スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W介護への道

またまた、久しぶりに書きます。

家のこと、仕事のこと
まぁまぁ、順調と言えば順調です。

仕事は、ちょっと今関わっているプロジェクト自体は思わしくないんですが(^^;
そして、リストラ(業務委託だけど)されそうですが、なんとか次の仕事も確保できそうですので。

家のことも、父は、最近めっきり認知症の症状が進んだなと思いますが、
全体的に鈍くなってきたせいか、特別に怒って興奮してしまうことも減り、寝かせるのにちょっと手間がかかる程度です。
でも、話すことも減り、冗談を口にすることも減ってしまったので、それはそれで寂しいですけど。

そして、母ですが、物忘れは多くなってきましたし、作話も増えましたが、なんとかそれでも、家事は一通りこなしております。

ただ、先月受けた長谷川式テストでは、23点まで下がっていました。
軽度の認知症ですね。

このまま、進んでしまうと、確実にW介護です。
今日は、医者でそう言われました。

経済的な問題
単純に介護の手間の問題

正直、お先真っ暗です。

兄は、人手としても経済的な面でも、アテになりません。

兄と、兄嫁がうまくいってませんし
うちと兄嫁の仲も、もう全然うまくいってません。

この先、私は仕事を続けられるか、わかりません。
母が本格的に家事が出来なくなったら、もう無理でしょう。

在宅での仕事が、ある程度あればいいのですが・・・。

この先、認知症の両親を一人で抱えて生きていかなくてはなりません。
介護サービスはありますが。
それを利用しても、どれだけしのげるか。

私のスキルを生かした仕事は、この近所にはありません。
どうしても、通勤時間が1時間以上はかかるところまで行かなくてはなりません。
残業もあります。

仕事を辞めて、両親の面倒をみるとなると、両親がいなくなったとき
私は生きていく術を失うでしょう。
私の仕事は日進月歩で、長いブランクがあるともう追いつけませんし。
私も、そんなに若くはないです。
両親の面倒をみたあとに、現場復帰は無理でしょう。

なんとか、両親の介護と、私の仕事の両立ができる道があればいいのですが・・・。

暗すぎますね。
今すぐ、どうこうではないのですが、そんなに遠くない将来のことのようですので、模索していかねばと思います。




追記

くらーくなりながらも考えていたのですが、いざとなったら、この家(というか土地)を売って、父と母を預けることが出来れば、仕事もできるなーと思い当たりました。
父と母が住まないとなれば、私が一人この家に住み続けるのは、広すぎますし。
兄は、この家に住むことを狙っているとは思いますが、そうも言ってられない事態ですし。
言うほど簡単なことではないですし、そう簡単に施設に預けることを決断できるかは、また別の話ではあります。
でも、「どうしても」という事態になったら、そうすればいいんだと思ったら、急に気が楽になりました。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

大丈夫?

最近の父の口癖です。

「大丈夫?」

何が大丈夫なのかは、さっぱりわかりませんが、やたらと「大丈夫か?」と聞きます。
聞きたいのはこっちだ!と思いつつ、仕方ないので
「大丈夫だよ」と答えています。

しかし、やはり、何度も何度も聞かれてると
「なにが!?」と言いたくもなるもので・・・・(^^;;;


まぁ、なんとか、ぐっとこらえて
「大丈夫だよ」
と答えてますが。

考えてみれば、この5年間、口癖やら行動やら、いろいろ変わってきたなあと思います。
ひとつのことは、だいたい長くても半年くらいでしょうか。
そう思えば、少々困ったことがおきても、「ずっと続くわけじゃない」と思えます。

まぁ「大丈夫?」って聞かれるのは、イライラはしますが、それほど困るわけでもないですけど。

母は、公共料金やらなんやらの支払いを忘れることが多くなりました。
督促状が届きます。
なるべく気をつけて、支払いに行くようにしているのですけど。
引き落としに出来るものはしてしまったし。

29日までに固定資産税を払いに行かねば・・・・

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

なんとかやっています。

ご無沙汰しまくっております。
コメントへの返信も遅くなってしまって、本当にごめんなさい。

なんとか、仕事を続けております。
一応、また契約延長しました。

最近は、父もデイサービスでなんとか落ち着いているようです。
ときどき、落ち着きなくなることはあるようですが、スタッフさんたちの上手な誘導でやりすごしているようです。
少なくとも、怒ることはなくなったようで、ホッとしています。
家でも、比較的落ち着いていますし。

ただ、ちょっと覇気がなくなりました。
怒らないかわりに、以前だったらすごいおしゃべりしていたのが、さっぱりなくなりました。
こちらが言ったことには反応しますし、冗談を言えば笑います。
でも、自分から冗談をいったりすることは、めっきり減ってしまいました。
絵も、もうほとんど描きません。

やはり、アリセプトをやめて、認知症が進んだのでしょうか。

でも、あいかわらず、着替えや洗顔、食事やトイレなどは、自分で出来ています。
まぁ、ちょっとあやしい部分もありますが、だいたい出来ているの範疇です。
なので、介護度は1のままです。
介護度上がっちゃうと、サービスは増えますが、基本料金が高くなるので、ありがたくはありますが。

あとは、歩行や椅子からの立ち上がりなどが、すこーーし以前よりおぼつかなくなってきました。
まぁ、まだ自力でできる範囲ですが、もっとしゃきしゃきしていたのが、すっかりおじいさんです。
歩くのは、めちゃめちゃ遅くなりました。
疲れやすくもなっているようです。
去年の夏、モモが具合悪くなってから、犬の散歩に行かなくなって、それが響いているのでしょう。
デイで、もう少し運動系のことを取り入れてもらうようお願いしょうかと思います。

父についてはそんな感じです。

母は、やはり物忘れは増えています。
まぁ、まだ、フォローのきく範囲内かな・・・とは思いますが。
ただ、私に頼ることは減ったといいますか。
やはり、「自分がしっかりせねば」という気持ちがあるんでしょうか。

この先、できなくなることも増えて
仕事をやめることもあるかもしれません。
その前に、ヘルパーさんかな・・・・とも思いますが。

職場では、特に父のことはあまり話さないのですが、
けっこう「家族の通院に付き添うので」という理由で午前休をとったりする人は多いです。
なんか、大変な思いをしてるのは自分だけじゃないんだな、と思うと、心強かったりします。
単にそれだけですけど。

また、次は間があいてしまうと思いますが、ときどきは覚書きとしても書きたいと思います。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

通勤2週間

外に仕事に出始めて、2週間が経ちました。
仕事や、生活サイクルにもちょっと慣れてきたというところです。

家のことは、まぁ、なんとかかんとか、というところでしょうか。
アリセプトを減量して、まだ5日なので、はたして効き目が出ているのかどうか・・・
今までのように、毎日様子を見ることができないので、そこらへんが把握しにくいのが難点といえば難点です。

ただ、昨日の夜の様子だと、ここのところずっと言い続けていた
「歯にものが挟まった」
「参ったなぁ、もうダメだ」
「医者に行かないと」
というのが、全然なかったので、もしかすると落ち着いて着ているのかもしれません。
今日、明日の様子を見てみないことには、なんともですが。

ただ、「歯に物が挟まる」というののほか
しょっちゅう、口をくちゃくちゃ言わせているのもあるので、歯医者に連れて行くことにしました。
土曜の夕方も診察しているところで、かつ、個室の診察室のところがあったので、そこを予約しました。
今まで行っていた歯医者さんも、悪くはないのですが、診察室が狭くて付き添えないというのが難点でしたので。

母の方も、いろいろ物覚えが悪いのですが、それでもなんとか、家事一般はこなしてくれているので、しばらくは大丈夫沿うかな・・・と思っています。
勤め先からも、ちょくちょく電話して確認したりしていますし。

というわけで、派遣期間を延長しようかと考えています。
本当は3ヶ月が最低期間らしいのですが、事情を説明して、1ヶ月にしていただいたところを、5,6月も続けられそうかと打診されましたので。
ありがたいことです。

同僚にも恵まれていまして、みなさん、良い方たちばかりです。
わきあいあいとしています。
先日、終業報告を終えて、「は~~~、おなかすいた~~~」と言ったら、あちこちから「これ食べて良いよ」とお菓子が出てきました(^^;;;

家でひとりで仕事をしていた期間が長いので、私はどうしても仕事中に独り言が多くなってしまうのですが、それも寛容に受け入れていただいてますし。

いつまで、こういう生活が続けられるかはわかりませんが、しばらくやってみようと思います。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

アリセプト10mgの影響?

今日は、仕事はお休みで、午前中に医者に行き、そのあとお墓参りをしてきました。
うちのお墓は、東京の谷中墓地にありまして、桜がきれいでした。
というか、桜が咲く頃を狙って行ったのですけど。

お墓参りのあと、有楽町で食事して、ちょっとだけ銀ブラなどして帰ってきました。

それはいいのですが・・・・

お医者さんでショックなことがありまして。

父は、週7日、デイにいっているわけですが、介護保険では当然まかないきれません。
なので、健康保険の自立支援法で行けるところを週3回、利用しているのです。

ここで、ちょっと「落ち着きがない」とか「帰宅願望が強い」と連絡帳にはあったのです。
で、朝、リスペリドンなどを服用したりしていたのですが・・・

実際には「落ち着きがない」どころではないようです・・・
スタッフさんを怒鳴りつけたりしているようでして。

それでも、父を帰さずなだめて夕方までいさせていてくれて、
帰る頃には、そんなスタッフさんを怒鳴ったなんて全然わからないような顔なんです。
大変大変ありがたいことだと思います。

あまりのことに、私が呆然としていると
お医者さんは、「でも、それが仕事だからね。気にしなくていいんだよ」とおっしゃっていましたが。

でも、気になります。
確かに、それが仕事ではありますが。
仕事だからといっても、やはり「大変な人だ」と思われているでしょうし。

かといって、そこに通わなければ、週7日は行けません。

先生は、「認知症の人は、社会でみていかなくちゃいけないんだから、あなたはそんな気にしないで、正社員になれるよう努力なさい」とおっしゃいました。
あ、今月から派遣で働きに出た、という話をしたので、そういう流れになったんですが。

父は、うちでは落ち着いているのです。
まぁ、ちょっと、「歯に物が詰まった」とうるさいのですが。
特に怒鳴ったりとか、特別怒ったりということもなく。

でも、それも、1日中家にいたら、どうなるかはわかりません。
やはり、デイには通ってもらわないと、厳しいでしょう。

デイでの言動は、私が働くかどうかには関係ないので、このことで外勤をやめようとは思いませんが。

それと、久々に出かけて思ったのですが、父は、以前ほど外出が楽しめないようです。
全然楽しくないわけではないでしょうが、なんだか「迷子になったら大変」という思いが強いようでして。
ちょっと、私か母が離れてしまうと、「いないいない」と騒ぎます。
これからは、ちょっと食事に出る程度にとどめて置いた方が無難のようです。

何も変わらないようでいて、やはり、変わっていく物ですね。

追記です。
そんなわけで、ちょっと攻撃性が見られると言うことなので、アリセプトを10mgから5mgに戻すことになりました。
そして、メマリーが20mgになります。
これで、しばらくしたら改善するといいのですが・・・・

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

-絵莉 -

Author:-絵莉 -
78歳認知症の父の介護(要介護1)やっています。最近では、77歳母も軽度の認知症で、W介護への道が目前に迫っていますが、仕事と介護の両立への道を模索中です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。