スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の役割・私の役割

なんとなく、これまでのことなど思い返してみて思ったこと。

今、私と母で父の介護(といっても、身体的な問題はないので、言動へのフォローだけれども)をしているわけなのですが、日々感じるのは、母よりも私の方が認知症への理解度が高いと言うこと。

何度か日記で愚痴りましたが、母はどうしても間違ったことを言われると訂正しようとしてしまう癖が抜けない。
私は、基本的に適当にスルーできる(ときどきできないときもあるけど)。

でも、それって、たぶん母がいるから出来るんだな、と思い当たりました。
母が、反面教師になっているというか。
母がムキになって「そうじゃないでしょ」とか言って悪戦苦闘しているのを見ているので、「あー、あれじゃダメだ」と思うから、スルーできるという面があるのかな、と。

それに、私は在宅とはいえ仕事があるので、どうしても母の方が父と接する時間が長く、私の方が短いので、優しく接することが容易なんですよね。
そういう意味では、母に割を食わせているなぁ、と思うのですが。

さらに、やっぱ夫婦の方が遠慮がないんですよね。
親子の方が、どっか遠慮が出てくるというか。
父の認知症がうんと進んでしまったらどうなるかわかりませんが。

結論としては、母がちょっとくらいうるさいこといっても、私が優しく接してあげれば、バランスがとれるんじゃないかなーと。

できれば、母も優しく接してあげられれば、もっといいことはいいんですが・・・。
出来なくても、あまり目くじら立てて怒らないようにしようと。
しようと、思うんですけどねぇぇぇ。
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

そうかもしれませんよね

ヘルパー目線から見ると やはりご家族の方は容赦ないなー^^;
と、思う事あります。
遠慮がないから言えちゃう事でもあると思うし
常に接していれば 言いたくなる気持ちもまた解る。
言う事も時にはアリだとも思いますが その匙加減がまた
微妙なところですよね。

>>kayoさん
「認知症の介護は、家族では難しい」といわれるゆえんは、このあたりなんでしょうね~。
しかし、難しくてもなんでもやらねばなりませんし。
頭では、「優しく接した方がいい」ってわかってるんですけどね(^^;
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。