スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大仕事

遅ればせながら、犬の狂犬病予防注射に行ってきました。
ほんとは、もっと早くに行かないといけないんですけどね。
なんだかずるずると行きそびれてしまって。

ついでに、フィラリア予防の薬ももらってきました。

しかし、うちは3匹いるんで、大仕事でした(^^;

車にのせて、医者で注射を打ってもらう間は押さえつけて、帰ってきたら毛だらけになった車の掃除。

まぁ、それはいいんですが・・・

お医者さんが、午後は4時からというので、父が犬の散歩に行ってから医者に行ったのです。

そのあとが大変でした。
「じゃぁ、犬の散歩行ってくる」と言うのです。

そこで行かせていればよかったんですが、「もう行ったよ」と言ってしまったもので、そのあと、もう何回も何回も何回も「犬の散歩行ったっけ?」攻撃がすごかったです。
というか現在も。

毎日、聞くことは聞くんですが、大抵はせいぜい2~3回程度。

でも、いつもと違うことがまじっちゃうと、聞く回数が断然増えますね。
医者から帰ってきたときに、もう1回行かせていればよかった・・・・と、現在後悔。

また、母が、説得口調になっちゃうのが痛いです。
「犬の散歩行ったっけ?」って聞かれたら「行ったよ」ってだけ答えればいいものを、なんとか納得させようと、色々付け足して言うのが逆に混乱させてます。

臨機応変さが、まだまだだなぁ

それはそうとして、
(狂犬病予防 + フィラリア検査 + フィラリア予防薬)×3は、けっこー痛いです。
主に、懐に・・・

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です

わんちゃん達3匹の受診は大変そうですよね。
・・・この子をここに待たせてこの子はここで・・・とか
想像しただけで大変過ぎです。本当にお疲れ様でした!

それに加えてお父様の質問攻め・・・。
うちもそうですが、確かに日常の均衡を破ると途端に
混乱しますよね。
こちらも焦ってしまいますが、仰る通り臨機応変に
対処できるようにならないといけないなぁと思います。
そういう私は臨機応変どころか一喜一憂する毎日です^^;;

>>狸庵さん
医者へは父を同行させましたので、犬持ち係は父でした。
そのあたりは役に立ちました(笑)

私も、なかなか臨機応変は難しいですよ~
あとから、「あーあのときは、こう言えばよかったんだー」とか思うくらいです。

ワンちゃん3匹の予防接種お疲れ様でした~

お父様、ご自分のお仕事?であるお散歩が気になって気になって仕方がないのでしょうね・・・

私もしょっちゅう母に対して「しまった!こう言えば良かった!」と思うことばかりです。特に最近母はすぐご機嫌斜めになるので・・・^^;;;なかなかうまくはいかないものですね~

>>翡翠さん
そうなんですよねぇ>自分の仕事
別に2度行ったからといって、何も悪いことなんかないんだから、「行ったよ」って言わないで行かせれば良かった・・・と思いました。

なかなか、その場その場で適切な対処って難しいですよね~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>313さん
コメントありがとうございます。
認知症患者相手に、「説得しない」を貫くって本当に難しいですね。
私もわかっていてもときどきやってしまいます。
若い私でさえそうなんですから、父と歳の大差ない母には、もっと難しいんでしょうね。
ただ、「説得すること」を諦めちゃうと、けっこうラクだったりするので、その辺少しずつ母にもわかってもらっています。
ちょっとずつですが。
プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。