいね。
我が家も結局は、自分たちの中で決めるしかなく(ほとんど私が)、三人の介護計画を
立てていました。
大丈夫!!
お父様の大変な事も乗り越えていらした絵梨さんですから。
でも、決して、ご自身の事ばかりを我慢なさらないで、時には、息抜きも大切になさって下さいね。
私もいつも応援しています^^
絵梨さん・・・ゆっくりと休める日があると良いのですが・・・

No title

絵莉さん

すっかりご無沙汰してしまいました。

お母様のこと、絵莉さんご自身が薄々気付いていたこととはいえ、お医者様からあらためて言われ、さぞショックだったことでしょう。お気持ちお察しします。

皆さんと同じになりますが、どうか一人で何もかも背負い込まず、使える手は何でも使い、介護サービスも最大限に利用して下さいね。
ご自分のための時間を少しでも作って下さいね。
お父様のご病気にずっと寄り添ってきた絵莉さんですから、お母様のことも少しずつ前向きに進んでいけると思います。
私もこちらの世界でずーっと応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます。

hiroさん、翡翠さん、レスが遅くなってしまいまして、ごめんなさい。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
温かい言葉、ほんと涙が出るほど嬉しいです。

>>hiroさん
アテにならない兄よりも、介護サービスですね。
ありがたいことに、父のケアマネさんは、本当にいろいろ調べてきてくださりますので、助かっています。
母は、まだ「要支援」なので、ケアマネさんはいないのですが。
母のことも、心の整理がつけば、少しずつ前向きにいけると、父の経験からわかってはいるつもりです。
焦っても仕方ないですよね。
少しずつ進もうと思います。

>>翡翠さん
父がショートを利用できれば、少しはゆっくりできると思うのですが、現状では難しそうで・・・
来年は、ショートの利用をみすえたデイの利用をしていきたいと、ケアマネさんとも相談しております。
介護の先輩たちが応援してくださっているのは、本当にありがたいかぎりです。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。