スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演技

今日は、父、デイサービスでお出かけした模様。
梅を見に行ってきたそうです。

そして、しきりに「前に行ったことあるところだ」と言っていました。

まぁ、父、大抵のところには「行ったことある」なんですけど(^^;;;

初めて行った場所、初めて行ったお店
「ここ、前に来たことあるよな」
と必ず言います。

まぁ、適当に話をあわせておけばいいんですけど・・・

これが、母の場合、なかなか話を合わせるってことができないんです。
特に、思い当たる場所があると、
「それは違うところよ」
と言ってしまう・・・・

母は、間違っている、ということが我慢ならないタイプで、認知症介護に非常に向いてないんですねぇ。
だーいぶ、慣れては来て、やたらめったら否定したりはしなくなったものの、まだまだ、なかなか。

私なんかは、父の言っていることややっていることが、危険だったり、極端に困るような事態にならなければ、もうなんでもいい、と思ってるんですけど、母にはなかなか割り切れないんですかねぇ。

スポンサーサイト

テーマ : 日常
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

梅の香り 好きなんですよねぇ~♪

なかなか 肯定出来ない事、身内ならそう思います。
私も この仕事に就いていなかったら きっと
それは違うよ・・・言いまくりだったかもしれません。
認知症をお母様にも知って頂ける機会があれば
違うかもしれませんよね。

お母様の間違ったことはそのままにしておけないというキチンとしてらっしゃる性格と、あとは自分の夫であるお父様の、本来ならそんな変なこと言わないはずなのに病気だから、でも~という割り切れない気持ちと複雑に入り混じっていらっしゃるのでしょうね。

立場は違いますけれど、ウチでも私としては、大事にいたらなければまぁ良いか~と流せることであっても、同じ年寄りの姑は、一生懸命母の言うことを訂正したり、フォローしたり・・・おそらく行く末の自分の姿を重ねあわせた言動なのかも、なんて思っています。

>>kayoさん
梅、いいですよね。うちの庭の梅も満開です。

いろいろ説明はしてるんですけどねー
臨機応変にはなかなかうまくいかないようです。
以前よりは、だいぶよくなってはいるんですけど。

>>翡翠さん
そうなんですよ。
「自分で選んだ夫」っていうのと、「自分では選べない父」っていう違いもあると思うんですよねー。
頭ではわかっていても、「なんで!?」って思っちゃうところが、まだまだあるんだと思います。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。